2020年02月28日

「ラ・ルッチョラ」 大阪・福島・イタリア料理

大阪・福島の人気店「ラ・ルッチョラ」が移転してしばらく経つ。
建築デザインは木島徹さん。人気の建築家である。

外観はシンプルそのもの。
中に入るとキッチンの道具がなければ和食の佇まい。
木島さんのテイストが随所に光る。

その中でシェフ鈴木浩治さんは、料理を作る、喋る、スタッフに指示をだす。
流れに全く無駄はなく、あたかも自然体のように見えるのがすごい。

前菜は、ブルスケッタ。
20022874-copy.jpg

マスカルポーネにキャビア。キャビアの塩分とコクで料理への誘い。

続きを読む “「ラ・ルッチョラ」 大阪・福島・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:49

2020年02月27日

「とんこつ家」 茨城・ひたちなか市・ラーメン店

店全体がとんこつの雰囲気を醸し出している。

大きな駐車場から入り口に向かう。
20022758-copy.jpg

豚骨特有の匂いが店外に流れてくる。
この匂いで「豚骨」ということが一瞬にして分かる。

続きを読む “「とんこつ家」 茨城・ひたちなか市・ラーメン店”

投稿者 geode : 01:30

2020年02月26日

「レストラン乃呂」 大阪・東心斎橋・洋食

初めてこの「レストラン乃呂」を訪れたのは40年ほど前のこと。
当時勤めていた事務所の同僚と一緒に行った。

その同僚の父親は医師で、この店をよく利用していたそうだ。
風格のある店内、アンコウの肝や牛肉の網焼きなどを食べていた。
20022630-copy.jpg

20022631-copy.jpg

だから僕にとっては洋食の原点のような一軒でもある。

続きを読む “「レストラン乃呂」 大阪・東心斎橋・洋食”

投稿者 geode : 01:18

2020年02月25日

「ビストロ・オーボンモルソー」 京都・河原町三条・ビストロ

次号のあまから手帖は「食堂的イタリアン 古典派フレンチ」。
このところフランス料理の古典について思いを巡らすことが多くなった。

多くのシェフはエスコフィエのことを語る。
そんなことを思いながら「オーボンモルソー」の前を通り、迷うことなく入ることにした。

カウンターに座りメニューを見る。
2皿コース 2000円のものがある。
20022560-copy.jpg

20022561-copy.jpg

通常のメニューには前菜、主菜と魅力的な料理がずらりと並ぶ。
同行者は2000円のコース。
僕は前菜、主菜から一皿ずつ。

続きを読む “「ビストロ・オーボンモルソー」 京都・河原町三条・ビストロ”

投稿者 geode : 01:31

2020年02月21日

「ル プルミエ カフェ」 大阪・東心斎橋・コーヒー店

ミナミに行くと訪れたくなるコーヒー店。
瀟洒なビルの3階。

階段を上がって行くと看板が見える。
20022129-copy.jpg

随分前のことだが、ここで飲んだマンデリンが
とても印象的であったことを今でもしっかり覚えている。

苦味の感覚が、僕の好みにぴったりきていたのだろう。

続きを読む “「ル プルミエ カフェ」 大阪・東心斎橋・コーヒー店”

投稿者 geode : 01:01

2020年02月20日

「幽玄」 大阪・上本町6丁目・日本料理

昨年6月「味吉兆」で13年間の修業を終え独立を果たした「幽玄」。
カウンターと個室が一つ。

ご主人は九州出身の三船桂祐さん、34歳である。
これまで料亭の仕事、一筋であった。

山菜の酢の物が出た。
20022028-copy.jpg

白魚にうるい、生姜のジュレ、山三つ葉、上に土筆。
土筆のほろ苦さが印象的である。
春の訪れを告げる前菜だ。

続きを読む “「幽玄」 大阪・上本町6丁目・日本料理”

投稿者 geode : 01:07

2020年02月19日

「グリルフレンチ」 京都・小川通御池上る・洋食

マスターはいつも快活であり、饒舌でもある。
お客さんと言葉を交わすことが、元気の源のようにも感じる。
その饒舌が聞こえなくなると、お客側も心配となるほどだ。
元気をもらいにゆく。

前菜は盛り合わせをオーダー。
サーモンマリネを加えて欲しいとリクエスト。
20021952-copy.jpg

サーモンマリネにホタテのグリル、スモークサーモンと野菜。
酸味と甘味の塩梅が見事。

続きを読む “「グリルフレンチ」 京都・小川通御池上る・洋食”

投稿者 geode : 01:41

2020年02月18日

「煮干しそば 藍」 京都・神宮丸太町・ラーメン

ラーメンは定期的に食べたくなる。
京都では「拳」や「とうひち」などに足を運ぶ。

時折 新たなチャレンジをしたくなるのがラーメンの魔力だ。
麺・スープ、双方に心血をそそぐ。そして価格との闘いもある。
そんな競争を乗り越え、多くの支持を集めるラーメン店。

行列ができる。

「煮干しそば 藍」もその一軒だ。
20021846-copy.jpg

20021847-copy.jpg

店名にもあるように、スープは煮干しを標榜する。
壁に描かれたイラストがリアルで臨場感がある。

続きを読む “「煮干しそば 藍」 京都・神宮丸太町・ラーメン”

投稿者 geode : 01:49

2020年02月17日

「一碗水」 大阪・堺筋本町・中華料理

南茂雄さんの料理に触れると、
一皿ごとの集中力と凝縮された味わいに感動が湧き上がってくる。

昨年末に続いて1月にも訪れた。

天然の芝海老が登場した。
20021784-copy.jpg

さっと揚げた状態だが、ネギと生姜と塩で食べると
香ばしさと甘味が生まれる。
意外なスタートであった。

続きを読む “「一碗水」 大阪・堺筋本町・中華料理”

投稿者 geode : 01:19

2020年02月14日

「炭焼きむら」 京都・北大路下鴨・炭焼き

「牛の串は売り切れになることがあるので、それぞれ二本ずつ取っておきましょうか。
 来られてからキャンセルされても結構ですので」と予約の電話での応対であった。

じつはこの「きむら」のシステムがよく飲み込めていなかったのだが、
牛串という言葉に魅せられて、その提案に従った。

入店してそれが正解だとすぐに感じた。
17時半開店、18時に店に入ったのだがほぼ満席。
メニューを見ながら注文表に書いてゆくシステム。

カウンターで座る。
キャベツを食べながらメニューを決めてゆく。
20021484-copy.jpg

続きを読む “「炭焼きむら」 京都・北大路下鴨・炭焼き”

投稿者 geode : 01:49