2016年03月31日

「龍旗信 京都店」 京都・蛸薬師麩屋町・ラーメン

「龍旗信」といえば大阪の堺から
いまや京都、ロンドン、ミラノまで進出する塩ラーメン店である。
16033140.jpg

ムール貝と鶏でとったスープで塩ラーメンの新たな世界をつくったのだ。

続きを読む “「龍旗信 京都店」 京都・蛸薬師麩屋町・ラーメン”

投稿者 geode : 01:22

2016年03月30日

「アラルデ」 大阪・阿波座・バスク料理

今年2月にオープンしたばかりのバスク料理店。

店の前に立つと、薪の香りを感じる。

中に入ると、カウンター内の炉。

まわりをレンガで固めてある。

そこで何を焼くのだろう。

想像するだけで胃袋が運動し始める。

スタートは箱である。
16033088.jpg

続きを読む “「アラルデ」 大阪・阿波座・バスク料理”

投稿者 geode : 01:08

2016年03月29日

「麺処雁木」 京都・千本中立売・ラーメン

「あまから手帖」4月号は、久しぶりのラーメン特集である。

掲載店の一軒、京都にある「麺処雁木」にでかけた。
16032939.jpg

かつて別のラーメン屋さんであった場所だ。

続きを読む “「麺処雁木」 京都・千本中立売・ラーメン”

投稿者 geode : 01:03

2016年03月28日

「イタリア食堂 コロンボ」 京都・河原町丸太町・イタリア料理

イタリア+食堂である。

比較的早くから「食堂」という言葉を使っていた。
16032895.jpg

つまり気軽にイタリア料理を愉しんでもらいたいという
吉村シェフの思いが詰まったネーミングである。

続きを読む “「イタリア食堂 コロンボ」 京都・河原町丸太町・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:15

2016年03月25日

「ポルタヌーヴァ」 大阪・靭公園・ピッツァ

久しぶりの訪問。

ランチである。
16032524.jpg

正午少し前に飛び込む。すぐに満席となる。

ランチは、パスタ、リゾット、ピッツァの3種からのチョイス。

迷うことなくピッツァランチ。

ピッツァもマルゲリータと、ブラックオリーブと新玉葱のトマトソース。

一つずつ注文した。

チーズが水牛のモッツレラに変更である。

続きを読む “「ポルタヌーヴァ」 大阪・靭公園・ピッツァ”

投稿者 geode : 01:39

2016年03月24日

「鶏ぼうず」 山口・新山口・焼き鳥

長門で取材を終え、新山口まで戻る。

ホテルに入ろうとすると、鶏の焼けた匂いが漂ってきた。

見ると「本格炭火焼鳥」と書かれた文字と煙が見えた。
16032488.jpg

16032412.jpg

これで晩ご飯は決定した。

続きを読む “「鶏ぼうず」 山口・新山口・焼き鳥”

投稿者 geode : 01:27

2016年03月23日

「煉瓦亭」 東京・銀座・洋食

編集者と打ち合わせも兼ねての昼食。

老舗中の老舗という雰囲気が漂っている。

あらゆる客を包み込んでしまう空気が流れているのだ。

ここでは、やはりポークカツレツ。
16032336.jpg

大きな皿にあふれんばかりのポークカツレツと千切りのキャベツ。

余分なことを一切排除したシンプルな姿。

続きを読む “「煉瓦亭」 東京・銀座・洋食”

投稿者 geode : 01:05

2016年03月22日

「ガストロテカ ボルダッチョ」 大阪・梅田・スペイン料理

本町の人気スペイン料理店「エチョラ」が梅田で開いたカフェ。
16032274.jpg

セレクトショップ「オペーク」の中にある。

この日はランチ。

店内では、男性一人という状態であった。

続きを読む “「ガストロテカ ボルダッチョ」 大阪・梅田・スペイン料理”

投稿者 geode : 01:35

2016年03月15日

「ラシーム」 大阪・三休橋・フランス料理

昨年秋、ミシュラン・ガイドの2つ星を獲得。

この2月、全面改装が終わったばかりの「ラシーム」。

以前は、ナチュラル系の内装であったが、

今回はまさにレストランという風情が漂っている。
16031590.jpg

16031591.jpg

続きを読む “「ラシーム」 大阪・三休橋・フランス料理”

投稿者 geode : 01:09

2016年03月14日

「月泉」 大阪・西天満・中国料理

16031455.jpg

ここの酢豚は迫力がある。

いわゆる黒酢の酢豚だ。

シンプルに豚だけが、皿にドンと乗るのだが、この日は

「新タマネギがすごく甘いので、つけました」と。
16031442.jpg

その言葉通り、新タマネギの甘味は鮮烈で、
黒酢の酸味と豚の甘味とのバランスが見事であった。

豚肉は一度揚げてあるのでカリッとした食感が残りながら、黒酢をまとう。

やはり、ここでは外せない一皿。

こういった象徴的なメニューがあるのが素晴らしいな。

続きを読む “「月泉」 大阪・西天満・中国料理”

投稿者 geode : 05:45