2021年01月29日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食

洋食屋というジャンルでは、食材の揃え方があまりにも半端ではない。
多くの料理人が羨む食材が揃っている。

オーナーシェフの緒方博行さんの料理に向き合う姿勢の崇高なこと。
その姿勢がすべての料理にしっかり現れている。

おきまりの小さなサラダ。
21012935-copy.gif

口を湿らせ、酸味で胃袋に柔らかなパンチを与える。

続きを読む “「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食”

投稿者 geode : 01:06

2021年01月28日

「日本料理と日本酒 惠史」 京都・姉小路小川下ル・日本料理

カメラマン、編集者などと久しぶりの食事だ。

ここは日本料理と日本酒を謳う店。
21012809-copy.gif

21012810-copy.gif

コンセプトは明確である。
オーナー保科知史さんの思いが結実している。

続きを読む “「日本料理と日本酒 惠史」 京都・姉小路小川下ル・日本料理”

投稿者 geode : 01:06

2021年01月27日

「くちばしモダン」 京都・堺町通綾小路下ル・焼鳥

「くちばしモダン」という店名がいい。

カウンター内左側の小さな炭床で、店主は休むことなくずっと焼き続ける。
テンションの高さが伝わってくる。

まずはお通しだ。
21012732-copy.gif

堀川ゴボウに人参、黒豆、オイル
春菊にかぶらの千枚漬け
高坂鶏に鶏ガラの煮こごり
もち米に日野菜
栃餅に紫キャベツ
海老芋、ブロッコリー 黒胡椒

壮観であり、一品ずつインパクトありだ。
これらを口に運びながらメニューを決めてゆく。

続きを読む “「くちばしモダン」 京都・堺町通綾小路下ル・焼鳥”

投稿者 geode : 01:05

2021年01月26日

「美山荘」 京都・花背・宿

心地の良い朝を迎える。

テレビもない部屋でゆったりした時間と戯れる。
前夜と同じカウンターで朝食。

七草粥。
21012616-copy.gif

嬉しい心配りに気持ちが高揚する。
滋味を感じる。

続きを読む “「美山荘」 京都・花背・宿”

投稿者 geode : 01:04

2021年01月25日

「美山荘」 京都・花背・宿

昨年この時期に訪れた際はほとんど雪がなかった。
だが今年は一面の銀世界。情緒あふれる「美山荘」。

ゆとりのあるカウンターで食事が始まる。
お福茶。
21012583-copy.gif

年の始まりを意識する。

続きを読む “「美山荘」 京都・花背・宿”

投稿者 geode : 01:02

2021年01月22日

「成生」 静岡・鷹匠・天ぷら

通い始めて何年になるだろう。
いつも変わらぬ感動と驚きを与えてくれる。

そして天ぷらとは、料理とは、料理人とは などを考える。

この日はクエのスープから始まる。
21012260-copy.jpg

寒い冬の一日に、この温かさは素敵だ。

続きを読む “「成生」 静岡・鷹匠・天ぷら”

投稿者 geode : 01:50

2021年01月21日

「ごだん宮ざわ」 京都・東洞院・日本料理

いつも変わらぬ静謐な空気感が流れる割烹。

カウンターの向こう側で仕事をする宮澤さん以下スタッフの動きが、じつに美しい。
それを見ているだけでも清々しい気持ちになる。

湯桶から始まった。
21012154-copy.jpg

身体を温める。「さえみどり」という茶種を使う。
ふくよかな気持ちを感じる。

続きを読む “「ごだん宮ざわ」 京都・東洞院・日本料理”

投稿者 geode : 01:00

2021年01月20日

「竹香」 京都・祇園・中国料理

何年かぶりの「竹香」である。
初めてこの店を訪れたのは40年以上も前のこと。

店頭の案内に「広東御料理 竹香」と御料理という文字が強烈な印象。
いま思えば京風中華のことであり、舞妓中華などと呼んだこともある。

蒸し鶏
21012031-copy.jpg

細く切ったネギと鶏の出会いは素敵だ。
醤油ベースのタレも刺激を与える。

続きを読む “「竹香」 京都・祇園・中国料理”

投稿者 geode : 01:27

2021年01月19日

「NAKATSUKA」 京都・姉小路堺町・フランス料理

昨年末3周年を迎えたレストラン。
昨年の夏より料理のスタイルが変わった。

それまでは結構ボリュームのある皿で、
二人で前菜、メインを2種オーダーすれば満腹という感じであった。

だが、昼も夜もコース一本となり、料理もかなりモダンになった。

21011994-copy.jpg

続きを読む “「NAKATSUKA」 京都・姉小路堺町・フランス料理”

投稿者 geode : 01:05

2021年01月18日

「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理

毎年 大晦日のお昼は「大渡」のカウンター。
一年を振り返りながら、食事をするのがここ数年続いている。

夜は、祇園の人たちが食事をすることになっていると。
それも恒例のようだ。

定番の柚子風呂。
21011802.jpg

柚子釜が風呂に入っているような感覚。

続きを読む “「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理”

投稿者 geode : 01:20