2021年08月31日

「Cantina Rossi(カンティーナロッシ)」 京都・出町柳・イタリア料理

現在発売中の「あまから手帖9月号」の特集はイタリア料理である。
それもオールディーズ。

その中に掲載されている「カンティーナロッシ」の子羊のカツレツを見て
無性に、その料理が食べたくなった。

住宅街にひっそり、という様子である。

まさに知人のリビングで楽しく食事をという感じだ。

続きを読む “「Cantina Rossi(カンティーナロッシ)」 京都・出町柳・イタリア料理”

投稿者 geode : 10:00

2021年08月30日

「antica locanda MIYAMOTO」その2 熊本・新屋敷・イタリア料理

あか牛は驚きと感動であった。

オーナーシェフの宮本けんしんさんの食材、厨房、店内の設えなどに対する気持ちがビシビシ伝わってくる。

まずはコンソメから始まった。

熊本の伝統「赤酒」をアレンジしたもの。

続きを読む “「antica locanda MIYAMOTO」その2 熊本・新屋敷・イタリア料理”

投稿者 geode : 10:00

2021年08月27日

「antica locanda MIYAMOTO」その1 熊本・新屋敷・イタリア料理

衝撃のあか牛であった。

「antica locanda MIYAMOTO」のオーナーシェフ・宮本けんしんさんが
薪の炉で焼いた牛肉のインパクトは大きかった。

鹿児島の経産牛と熊本のあか牛。
これまでのそれぞれの牛に対するイメージを変えたほどであった。

続きを読む “「antica locanda MIYAMOTO」その1 熊本・新屋敷・イタリア料理”

投稿者 geode : 10:00

2021年08月26日

「コキンヌ」 福岡・西新・フランス料理

開店して16年目だという「コキンヌ」
どうして訪れることがなかったのだろうと、不思議に思う。

かつて大阪の「キュイエール」というフランス料理店で働いていた瀬戸利之さんと奥様の朋子さん(ワインバーも経営)が立ち上げた店である。

カウンターとテーブル席。
今回はテーブル席に男性4名でがっつり食べた。

続きを読む “「コキンヌ」 福岡・西新・フランス料理”

投稿者 geode : 10:00

2021年08月25日

「日本料理 研野」 京都・東大路丸太町・日本料理

カウンターの上にどんと置かれた鯛。

「日本一の鯛と言われる明石の鯛です」と主人の酒井研野さん。
今春開店だが、すでに人気店の仲間入り。

続きを読む “「日本料理 研野」 京都・東大路丸太町・日本料理”

投稿者 geode : 15:52

2021年08月24日

「圓融菴 小林」 京都・祇園・天ぷら

祇園の冨永町 花見小路西に少し入ったところ南側。
「圓融菴 小林」という天ぷら屋さん。

天ぷら屋さんの店長を長く務めておられた小林紀之さんの独立である。
玄関にある「小林」という文字も凛々しい。

続きを読む “「圓融菴 小林」 京都・祇園・天ぷら”

投稿者 geode : 10:00

2021年08月20日

「まんてん」 大阪・谷町9丁目・焼肉

地下鉄谷町9丁目駅下車。

その交差点北東角に建つビルの一階の通路の奥にある焼肉店。
「まんてん」という店名が素敵だ。

以前は様々な牛肉を使っていたが、現在は但馬玄オンリーとなった。

キムチの盛り合わせ

これで胃袋活性化を促進する。

続きを読む “「まんてん」 大阪・谷町9丁目・焼肉”

投稿者 geode : 10:00

2021年08月19日

「中國菜 奈良町 枸杞」 奈良・奈良町・中国料理

6月に開店したばかりの中國料理店「中國菜 奈良町 枸杞」。

オーナーシェフ宮本和幸さんは奈良出身、
辻調理師専門学の技研を卒業し
「福臨門」「老四川 飄香」でしっかり修業を重ねたあと、
地元奈良で店を開店させた。

奥様の見事なサポートも素晴らしい。

続きを読む “「中國菜 奈良町 枸杞」 奈良・奈良町・中国料理”

投稿者 geode : 10:07

2021年08月18日

「髙橋謙太郎」 大阪・北新地・寿司

数年前にとあるパーティーでお目にかかったことはあったのだが
なかなか伺う機会がなく、ようやく訪れることができた。

店に勢いがあり活気に満ちている。
これは大切なことだ。

人が醸し出す雰囲気は主人の気持ちが大きく左右する。

カウンターに蛸が置かれる。

かなりのサイズ、気分が高まる。

続きを読む “「髙橋謙太郎」 大阪・北新地・寿司”

投稿者 geode : 11:14

2021年08月17日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理

ここ「京、静華」で中国料理を食べると、すっと背筋が伸びる。
カウンターになり、宮本さんの姿を見ながら食事をする時間の貴重なこと。

まずは酸辣湯から。

酸味がありやや辛い味わいで、暑さが溜まった身体に染み渡る。
陳皮、氷砂糖、山査子、ハイビスカス、黒梅干し、クワなどが入る。

続きを読む “「京、静華」 京都・岡崎・中国料理”

投稿者 geode : 10:00