2008年10月31日

「豚満」香川・高松・豚肉料理

香川県高松市。取材に来ております。

昨年東京から移転し、市内が見渡せる高台の一軒家に
「トモシロ イノウエ」というレストランを始めた井上知城さん。
ここの料理が素晴らしいのです。
食べていて気持ちが豊かに、身体が素直に反応するのです。
食べている間、愉しくて仕方がないという感じなのです。

その夜です。
ホテルのすぐそばにあった豚肉料理専門店「豚満」。
この看板を見たとたんにカメラマンのハリー中西さんは
「これはここしかないですね」と。

08103132.jpg

続きを読む “「豚満」香川・高松・豚肉料理”

投稿者 geode : 04:47

2008年10月30日

「秋やま」   大阪・北新地・日本料理

事務所は、大阪北新地のすぐそば。
昼ごはんにはいつも頭を悩ませるのです。
できるだけ、これまで行ったことのない店と思うのですが、
ついなじみの店に飛び込んでしまう。

そこで今日は、
以前、夜に訪れたことのある日本料理「秋やま」にしました。

08103048.jpg

続きを読む “「秋やま」   大阪・北新地・日本料理”

投稿者 geode : 01:53

2008年10月28日

「侘家三昧」   京都・京都駅八条口・鉄板焼

この10月上旬、京都駅八条口側の近鉄名店街が
「みやこみち」と名前を変え全面リニューアルです。
以前の様子を知っている方には驚くほどの変わりようです。

その中で一軒、鉄板焼の「侘家三昧」のランチです。
土曜日の午後ということもあり、通常ランチはお休みだったので、
アラカルトで注文しました。

08102903.jpg

続きを読む “「侘家三昧」   京都・京都駅八条口・鉄板焼”

投稿者 geode : 07:58

2008年10月28日

「プティ・ムッシュー」 京都・烏丸錦・カレー&シャンパン

今年の春、京都烏丸錦小路のビル一階に開店した「プティ・ムッシュー」は
カレーとシャンパンの店です。
まず、この二つのアイテムを合わせるチャレンジに拍手です。
チャレンジがなければ、前進はありません。
それをどう受けとめるかは、食べる側が判断します。

初回はランチにしました。
オリジナルカレーをセットにすると、食前酒がつきます。
小さい一口サイズのヴーヴ・クリコのシャンパンかジュースです。
そこに野菜の前菜が付くのです。

前菜三種もりです。

08102870.jpg

人参のラペ、生ハムとメロンのジュレ、ビーツのムースにカシス。
野菜の甘みや酸味などのバランスがいいので、気持ちが食事に向かいます。

続きを読む “「プティ・ムッシュー」 京都・烏丸錦・カレー&シャンパン”

投稿者 geode : 03:11

2008年10月27日

「ヴァリエ」   大阪・福島・フランス料理

ワイン好きの仲間が集まり、
大阪・福島のレストラン「ヴァリエ」の高井実シェフにお願いし、
ワインの持ち込みです。

今回の趣向は、飲むワインと、
ソース用のシャンパーニュも持ち込むということでした。

スタートは、シャンパーニュ。
料理は、仏エスカルゴとバナナのソテー にんにく風味です。

08102737.jpg

バナナの甘みにエスカルゴのコクにシャンパーニュはいい出会いです。

続きを読む “「ヴァリエ」   大阪・福島・フランス料理”

投稿者 geode : 03:18

2008年10月24日

「じき宮ざわ」   京都・四条堺町・日本料理

昨年12月開店、まもなく1周年を迎える「じき宮ざわ」のお昼です。

まずは小芋とイクラの玉締めです。

08102497.jpg

本来なら10月末はもっと涼しくなっている季節。
たっぷり入ったイクラの味わいで、
胃袋も身体も温まるというわけです。

続きを読む “「じき宮ざわ」   京都・四条堺町・日本料理”

投稿者 geode : 07:49

2008年10月23日

「懐食清水」   大阪・島之内・日本料理

今年の春、大改装をした日本料理「懐食清水」。
一昨年秋に訪れたメンバーと再訪です。

店の前に到着すると、
他のメンバーが「前も来た店ですよね。えらく変わってます」と。
そして中へ入ると
「まったく別の店です。カウンター反対側にありましたよね」などと
驚くことしきりでした。

08102394.jpg

続きを読む “「懐食清水」   大阪・島之内・日本料理”

投稿者 geode : 04:55

2008年10月22日

「梁山泊」   京都・百万遍・日本料理

朝日新聞社の「朝日カルチャーセンター」の特別クラスで、
京都・百万遍の日本料理「梁山泊」を訪れた。
というより案内したと言ったほうが正確です。

僕が案内人となった三ヶ月に一度、
「いま行きたい店」と題したクラスなのです。
その一回目が「梁山泊」です。

08102218.jpg

続きを読む “「梁山泊」   京都・百万遍・日本料理”

投稿者 geode : 02:38

2008年10月21日

「ヴレ・ド・ヴレ シェ・ヒロ」大阪・新町・フランス料理

大阪西区新町のフランス料理店「ヴレ・ド・ヴレ シェ・ヒロ」は、
僕にとって思い出深い一軒です。

もうかれこれ16年の付き合いになります。
淀屋橋の「ビストロ・アミスター」、その後梅田の「ブルディガラ」、
心斎橋の「ワインビストロ ヴレ・ド・ヴレ」。
そして5年前に新町に移転、大垣康裕さんのヒロを店名につけたのです。

「あまから手帖」12月号の取材を兼ね、編集者と訪れました。

08102126.jpg

続きを読む “「ヴレ・ド・ヴレ シェ・ヒロ」大阪・新町・フランス料理”

投稿者 geode : 01:59

2008年10月20日

「玉の湯」大分・由布院・宿

由布院温泉に行って参りました。

仕事は、二つ。
ひとつは雑誌「ソトコト」の取材です。
由布院の「田名加」という宿に泊まり、そのルポルタージュです。

もう一つは、由布院の「食談会」に出席するため。
食談会は、由布院の商工会議所主催で、
宿で食事をしながら話し合おうという企画です。
「玉の湯」と縁があり、
今回は僕が「現在の食を巡る」という内容で話しました。

正午からトークを一時間。その前に「玉の湯」で珈琲を。
そのとき目に入ったのがアップルパイです。
珈琲は神戸の「にしむら珈琲」玉の湯ブレンドです。
アップルパイは、その薄さにリンゴの酸味がポイントですね。
これは見事にその点がクリア、寒くなればリンゴの酸味が増すはずです。

会議では30人ほどの人達を前に、
「郊外と地方、また世界と日本、そして地元へ」という内容で
一時間ばかり話しました。
いま、スペインの「エルブリ」と並んで世界から注目を集める英国の
「ファットダック」というレストランの写真を挟み込みながらの展開です。

08102085.jpg

続きを読む “「玉の湯」大分・由布院・宿”

投稿者 geode : 03:08