2009年01月30日

「La Cantine du Troquet」 パリ・バスク料理

パリに到着して最初の夜は、
パリ在住のジャーナリスト・伊藤文さんとの食事です。

場所は「La Cantine du Troquet」。
このオーナーシェフのクリスチャン・エチュベスト氏の人柄が
おおいに表れているところです。
おおらかでざっくばらん、
わいわい楽しくやろうという意思が店全体を優しく包み込んでいるのです。

メニューはシェフのお薦めからチョイスしました。
アミューズは、エビのグリルとマテ貝のグリルです。
どちらもシンプルでストレートに旨さ、楽しさが伝わってきます。

09013041.jpg

続きを読む “「La Cantine du Troquet」 パリ・バスク料理”

投稿者 geode : 03:04

2009年01月29日

「Etxebarri」 スペイン・バスク・炭火料理

今回の旅、前半のクライマックスがこの「Etxebarri」です。
27日の昼間。
「HEGIA」というオーベルジュからタクシーをチャーターして
「Etxebarri」に。

実は、この日、午後5時ビアリッツ発でパリに向かう予定。
「Etxebarri」からビアリッツ空港まで約100キロ強です。
12時半から始めていただき、遅くとも午後2時過ぎにはここを出ないと……。

でも、まずは厨房見学。薪を燃やす窯です。
シェフと徳岡さんです。

09012988.jpg

続きを読む “「Etxebarri」 スペイン・バスク・炭火料理”

投稿者 geode : 02:34

2009年01月28日

「HEGIA」 フランス・ビアリッツ・オーベルジュ

26日はビアリッツの「HEGIA」というオーベルジュに宿泊です。

ここは全5室。
それぞれデザインが異なります。
どの部屋も、個性豊かというか、
ベッドとバスの配置に工夫があります。

09012843.jpg

続きを読む “「HEGIA」 フランス・ビアリッツ・オーベルジュ”

投稿者 geode : 02:43

2009年01月27日

「バスク豚を尋ねて」 フランス・ビアリッツ・バスク豚生産地

25日に関西空港を旅立ち、その日の夕刻パリのドゴール空港に到着。
そこからオルリー空港に向かい、そのままビアリッツという予定。
ところが交通渋滞に巻き込まれ、なんと飛行機乗り遅れ。
空港近くのホテルに一泊し、翌朝一番のフライトでビアリッツに。

旅の始まりは、このようなトラブルからです。
しかし「始めからこのスケジュールと思えばいいよな」
「この方が楽しいですね」というお気楽なメンバーばかりです。

ビアリッツの空港からバスク豚の生産地に向かいます。
「PIERRE OTEIZA」のスタッフが迎えにきてくれました。
クルマで走ること約一時間。

「PIERRE OTEIZA」は多くのシェフが好んで使う純血バスク豚の生産者です。
同行「トゥールモンド」の高山シェフも
「僕のところで使っているバスク豚です」と。

09012760.jpg

続きを読む “「バスク豚を尋ねて」 フランス・ビアリッツ・バスク豚生産地”

投稿者 geode : 02:13

2009年01月26日

「ナチュラルガーデン」 大阪・中之島・リーガロイヤルホテル・フランス料理店

テレビ局のプロデュサーと
制作会社のスタッフでランチ・ミーティング。

昨年の夏以来「大阪リーガロイヤルホテル」の
「ナチュラルガーデン」です。
メニューはシェフにおまかせとしました。

スタートはイチゴのスープ。
イベリコ豚のパンチェッタとニンニクのシャーベットです。
この組み合わせが、
なんの違和感もなく口から胃袋に進んでゆくのです。

09012653.jpg

続きを読む “「ナチュラルガーデン」 大阪・中之島・リーガロイヤルホテル・フランス料理店”

投稿者 geode : 02:01

2009年01月23日

「カフェ ヴェーク」 大阪・南堀江・珈琲店

京都の「カフェ・ヴェルディ」で教えたもらった珈琲店「カフェ ヴェーク」。
場所は大阪・南堀江です。回りの変化はすさまじいエリア。
まだオープンしたばかりの店です。
オーナーは女性。辻調理師専門学校卒業後、
「カフェ・バッハ」系列の珈琲店、神戸の「ブランジェリー コム・シノワ」、
玉造の「カフェ ヴィーナローゼ」を経て独立という方です。

09012371.jpg

続きを読む “「カフェ ヴェーク」 大阪・南堀江・珈琲店”

投稿者 geode : 01:45

2009年01月22日

「カランドリエ」 大阪・本町・フランス料理

大阪・本町にあるフランス料理店「カランドリエ」で
午後6時半からの食事。6時過ぎに京阪・北浜で降り歩く。
途中数店のレストランやカフェなどを眺めながら。
まだ時間が早いのか客席はちらほら。

男性4人です。
一人は埼玉から、一人は静岡から、一人は岐阜からと遠来のメンバー。

そして僕を除く3名は、‘ワイン酒豪’です。数本、先に送られていました。

そして料理が始まります。
三色のビーツと帆立です。上からクルミのオイルがかかっています。
ビーツも色によって甘味が異なるのです。

09012221.jpg

続きを読む “「カランドリエ」 大阪・本町・フランス料理”

投稿者 geode : 02:23

2009年01月21日

「京都ネーゼ」 京都・木屋町三条・イタリア料理

久し振りの「京都ネーゼ」です。
おそらく一年ぶりです。
今回は、カウンターに座り森シェフと会話を交わしながらの食事でした。
目の前で繰り広げられる調理シーンを見ていると、
心がウキウキしてきます。

始まりは、トリッパ(ハチノス)の煮込みです。
煮込みとパン、それに皮はパリッとです。

09012124.jpg

続きを読む “「京都ネーゼ」 京都・木屋町三条・イタリア料理”

投稿者 geode : 05:02

2009年01月20日

「喫茶星霜」 大阪・天満橋・珈琲店

不思議な空間です。
すぐ近くに付き合いのある会社があるのですが、
そのスタッフはこの存在に気がついていないようでした。

開店は昨年の5月。
そうでしょう。
入口には「喫茶星霜」と書かれた文字が
さりげなくかけられているだけです。

09012022.jpg

続きを読む “「喫茶星霜」 大阪・天満橋・珈琲店”

投稿者 geode : 01:32

2009年01月19日

「神戸元町別館牡丹園」 神戸・元町・中華料理

先週末にアップした「瀬戸内クルーズ」が神戸港に帰還するのは午前10時頃。
そこから下船、元町の「エビアン」というコーヒー店でコーヒーを飲み、
11時から美山荘の人達との昼食。打ち上げを兼ねてです。

玉子のスープから始まり。
コクと旨みたっぷり、身体が温まるのです。

09011953.jpg

続きを読む “「神戸元町別館牡丹園」 神戸・元町・中華料理”

投稿者 geode : 03:29