2017年03月30日

「くいしんぼー山中」 京都・桂・洋食

ハンバーグが食べたい。
男三人の総意である。
桂の「くいしんぼー山中」。

カウンター中央に座る。
まずは定番のジャガイモとバター。
17033096.jpg

バターの塩分とコクがジャガイモに寄り添い、味わい深いジャガイモが出来上がる。

続きを読む “「くいしんぼー山中」 京都・桂・洋食”

投稿者 geode : 01:24

2017年03月29日

「老松 喜多川」 大阪・西天満・日本料理

昼席 個室である。
スタッフの充実もあり、活気ある割烹。

先付けは
帆立、ホタルイカ、ブロッコリー、キャベツに黄身酢。
17032953.jpg

春の装いである。黄身酢のインパクトで胃袋が活性化する。

続きを読む “「老松 喜多川」 大阪・西天満・日本料理”

投稿者 geode : 01:25

2017年03月28日

「燕」 京都・八条口・日本料理

居心地のいい店。
いつ訪れても、スタンスが変わらない。
店内に流れる空気感が一緒だ。
二人の料理人、一人のサービス。このコンビネーションも最高だ。

17032819.jpg

続きを読む “「燕」 京都・八条口・日本料理”

投稿者 geode : 01:23

2017年03月27日

「糸仙」 京都・上七軒・中国料理

「値段の高いもの、必ずしもうまいとは限らない。高いから、珍しいからということは美味の条件にはならない」という言葉を思い出した。
じつは、昭和初期の食いしん坊が残した言葉である。

それを実感させてくれるのが京都・上七軒の「糸仙」という広東料理の店である。
花街・上七軒の路地にある。
奥の座敷8名の宴席であった。
東京からの先輩は献立表を見るなり「懐かしいな!」と言い放った。

「ピータンとくらげ」と続けた。
17032705.jpg

定番中の定番。
ピータンは半透明にゆるりという歯ざわりと香りがいい。
くらげはやや縮んだ食感が心地よい。

続きを読む “「糸仙」 京都・上七軒・中国料理”

投稿者 geode : 01:47

2017年03月24日

「アドック」 大阪・福島・フランス料理

土佐堀の「トゥールモンド」から福島の「アドック」に移転して数年が過ぎる。
シェフ・高山龍浩さんの気概を感じるレストランだ。
シェフにはビジョンがあり、それを叶えるように考え、動いている。
この日は8名の食事であった。

まだ、戸外は冷たい風が吹いている。
コートは必携である。
最初に温かい料理が出た。
アスパラを使ったフラン、藁の香りのするミルクの泡。
17032476.jpg

これで身体がぐっと温まる。シェフのもてなしの一品である。
食べるという気持ちが整う。

続きを読む “「アドック」 大阪・福島・フランス料理”

投稿者 geode : 01:42

2017年03月23日

「一之船入」 京都・河原町二条・中華料理

突然「一之船入」の料理が食べたくなった。
久しぶりである。
魏さんのダイナミックな料理が気になった。

突き出しのピーナッツは美味。
17032384.jpg

続きを読む “「一之船入」 京都・河原町二条・中華料理”

投稿者 geode : 01:19

2017年03月22日

「グリル グリーン」 京都・祗園・洋食

祗園で非常にありがたい一軒。
食後にもう一軒と訪れたくなる洋食店。
祇園花月南側の道を西に向かうと北側のビルの1階にある。
店内はカウンターのみ。

まずはお突き出し。
赤ピーマンのムース。懐かしい味わいだ。
17032219.jpg

前菜は雲丹やホタテのスモークなど。
17032221.jpg

それぞれの味付けはしっかり。アルコールを誘う。

海老フライ。
17032222.jpg

17032225.jpg

ここにはとんかつソースとタルタルが添えられる。
どちらを選ぶかは好みによる。
このフライの凄さは、海老の質による。
海老の味わいがピュアなのだ。
弾けるうま味が口の中をかけめぐる。
油の力を借りて、うま味が凝縮されてゆく。

そして玉子サンド。
17032226.jpg

玉子三個。塩と胡椒のみ。
フライパンを動かしながらほとんど正方形に焼き上げてゆく。
食パンには辛子とマヨネーズを。
プルンとした歯ごたえ。
シンプルなのに奥行きのある印象は強い。
まさに頬張る感じがいいのだ。
玉子サンドの一つの頂点のようなメニューと言ってよい。

締めはやはりカレーライスである。
17032228.jpg

原点は伝説のカレー店「ジャワ」系統の味わい。
そこから「グリル金星」「ブルーマ55」という店を経て、この「グリル グリーン」にたどり着いたのである。
カレーのルウと白ご飯のみの潔さ。
じんわり広がる辛味と甘みがうれしい締めである。

「グリル グリーン」
京都市東山区祇園町北側347-28 Fビル 1F
075-525-3117

投稿者 geode : 01:04

2017年03月22日

「グリル グリーン」 京都・祗園・洋食

祗園で非常にありがたい一軒。
食後にもう一軒と訪れたくなる洋食店。

祇園花月南側の道を西に向かうと北側のビルの1階にある。
店内はカウンターのみ。

まずはお突き出し。
赤ピーマンのムース。懐かしい味わいだ。
17032219.jpg

続きを読む “「グリル グリーン」 京都・祗園・洋食”

投稿者 geode : 01:04

2017年03月21日

「祗園ろはん」 京都・祗園・日本料理

料理長が変わった。
献立を見る。以前とほぼ変わっていない。

17032140.jpg

まず、安心感を覚える。
カウンターの一番奥に座る。
じっくりと調理工程を眺めながらの食事。

続きを読む “「祗園ろはん」 京都・祗園・日本料理”

投稿者 geode : 01:58

2017年03月14日

「白 tsukumo」 奈良・三条町・日本料理

「百」引く「一」は「白」
つまり九十九。「つくも」と読むのがこの店の名前。

17031437.jpg

ご主人の西原さんは、ニューヨーク、ロンドンという海外での経験が豊富な料理人である。
一昨年開店だが、かなりの人気店となった。

スタートは
丸大根、赤かぶらの姿焼き、つぼみ菜、三輪素麺である。
17031439.jpg

奈良で仕事をすることを常に意識する献立。

椀物は、ずわいがに、焼き豆腐、うぐいすあん。
17031442.jpg

梅にうぐいすという春の情景を写し込んだ椀物だ。
出汁の味わいは、喉を著しく刺激してくれる。

向付けは寒平目に、のれそれ。
17031445.jpg

17031444.jpg

寒平目は塩を当て5日間寝かせたもの。
味の凝縮感がある。

白梅酢昆布で食べる。この器が素敵。

興福寺巻きと野菜のコンソメ。
17031449.jpg

17031451.jpg

興福寺の塔をイメージした精進巻きは海苔を巻いて食べる。
海苔と湯葉、野菜のシャキシャキ感。
食べるリズムが生まれる。

野菜の滋味をしっかり感じるコンソメと一緒に食べると野菜の力が身体の中に入ってゆくのが分かる。

大和牛の土佐揚げ。
17031452.jpg

コロモにかつおを含ませることから土佐揚げと呼ぶ。
バルサミコと山椒のソースが香りを添える。
またふきのとう、菊菜など春を感じる付け合せも見事。

八ヶ岳の蕎麦には辛味大根。
17031454.jpg

口の中がすっきり。

途中まで食べると、カラスミが振られる。
17031455.jpg

今度はコクが増す。

次は、ますます福が来るようにと、枡の二段重ね。
17031456.jpg

上は、揚げた虎豆におろしぽん酢。

下は、フグの身、皮、白子が入る。
西原さんの遊び心溢れる一品。

大アサリの炊き込みご飯。
17031463.jpg

17031464.jpg

17031468.jpg

アサリの濃厚な味わいが生きるご飯。

ご主人が目の前で和菓子を作る。
17031469.jpg

17031470.jpg

きんとんは大福豆、宇陀ブルーベリー、マカデミアナッツ、クロテッドクリームである。上品な甘味が漂う。
水をかけると美しく発色する瑠璃石。

大和橘という柑橘を使った羽二重餅。
17031477.jpg

西原さんの自由な発想と奈良の印象を埋め込む姿がとても楽しい。
季節ごとに訪れたい一軒。

「白 tsukumo」
奈良市三条町606-2 南側 1F
0742-22-9707

投稿者 geode : 01:13