2024年07月16日

「一碗水」 大阪・靭公園・中国料理

移転後数回伺っているが、ゆくたびに興味が深くなっている。
南さんは、何を考え、今後ますます精度を上げてゆくのであろうと思う。

続きを読む “「一碗水」 大阪・靭公園・中国料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月12日

「tanpopo」 大阪・北新地・鉄板料理

カウンターで神谷圭介さんの仕事を見ながらの会食。

素麺かぼちゃと鮑の坦々麺風

確かにピリッと辛さを感じる。
刺激的なスタートだ。

続きを読む “「tanpopo」 大阪・北新地・鉄板料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月11日

「gucite(グシテ)」 大阪・天満橋北詰・イタリア料理

年に2回の「gucite(グシテ)」
独自の路線を歩むシェフの姿が美しい。

ガスパッチョ

千葉のクルックフィールズで作る水牛のモッツァレラ
フレッシュ感と濃厚だがするりと流れるガスパッチョのコンビネーション
ここで「グシテ」に引き込まれる。

続きを読む “「gucite(グシテ)」 大阪・天満橋北詰・イタリア料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月10日

「Droit(ドロワ)」 京都・寺町荒神口・フランス料理

最近、とみに評価の高いフランス料理店。
直近の「料理王国」フランス料理特集でも掲載された。

アミューズは
あら川の桃はミント風味

十八番の実山椒のグジェール
この酸味、甘味、辛味のバランスの妙
すでにフランス料理の世界に没入しそうな感覚。

続きを読む “「Droit(ドロワ)」 京都・寺町荒神口・フランス料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月09日

「おが和」 京都・西洞院三条上る・日本料理

嵐山の有名料亭で修業をしたのち、「祇園さ々木」で働き、祇園で独立、数年前に西洞院三条上るに一軒家を建て移転。

初めての訪問である。

続きを読む “「おが和」 京都・西洞院三条上る・日本料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月08日

「アラビヤコーヒー」 大阪・千日前・コーヒー店

1951年開業、つまり73年の歴史を刻むコーヒー店。

このような存在があるのが、うれしい。
時より立ち寄っても、いつも変わらぬ対応が素敵だ。
ずっと自家焙煎を続ける。

続きを読む “「アラビヤコーヒー」 大阪・千日前・コーヒー店”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月05日

「ad hoc(アドック)」 大阪・福島・フランス料理

長らくのご無沙汰。
男性4名。
フランス料理のシェフ2名、精肉店店主と僕。

テーブル上のプレートが可愛い。

続きを読む “「ad hoc(アドック)」 大阪・福島・フランス料理”

投稿者 geode : 10:45

2024年07月04日

「はすのみ」  岡山・西川緑道公園・中国料理

6月の「はすのみ」

夏の養生スープ

枸杞の実、棗、山芋など
滋味溢れる味わいに身体がゆっくり反応する。
夏の暑さを乗り切る力をいただく。

続きを読む “「はすのみ」  岡山・西川緑道公園・中国料理”

投稿者 geode : 10:28

2024年07月03日

「洋食 手嶋」 大阪・新町・洋食

洋食好きの友人との晩御飯。
お互いに縁のある大阪・新町にある「洋食 手嶋」
カウンターに腰をおろす。

カウンター内の黒板にメニューがずらり。

そこから好きな献立を選ぶ。

続きを読む “「洋食 手嶋」 大阪・新町・洋食”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月02日

「BUTTERY(バタリー)」 愛知・名古屋駅・コーヒー

名古屋で試食会があり、それを終え帰る前に名古屋駅近くの「BUTTERY(バタリー)」でコーヒーを飲む。
名古屋も自家焙煎の店が増えている。
気になる店が数軒あるが、アクセスを考えこの店とした。

小さいながらもコンパクト、席の作りも非常に巧み。
熱風の焙煎機の存在感あり。

「だいたい15分から20分ぐらいで焙煎ができます」とのこと。

続きを読む “「BUTTERY(バタリー)」 愛知・名古屋駅・コーヒー”

投稿者 geode : 10:00

2024年07月01日

「ル・ビストロ・クードポール」 大阪・天満橋・フランス料理

元NHKのアナウンサー・村上信夫さんの「シャナナTV 縁たびゅう」の収録を終え、二人に縁のある天満橋の「ル・ビストロ・クードポール」で食事。
オーナーシェフの田中悦男さんとは旧知の仲である。

 

赤ピーマンのムース
トマトのクーリー

「ランブロアジー」の傑作、それが三田の「コートドール」など一世を風靡した献立。
草原を駆け抜けるような爽やかさがある。
懐かしい味わいである。

続きを読む “「ル・ビストロ・クードポール」 大阪・天満橋・フランス料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月28日

「柏屋 大阪千里山」 大阪・千里山・日本料理

ある宿の料理人と女将との会食。

季節感の表現方法など学ことが多いので、年に一度位ご一緒する。
この季節、夏至から小暑 は「夏枯草」が主題。
「夏枯草」は「かこそう」と読む。

 

先付 銀色の器2種

左が
あこう キャビア 長芋 花韮 酢橘 花穂紫蘇
右が
生雲丹 鱧 海苔 防風 山葵
この季節ならではの味わい、すっきりとした味わい。

続きを読む “「柏屋 大阪千里山」 大阪・千里山・日本料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月27日

「ELK KAFFE」 大阪・西天満・コーヒー店

久しぶりの「ELK KAFFE」

カウンターに座ると同時に「ばん珈琲店のこと!」
という会話になった。
同時に今夏、天満橋から東京へ移転となる「星霜珈琲」の話にもなる。
マスターは「星霜珈琲」のことは以前から聞いていたらしいが、「ばん珈琲店」のことは急な情報でかなりのショックを受けたということ。
深煎りネルドリップの名店が2軒同時に消えてしまうのはなんとも寂しい限りである。

続きを読む “「ELK KAFFE」 大阪・西天満・コーヒー店”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月26日

「北野坂木下」 神戸・北野坂・イタリア料理

来年はもちろんのこと、再来年の予約までいっぱいという人気店。
友人が持っていた席で参加、ありがたい。

続きを読む “「北野坂木下」 神戸・北野坂・イタリア料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月25日

「enye(エニェ)」 大阪・堺筋本町・スペイン料理

2回目の訪問である。
前回は個室であったが、今回はカウンター。

カウンターの方が、調理の工程を全て見ることができライブ感もあり
楽しいと感じた。

 

塩ダラのチップス

軽い。
口の中に入れると塩分が広がり、確実にタラの味わい。
スタートのインパクトあり。

続きを読む “「enye(エニェ)」 大阪・堺筋本町・スペイン料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月24日

「ばん珈琲店」 大阪・森ノ宮・珈琲

「ばん珈琲店」のメニューには「深甘一途」と書かれている。
僕が追い求めているコーヒーの味わいである。

創業は1973年、森ノ宮に移転して21年が過ぎる。
なんとこの6月30日で、
51年にわたる長い歴史に終止符を打つと友人から便りがあった。

慌てて「ばん珈琲店」に向かった。
店内の雰囲気はいつも通り。

真空管のアンプが目に入る。
柔らかな音が響く。チェロの音色が心地よい。

続きを読む “「ばん珈琲店」 大阪・森ノ宮・珈琲”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月21日

「atelier HANADA by 森本」 大阪・淀屋橋・中国料理

6月13日にオープンしたばかりの「atelier HANADA by 森本

シェフの花田洋平さんは、永らくANAクラウンプラザ大阪の中国料理の店で務めた人物。
その頃から各種コンテストで優秀な成績を収め、将来を期待されていた。
満を持しての立ち上げである。
場所は、御堂筋沿「淀屋橋odona」の2階である。

 

ランチコース
厨房を囲むようにカウンター席、テーブル席

テーブル席から厨房の動きが見える。

続きを読む “「atelier HANADA by 森本」 大阪・淀屋橋・中国料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月20日

「SCALAE(スカーラエ)」 京都・THE THOUSAND KYOTO・イタリア料理

ソムリエやサービスの人たちとの食事会

今回は岩田ソムリエがいる京都の「ザ・サウザンド京都」の「SCALAE」
男性7名、女性1名である。

続きを読む “「SCALAE(スカーラエ)」 京都・THE THOUSAND KYOTO・イタリア料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月19日

「あさい」 東京・虎ノ門・すき焼き

すき焼きは、我々の世代にはご馳走である。
すき焼きにはいろいろな手法があり、どれを好むかはそれまでの経験によるところが多い。
東京の「あさい」のスタイルは新鮮であった。

カウンターに五名のメンバー。
一人を除き、初めての訪問。

茶碗蒸し
トウモロコシのピュレ

生雲丹、生胡椒が入る。
トウモロコシの甘味に雲丹のコク。
生胡椒のインパクトがいい感じだ。
身体にスイッチが入る。

続きを読む “「あさい」 東京・虎ノ門・すき焼き”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月18日

「片折」 金沢・並木町・日本料理

訪れるたびに感じることの多い、金沢の割烹「片折」

カウンターに座り、最初に出されるおしぼりの熱さは名高い。
手で持つのが厳しいぐらいの熱さ。
それを首筋に当てるとスッと気分が落ち着く。
次に渡されたおしぼりは、本当に冷たい。
これだけも「片折」の気持ちが伝わる。

ガラスの器が涼しげである。
たたきオクラ
丸芋豆腐 酢橘ゼリー

ゼリーは淡く、豆腐も優しい、オクラのインパクト。
素敵なバランスで始まる。

続きを読む “「片折」 金沢・並木町・日本料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月17日

「アッサンブラージュ・カキモト」 京都・竹屋町寺町・パティスリー

「アッサンブラージュ・カキモト」のオーナー垣本晃宏さん。

「パティシエ」
「ショコラティエ」
「キュイジニエ」
という三つの顔を持つ才人が、ディナーを作る日が、週に数日ある。

久しぶりのパティシエなどと伺った。
カウンターで垣本さんと少し言葉を交わしなが食事が進む。

続きを読む “「アッサンブラージュ・カキモト」 京都・竹屋町寺町・パティスリー”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月14日

「bb9」 神戸・元町・スペイン料理

かつて「ヌーダ」と呼ばれていたスペイン料理店が
「bb9」と店名も内装も変え、初めての訪問である。

この日は「サカエヤ」の新保さんが肉を用意した宴である。
厨房は薪に火をつける窯と熾火で調理する台がある。

続きを読む “「bb9」 神戸・元町・スペイン料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月13日

「Une Fleur(ユンヌ・フルール)」 岐阜・ひるがの高原・フランス料理

岐阜県ひるがの高原の別荘地の一角にあるフランス料理店

女性シェフがすべて一人で仕切る。
レストランを取り巻く自然。
爽快な空気と緑が心地よい。

続きを読む “「Une Fleur(ユンヌ・フルール)」 岐阜・ひるがの高原・フランス料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月12日

「ココハイチエ」 京都・夷川高倉・カレー

京都の夷川通りにある割烹「京旬いちえ」
夜は割烹だが、昼は「ココハイチエ」というカレー専門店となる。

店主の小谷昇平さんは、夜は白い割烹着、昼は黒いコックコートでカウンターに立つのだ。

続きを読む “「ココハイチエ」 京都・夷川高倉・カレー”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月11日

「銀座ふじやま」 東京・銀座・日本料理

「銀座ふじやま」人気店である。
以前「室町和久傳」の料理長時代からの知り合い・藤山貴朗さん。
初めて伺った。
銀座のビルの中、店内に入ると静謐な空気が流れている。

カウンターで久しぶりの一人飯

蒸し鮑 大豆と湯葉

一瞬東京にいることを忘れる。
鮑は香りだと思った。

続きを読む “「銀座ふじやま」 東京・銀座・日本料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月10日

「室町 唯」 京都・烏丸御池・日本料理

初めての訪問。
未知の店を訪ねるのは期待が膨らむ。

2019年12月の開店とのこと。
開店してすぐコロナになった。

6月は氷の節句
水無月の胡麻豆腐 小豆に出汁のジュレ

下にはウニ。
氷があしらわれる。
胡麻のコクと小豆の甘味、ウニの味わいが一体感。

続きを読む “「室町 唯」 京都・烏丸御池・日本料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月07日

「AGRISCAPE(アグリスケープ)」 北海道・札幌・フランス料理

数回目にして初めての屋外での食事。
5月半ば、気候もいい感じだ。
テント内にテーブルセッティング。

吉田夏織シェフが食材を持って説明する。

自分たちが育て食材だけに説得力がある。

続きを読む “「AGRISCAPE(アグリスケープ)」 北海道・札幌・フランス料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月06日

「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理

ここ数年、年に一度5月ごろ「モリエール」を訪ねる。
いつ訪れても安定感があり、心地の良い時間を過ごすことができる。

熱々のタマネギとベーコンのタルト

本当に熱々、それも醍醐味の一つ
「モリエール」が始まるサインだ。

続きを読む “「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理”

投稿者 geode : 11:10

2024年06月05日

「にしぶち飯店」 京都・下河原・中国料理

京都でも人気の中華料理店「にしぶち飯店」

掘り炬燵式のカウンターでの食事。

続きを読む “「にしぶち飯店」 京都・下河原・中国料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月04日

「旬菜中華 喜鳥」 京都・西院・中国料理

祇園から桂へ移転。

桂はカジュアルな店として現存、西院に新たな拠点を設けた感じ。
5席のカウンターで男性5名の会食。

続きを読む “「旬菜中華 喜鳥」 京都・西院・中国料理”

投稿者 geode : 10:00

2024年06月03日

「Macauda(マカウダ)」 大阪・谷町4丁目・イタリア料理

カジュアルなイタリアン。

コンパクトながら見事な席の作り方に感心する。
厨房を眺めるカウンター、壁に向かうカウンター、そしてテーブル席
このコントラストが鮮やかである。
今回は厨房を眺めるカウンターであった。

この日の目的は
ノルマ風トマトソース(茄子とトマト、リコッタサラータ、バジル)のカサレッチェを食べることであった。

とはいえ、前菜を3種

メジマグロ カポナータ
メジマグロ、関西ではヨコワと呼ばれることが多い。
カポナータはイタリアシチリア発祥の煮込み料理。
適度な酸味と野菜の甘さにメジマグロ
軽やかな始まり。

続きを読む “「Macauda(マカウダ)」 大阪・谷町4丁目・イタリア料理”

投稿者 geode : 10:00