2019年09月30日

「寺町コロンボ」 京都・寺町二条上ル・イタリア料理

この9月25日 オープンした「寺町コロンボ」。
「イタリア食堂 コロンボ」が「イタリア菓子 コロンボ」があったところに増築移転である。

P1110806-.jpg

ここのシステムがユニークだ。
11時から18時半まで休みなしの営業である。
タラコスパゲッティセットや牛ハラミステーキセットなどセットが多く、カフェとしても利用できる。

しかし18時半からは 一日一組限定で吉村シェフが料理を作る。
これは完全予約制だ。

続きを読む “「寺町コロンボ」 京都・寺町二条上ル・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:13

2019年09月27日

「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理

定番の強さを毎回堪能する。

15種類のナムル。
19092782-copy.jpg

モロヘイヤ、マコモタケ、クレソン、豆もやし、ハヤトウリ、金針菜、ミョウガ、加賀太きゅうり
韓国かぼちゃ、モロッコインゲン、三度豆、ミツバ、インカの目覚め、万願寺唐辛子。

一度にこれだけの野菜を食べることはないが、それぞれの特徴がよくわかる。
このナムルを食べることで、安心感が芽生える。

続きを読む “「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理”

投稿者 geode : 01:19

2019年09月26日

「toshico」 京都・下鴨北大路・串揚げ

「toshico」のカウンター内にはレコードプレイヤーがある。

店に通うようになり5年ほど経つが、そのターンテーブルが回ったことはない。
主にはCDが音源となっているが、店主が音楽好きであろうと思われる楽曲が流れている。

店主の動きが鋭敏であり、その姿が美しい。
無駄のない動きから生まれる串は、それぞれ素材をストレートに揚げるのではなく、
組み合わせや調味に何らかの工夫がある。だが、一本いっぽん何を食べているかが明確にわかる。

そして串を口に入れた瞬間と一本食べ終わった時の印象が変わる。
食べ終わった時の満足感というか、その串の本領がわかるのだ。
インパクトより余韻という印象が強い。

まずはサラダが届く。
19092631-copy.jpg

僕は野菜を必要としているのか、毎回お代わり必至だ。

続きを読む “「toshico」 京都・下鴨北大路・串揚げ”

投稿者 geode : 01:31

2019年09月25日

「デリシャス」 大阪・服部天神・ステーキ

ついに今月末で「デリシャス」は長い歴史の幕を降ろす。

最初は心斎橋にある息子さんの「でりしゃす」でお父さんのことを耳にした。
「ずっと父親の背中を見て頑張ってきました」
この言葉が気になっていた。

いつかは「デリシャス」へという思いが深まっていた。
そんなとき肉姉さんに声をかけていただき速攻であった。
そして一瞬にしてファンとなった。

19092525-copy.jpg

初めて伺った時、ミンサーでハンバーグ用の牛肉を挽いておられた。
ハンバーグ用とは思えぬ部位なのだ。

これはうまいに決まっていると確信した。あまりにも贅沢な使い方だ。

それから何度か通い「魔法のレストラン」では親子の饗宴を無理にお願いし、引き受けてもらった。
「あまから手帖」でも取材をさせてもらった。
懐かしい、嬉しい思い出ばかりが詰まった一軒である。

続きを読む “「デリシャス」 大阪・服部天神・ステーキ”

投稿者 geode : 01:24

2019年09月24日

「Ristorante Due」 神戸・中山手・イタリア料理

神戸中山手通りに面して建つ ラ・ドルレイ神戸三宮ビルは
この「Ristorante Due」を始め、焼鳥の「かさ原」、中華の「エヴォーブ」など神戸の名店が入っている。

久しぶりの「Ristorante Due」である。
19092480-copy.jpg

シェフの木下憲幸さんは研究熱心な料理人。

ガストロバックという減圧調理器を始め色々な調理器具を使いこなし、
また昆布など日本の食材も敏感に使い、新たなイタリアンのあり方を提案する。

続きを読む “「Ristorante Due」 神戸・中山手・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:16

2019年09月20日

「天ぷら 悦」 大阪・東心斎橋・天ぷら

大先輩からずっと耳にしていた天ぷら屋さん。
大阪は、天ぷら屋さんが少ないエリアだ。

どうしても蕎麦やうなぎ、天ぷらは関東のイメージが強い。
大阪 南 東心斎橋の「天ぷら 悦」である。

19092055-copy.jpg

カウンターのみの店である。

続きを読む “「天ぷら 悦」 大阪・東心斎橋・天ぷら”

投稿者 geode : 01:36

2019年09月19日

「かっぱ梶岡」 大阪・豊中・焼肉

焼肉を12名の男が食べる。
テーブル席とカウンターに分かれる。

賞賛は同一なのだが、感じることは少し違ったようだ。
カウンター組は大将と肉のことや焼き方について意見交換ができ「すごく勉強になった」と話し、
テーブル組は「ここのスーパーハラミはすごいね」という感想を終始していたのであった。

19091931-copy.jpg

確かに2種のハラミには唸った。
タレの味わいをくぐり抜けやってくるハラミの分厚いうまみには驚きと賞賛の嵐であった。
テンションが上がること、上がること。各人再訪を想像した。

続きを読む “「かっぱ梶岡」 大阪・豊中・焼肉”

投稿者 geode : 01:59

2019年09月17日

「LOUISE」 大阪・本町・フランス料理

この8月15日にオープンしたニューフェイスである。
「ルイーズ」というフランス料理店。

店内はテーブル席が吹き抜け、カウンターはライブ感あり。
開放感のある空間が素敵だ。
昼間はランチコース、夜はアラカルトというのが嬉しい。

アミューズはチーズときゅうりのメニュー。
19091734-copy.jpg

爽やかさとコクが同居し、軽やかな刺激を受ける優しい味わい。

続きを読む “「LOUISE」 大阪・本町・フランス料理”

投稿者 geode : 01:12

2019年09月13日

「トラモント」 京都・寺町二条・イタリア料理

ここで食事をすると温かな気持ちになる。
いつも訪れるというわけではないが、訪れる度にそう感じる。

19091387-copy.jpg

かつて神戸の元町に「コットン」というコーヒー店があった。
マスターとマダムの二人で実に柔らかな空気が流れていた。
その店のことを思い出すのであった。

続きを読む “「トラモント」 京都・寺町二条・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:30

2019年09月11日

「リストランテ ダ ルーポ322」 兵庫・西宮・イタリア料理

阿蘇あか牛 ビステッカ
この日のメイン食材である。

肉を食べているという感覚を味わう。
炭火でじっくり焼き上げる。

前菜はイワガキ、赤ウニ、トマト、コブミカン。
19091136-copy.jpg

イワガキのほろ苦さとウニの甘さにトマトの酸味。
ここにコブミカン(バイマックル)の香りがプラス。
刺激的でどこかエキゾチックな雰囲気も漂う。

続きを読む “「リストランテ ダ ルーポ322」 兵庫・西宮・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:15