2019年05月31日

「燕 en」 京都・八条口・日本料理

「ライスセットにしましょうか」
この言葉が嬉しい。

つまり魚とご飯をセットにする。
寿司のスタイルということである。

始まりは空豆豆腐。
19053126-copy.jpg

青っぽい香りと味わい。
すっと胃袋に収まってゆく。

続きを読む “「燕 en」 京都・八条口・日本料理”

投稿者 geode : 01:16

2019年05月30日

「たかむら」 秋田・秋田・日本料理

二度目の「たかむら」。
5月ともなると、ずいぶん陽が長くなる。

19053067-copy.jpg

5月なのに暑さが身体にこたえる。

続きを読む “「たかむら」 秋田・秋田・日本料理”

投稿者 geode : 01:04

2019年05月29日

「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理

このレストランはいつも活気がある。
この日は、ギリギリの予約であった。
厨房に近いテーブルである。

サービススタッフが厨房に入り料理名を告げると「はい!」と元気な声が聞こえてくる。
厨房の一体感が伝わってくる。
これが、このレストランの素晴らしさの一つだと思う瞬間でもある。

しいたけのブイヨンが出る。
19052901-copy.jpg

熱々なのが嬉しい。「モリエール」スタイルだ。

白魚のフリット。大葉に包まれる。
19052902-copy.jpg

19052903-copy.jpg

相当に熱いが手でつかんで食べる。
大葉の香りがふんわり香り、後に白魚の甘さがくる。

美瑛から届いたグリーンアスパラガス。
19052905-copy.jpg

卵は半熟状態でビネガー風味。
19052906-copy.jpg

その卵をよく混ぜてかける。
19052907-copy.jpg

パルミジャーノチーズとハーブを加え完成。
19052908-copy.jpg

チーズのコクやハーブの香りと一体となりアスパラガがランクアップだ。

次は真狩村のホワイトアスパラガス。
19052909-copy.jpg

これも露地ものである。

ソテーしラルドで香りと塩分を。
19052910-copy.jpg

シンプルだが、甘味が生きる。

厚岸の牡蠣フライ。
19052911-copy.jpg

自家製マヨネーズとタルタル。
セモリナ粉をつけてあるので食感が違う。

毛ガニのリゾット。
19052913-copy.jpg

毛ガニのエキスの泡に毛ガニ、そしてアメリケーヌソースのリゾット。
これもここの定番だが、舌が喜ぶ。

レモンティのソルベ。
19052915-copy.jpg

途中でリキュールを加えるとまたさっぱりだ。

カブは炭火でこんがり焼く。
19052917-copy.jpg

十勝彩美牛のフィレ肉だ。黒毛和牛と乳用種の交雑種。
19052919-copy.jpg

19052920-copy.jpg

味はしっかり香りも十分である。
ソースはボルドレーズ、黒胡椒、はちみつ、八丁味噌がつく。
その合わせも見事である。

ジャガイモのグラタン、ドフィノアもつく。
19052921-copy.jpg

これも嬉しい一品。

北海道のフレッシュ山羊のチーズ。
19052922-copy.jpg

トーストしたライ麦パンにハーブ、黒胡椒、ハーブ。

石垣島のピーチパイナップル。
19052923-copy.jpg

19052924-copy.jpg

40分ローストしたという。
バニラのアイスクリームと。温かなパイナップルが魅惑的だ。

ミニャルディーズはドーナッツ。
19052927-copy.jpg

ふんわりとした歯ごたえで美味。

イチゴとココナッツバター。
19052928-copy.jpg

これにはやられた。

トマトウォーターのソルベ。
19052929-copy.jpg

甘くしたトマトウォーターとトマト。
秀逸であった。

日曜日の夜。
満席状態で雰囲気も素敵であった。

「モリエール」
札幌市中央区宮ケ丘2-1-1 ラファイエット宮ヶ丘1F
011-631-3155

投稿者 geode : 01:16

2019年05月28日

「カフェ・ド・ノール」 北海道・札幌・コーヒー専門店

いまやすっかり札幌の定番となった「カフェ・ド・ノール」。
同い歳の従姉妹が、この店を教えてくれて以来、札幌にくると、ここのカウンターに座る。

JBLの大きなスピーカーとそこから流れてくるジャズに魅せられた。
19052830-copy.jpg

コーヒーはネルドリップ。
その淹れ方がじつに見事なのである。

一定のリズムを保ち、いつ訪れても同じリズムで淹れる。

続きを読む “「カフェ・ド・ノール」 北海道・札幌・コーヒー専門店”

投稿者 geode : 01:40

2019年05月27日

「リストランテ野呂」 京都・二条・イタリア料理

「青森の長谷川自然牧場の豚肉100パーセントの豚ミンチカツご用意します」という
「リストランテ野呂」の野呂和美シェフからのメッセージあり。

これは黙って見逃す手はない。
豚肉好き、カツレツ好きには心が揺れるお誘いである。

カウンターの上に張りがあり、艶やかな賀茂茄子が並んでいる。
綾部の河北農園の賀茂茄子だ。
「賀茂茄子も食べたい」と告げる。

まずは人参サラダとやや甘いジャガイモのポテトサラダ。
19052778-copy.jpg

続きを読む “「リストランテ野呂」 京都・二条・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:09

2019年05月24日

「レストラン・アラジン」 東京・広尾・フランス料理

平日のランチ、それもかなりの豪雨。

そのフランス料理店は、満席であった。
東京広尾の「アラジン」というフランス料理店である。
オーナーシェフは川崎誠也さん。

まず供されたのは
フォアグラ入りのサブレ。
19052415-copy.jpg

コクのあるサブレはインパクトあり。

新玉ねぎの冷たいスープ。
19052417-copy.jpg

皿もスプーンもきちんと冷やしてあり、料理にかけるシェフの思いを感じる。

カリフラワーのムース、イタリア・マルケの黒トリュフ。
甘味もあり 胃袋が戦闘体制になる。
フォアグラのテリーヌはレンズ豆入り。
19052419-copy.jpg

改めてフォアグラはテリーヌが美味と感じる。
またレンズ豆との相性が素敵だ。

バターではなくパンにはリエット。
19052420-copy.jpg

これもうれしい。

パンはシャンピニヨン。
19052421-copy.jpg

最近、この形に出会うことは少なくなった。

生のホタテにセップ茸、それをちりめんキャベツで包む。
19052424-copy.jpg

酸味のあるソースが素材にも絡み、甘味を引き出す。

ホワイトアスパラガスと生ハムにはシブレット入りのバターソース。
19052426-copy.jpg

バターソースの力が生きる。

メインの仔羊を見せてくれる。
19052427-copy.jpg

真鯛のポワレ。
19052429-copy.jpg

アサリ入りのラタトゥイユ。
アサリが味をしめる。

仔羊の料理。
19052431-copy.jpg

ガツンと舌と胃袋を刺激してくれる。

イチゴとルバーブ
19052433-copy.jpg

アマレットのソース。
この合わせが、デザートへのスタートを切る。

オレンジのソルベと マルキーズショコラ&牛乳のムース。
19052435-copy.jpg

マルキーズショコラが秀逸であった。

エスプレッソ。
19052436-copy.jpg

ミニャルディーズ。
19052437-copy.jpg

料理の写真を撮っているのは僕たちのテーブルだけであった。
他のテーブルは、川崎シェフの料理を食べたいという人たちがいい感じで食事をしていた。

フランス料理が素敵な感じで根付いたと思う。
そして大人のレストランである。

「レストラン・アラジン」
東京都渋谷区恵比寿2-22-10 広尾リバーサイドG1F
03-5420-0038

投稿者 geode : 01:15

2019年05月23日

「TANPOPO」 大阪・北新地・鉄板料理

カウンター、それも鉄板で料理を作る。
そこで繰り広がられる姿に魅せられる。

北新地の鉄板料理「TANPOPO」のカウンターではいつもそんなことを思う。

冷たいジャガイモのスープには、イクラが入る。
19052339-copy.jpg

塩分とコクがきいている。

続きを読む “「TANPOPO」 大阪・北新地・鉄板料理”

投稿者 geode : 01:05

2019年05月22日

「心根」 大阪・高槻・日本料理

日本料理の「心根」。
枚方氷室台から昨年末、高槻の山奥に移転。
なかなか訪れることができなかった。
5月になりようやく訪れることとなった。

高槻駅からみんなでバスに乗り、30分強山道を走る。
よくぞこのような場所にと感じる。
この古民家を素敵に改装した店内。
ここに入るだけで気持ちが新たになる。

5月ということで主題は立夏。

兜の器に菖蒲。
1080693-copy.jpg

続きを読む “「心根」 大阪・高槻・日本料理”

投稿者 geode : 01:53

2019年05月21日

「ristorante NAKAMOTO」 京都・木津川・イタリア料理

京都と奈良の中間、木津川市のイタリア料理店「ristorante NAKAMOTO」。
1080474-copy.jpg

久しぶりに訪れることとなった。
以前はオープン時すぐで、厨房も必要最低限のものだけであった。
その充実ぶりには驚くばかり。

続きを読む “「ristorante NAKAMOTO」 京都・木津川・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:44

2019年05月20日

「カドヤ食堂」 大阪・梅田阪神百貨店・ラーメン

昨年6月、大阪梅田の阪神百貨店本店のスナックパークにオープンしたラーメン店「カドヤ食堂」。
「カドヤ食堂」といえば大阪屈指の有名店である。

19052043-copy.jpg

19052040-copy.jpg

オーナーの橘和良さんは、これまで多数の商業施設からの要望を断り続けてきたが
「阪神のスナックパークでラーメンを食べたことが『ラーメン好き』になるきっかけになってほしい」
という気持ちで、出店を決めた。

続きを読む “「カドヤ食堂」 大阪・梅田阪神百貨店・ラーメン”

投稿者 geode : 01:37