2018年03月30日

「肉専科 はふう本店」 京都・麩屋町夷川・洋食

「肉専科 はふう」が誕生してまもなく20年を迎える。
大西料理長と話していたのだが、なんと時の流れの速いことか。
これまでハンバーグ、ステーキ、すき焼きなど多種のメニューを食べた。
ランチに限っては、ハヤシライスが一番多いかもしれない。

壺に入った牛肉の分量が半端ではない。
18033005-copy.jpg

まさにごっそり入っているという表現がピタリとくるのだ。
極端なことを言えば、途中でまだ入っているのかと考えてしまうほどである。

長年作り続けてきたソースと牛肉の相性の良さに舌が踊るのだ。
18033004-copy.jpg

18033007-copy.jpg

これを食べると白ご飯を食べるために生まれたのではないかと思ってしまう。
日本が生み出した洋食の極みとも言える一皿である。

これを食べるたびに「お値打ち」とはこのようなメニューのことを指すのだろうと思うのだ。

「肉専科 はふう本店」
京都市中京区麩屋町通夷川上ル笹屋町471-1
075-257-1581

投稿者 geode : 01:33

2018年03月29日

「鳥匠 いし井」 大阪・福島・焼き鳥

大阪・福島は焼き鳥屋激戦区である。
ここ「鳥匠 いし井」は名店「あやむ屋」出身で開店2年目を迎える。
気になる存在であったが、ようやくその暖簾をくぐることになった。

18032909-copy.jpg

カウンターがすっと伸びる。個室もあるが、この日はカウンターとした。
その風情は、まるで割烹のような感じを受ける。
主人の石井吉智さんは、和食の経験もありの料理人である。

続きを読む “「鳥匠 いし井」 大阪・福島・焼き鳥”

投稿者 geode : 01:51

2018年03月28日

「杦 SEN」 京都・五条柳馬場・日本料理

「ろはん」で料理長を勤めた杉澤健さんが、自店「杦 SEN」を3月20日に開店された。
二年のブランクがあるにもかかわらず、開店祝いの花の多さは、杉澤さんの人気をうかがわせる。

18032801-copy.jpg

献立はコースとアラカルトあり。これは嬉しい選択だ。
この日は、アラカルトのメニューから好きな料理を伝え、コースを組んでもらった。
こういうフレキシブルなシステムが今の時代に受け入れられるのであろう。

続きを読む “「杦 SEN」 京都・五条柳馬場・日本料理”

投稿者 geode : 01:32

2018年03月27日

「日本料理 藤井」 京都・浄土寺・日本料理

京都は鹿ケ谷通りにこの2月のれんを掲げた「日本料理 藤井」。

18032711-copy.jpg

以前「ビーニ」というイタリア料理店があった場所だ。
店主は藤井孝之輔さん。「和久傳」「水円」を経て独立を果たした人物。

続きを読む “「日本料理 藤井」 京都・浄土寺・日本料理”

投稿者 geode : 01:18

2018年03月26日

「パトゥ」 神戸・中山手・フランス料理

何年ぶりだろう。

赤ピーマンのムースを食べたのは・・。

2018032642.jpg

このメニューはパリの「ヴィヴィロワ」で生まれ、
ベルナール・パコーさんの「ランブロアジー」で
世間に広く知られ、一世を風靡した。

続きを読む “「パトゥ」 神戸・中山手・フランス料理”

投稿者 geode : 01:23

2018年03月23日

「ENEKO東京」 東京・西麻布・バスク料理

バスク地方で三つ星を獲得しているレストラン「アスルメンディ」の
エネコ アチャ アスルメンディがプロデュースするレストラン「エネコ東京」。

ここが発信したいことは3つ。
1つ目は、日本の食材を使用し、その魅力を伝えること。
2つ目は、日本の四季を感じられ、エネコ・アチャの料理を楽しめるバスクビストロスタイル。
3つ目は、「食べる」ことの喜びを超える「エンターテインメント」を楽しめるレストラン。

このコンセプトが生きるレストラン。
まずは一階の庭園のようなスペースでアペリティフと前菜を楽しむ。

18032334-copy.jpg

18032333-copy.jpg

その前菜もバスケットに入って登場である。

続きを読む “「ENEKO東京」 東京・西麻布・バスク料理”

投稿者 geode : 01:35

2018年03月22日

「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理

「モリエール」のオーナーシェフ・中道博さんは、尊敬する料理人である。
単に料理が優れているというのではなく、レストランのオーナーとして人間として守るべきことから、
料理を作る、人を育てるということも含め、素晴らしい行動をする料理人とも言える。

偶然にも九州で知己を得た。
以来、何度か会話を交わし、レストランにも足を運んでいると、
自然に中道さんの世界観にどっぷりはまって行くのであった。
東京都という日本の中心地ではなく札幌という地方都市でフランス料理店を営む時に必要なことは何か、
明確な指針を持っておられるがすごいと思った。

フランス料理にそう関心のない人物と同行しても
「ここはいいですね。また来たいです」とリクエストされるぐらいだ。

昨年同様、雪の多い季節に訪れた。

熱々のごぼうのスープから始まる。
18032233-copy.jpg

寒い季節に熱々のスープは食べる側に気持ちを和らげる。

続きを読む “「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理”

投稿者 geode : 01:20

2018年03月20日

「このは」 大阪・本町・日本料理

「このは」が肥後橋から本町に移ってから数度出かけている。

18032049-copy.jpg

訪れるたびに進化著しい。
それは、天ぷらに顕著だ。

続きを読む “「このは」 大阪・本町・日本料理”

投稿者 geode : 01:55

2018年03月19日

「COMMUNICO コムニコ」 奈良・東生駒・イタリア料理

オープン間もない奈良・東生駒のイタリア料理「COMMUNICO コムニコ」に足を運んだ。
以前は「アバロッツ」というレストランで、そのシェフを勤めていたが、この度独立となった。
奈良というエリアを中心に近隣の生産物を使うことを旨とする。

始まりは
黒米のクレープに鴨のレバームース
18031981-copy.jpg

続きを読む “「COMMUNICO コムニコ」 奈良・東生駒・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:17

2018年03月16日

「レストラン乃呂」 大阪・東心斎橋・洋食

大阪ミナミ。
今は東心斎橋という地名だが、かつては周防町と呼び、
アメリカ村に対してヨーロッパ通りと名付けられたこともあった。
おそらく30年以上も前のこと。

その頃知人に連れて行ってもらった洋食店が「乃呂」である。
当時珍しかったあんこうの肝のソテーが記憶に残っている。
いわばフォアグラのような気分で食べていた。

この日は10名の会食。

稚鮎と菜の花の前菜から。
18031680-copy.jpg

稚鮎のほろ苦さが春を感じさせる。

続きを読む “「レストラン乃呂」 大阪・東心斎橋・洋食”

投稿者 geode : 01:20