2020年08月31日

「アトリエ・モリヒコ」 北海道・札幌・コーヒー

「森彦」といえば、北海道を代表するコーヒー店の一軒。

札幌には数軒、コンセプトの異なる店がある。
その一軒が「アトリエ・モリヒコ」。

アトリエとネーミングされているように、店内はアンティークな雰囲気が漂っている。
テーブルもその柔らかな空気感がいい感じだ。

20083168-copy.jpg

続きを読む “「アトリエ・モリヒコ」 北海道・札幌・コーヒー”

投稿者 geode : 01:01

2020年08月28日

「鮨人」 富山・新根塚町・寿司

「鮨人」には数回訪れているが、
ご主人が話してくれる話題がじつにユニークで興味深い。

ある時は「東京でのイベント時に、ついに皮のコックコートを作りました」と。
日常レザーを着ることが多いという。

20082857-copy.gif

主・木村泉美さんはファンキーな鮨職人である。

続きを読む “「鮨人」 富山・新根塚町・寿司”

投稿者 geode : 01:28

2020年08月27日

「TANPOPO」 大阪・北新地・鉄板料理

数日前から鉄板焼きが食べたくなっていた。

大阪北新地の「Tanpopo」が頭には浮かんでいた。

オーナーシェフの神谷さんは
熱の伝導率が異なる鉄板と銅板の2種類を使い分ける。

20082787-copy.jpg

続きを読む “「TANPOPO」 大阪・北新地・鉄板料理”

投稿者 geode : 01:05

2020年08月26日

「レスピラシオン」 石川・金沢市・スペイン料理

相性が合うレストランというのがある。

それは料理だけでなく、店の設え、サービスの感じなど
様々な要素が巧みに重なり、気持ちが高揚するのだと思う。

金沢の「レスピラシオン」はそのような一軒。

食いしん坊仲間と出かけた。
仲間たちもスタイリッシュな店内と町屋の外観に驚いていた。

始まりは定番の「インパクト 甘海老」
20082621-copy.jpg

甘海老を余すところなく使った料理。
殻や尻尾を砕きタルト生地を作る。

その上に身をのせ、味噌で作ったシートをかぶせる。
料理名が示すような甘海老の刺激がすごい。

続きを読む “「レスピラシオン」 石川・金沢市・スペイン料理”

投稿者 geode : 01:10

2020年08月25日

「六条新町 招福亭」 京都・六条新町・麺処

京都の街場の麺処である。

のれんには「生そば 招福亭」と記され、提灯には「茶そば 招福亭」と書かれている。
名物は茶そば。

20082556-copy.jpg

20082557-copy.jpg

店内はテーブル席、壁に向かうカウンター。
地元で愛される店の雰囲気が色濃く漂っている。
女性のサービス陣の愛想の良さも嬉しい。

献立は典型的な麺処。
麺類から丼物までのラインナップ。

続きを読む “「六条新町 招福亭」 京都・六条新町・麺処”

投稿者 geode : 01:09

2020年08月24日

「アッサンブラージュ・カキモト」 京都・竹屋町寺町・パティスリー

「アッサンブラージュ・カキモト」はパティスリーだが
月に何度か夜、ディナーコースが催される。

垣本晃宏さんは、パティシエであり、ブーランジェリーでもあり、
そしてキュイジニエでもあるのだ。

三つの顔を持った垣本さんが繰り広げる世界のクオリティの高さは比類なきだと思う。

トウモロコシ 天草雲丹 コーヒー
20082452-copy.jpg

コーヒーの泡の香りがインパクトあり。
トウモロコシはムース状。

続きを読む “「アッサンブラージュ・カキモト」 京都・竹屋町寺町・パティスリー”

投稿者 geode : 01:54

2020年08月21日

「丸久小山園」 京都・御池西洞院・茶房

猛暑が続く京都のお盆。

昼下がりに氷を食べにゆく。
京都はかき氷の激戦区である。
選択肢は多く、それぞれ特徴あり。

20082161-copy.jpg

「丸久小山園」は宇治で元禄年間に茶の栽培と製造を始めた。
以来、品質を守りながら現在に至る。

続きを読む “「丸久小山園」 京都・御池西洞院・茶房”

投稿者 geode : 01:13

2020年08月20日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理

夏の「京、静華」である。
透明感がありながらも印象深い料理が並んだ。

ご主人・宮本静夫さんと奥様・恵子さん、
そして酒井さんという若いスタッフたちの動きが
見事に一体化しているのが、なんとも心地が良い。

チームの仕事とはこのような光景のことだろうと思う。

車海老 ゴーヤ
20082022-copy.jpg

ゴーヤのゼリー 車海老に冬瓜のあん。
苦くて甘くて 口の中が刺激を受ける。

続きを読む “「京、静華」 京都・岡崎・中国料理”

投稿者 geode : 01:35

2020年08月19日

「かに吉」 鳥取・鳥取・日本料理

鳥取「かに吉」の夏は「なつ吉」と呼ばれる。

冬のかには圧倒的な評判だが、この「なつ吉」の噂もずっと耳にしていた。
8月に入り、早々に出かけた。
期待は膨らむばかりである。

始まりは冬と同じ。
蟹味噌のルイベ。
20081959-copy.jpg

濃厚だが、すっきりと溶けてゆく。
香りだけが残る。

続きを読む “「かに吉」 鳥取・鳥取・日本料理”

投稿者 geode : 01:20

2020年08月18日

「和食晴ル」 京都・高倉綾小路・日本料理

「和食晴ル」が元の場所、高倉綾小路に還ってきた。

以前は平屋であったが、今回は三階建で二階・三階は別の店が入る。
店内の雰囲気はほぼ変わらず。

非常にコンパクトな厨房なのだが
そこでこれだけの料理ができるのかと驚く。

ここは単品で好きな献立を選ぶシステム。
突き出しは、キュウリにジャコと生姜。
20081886-copy.gif

キュウリのスキッとした歯ざわりに生姜がよくきいている。

続きを読む “「和食晴ル」 京都・高倉綾小路・日本料理”

投稿者 geode : 01:07