2008年07月31日

「chata」   札幌・円山西   カフェ

取材で訪れた札幌。自家焙煎の珈琲店も結構あり、そこで「甘苦一滴」(http://www.copyz.co.jp/blog/kobe_barista/)という神戸の友人が作っている珈琲を愛するフリーペーパーを見つけ、思わずうれしくなってしまった。

1043112.jpg

珈琲が飲めると思った「斉藤珈琲」は焙煎した豆を販売するのみ。ここは父親が焙煎、息子が店頭で販売を担当。じつにいい雰囲気が漂っている。「甘苦一滴」の話をしながら、ここの豆を使っている「fab cafe」を教えてもら
う。そこにも「甘苦一滴」が置いてあり、聞くと10年ほど前の開店当時に発行人のTさんが現れ、それ以来の付き合いだとか。珈琲が結ぶ縁を感じながら、オリジナルの珈琲を飲む。

続きを読む “「chata」   札幌・円山西   カフェ”

投稿者 geode : 01:21

2008年07月30日

「吟醸らーめん久保田」 京都・西洞院花屋町・ラーメン

ラーメンフリークが年に二度集まる「望麺会」というイベントがあります。
今夏は約100名のフリークやラーメン店主などが集まりました。
そこで出会った京都のラーメン屋「吟醸らーめん 久保田」のオーナー。
翌日京都で仕事があったので、昼ごはんに立ち寄りました。

店長はオーナーの弟さんで、ラーメンに惚れ込み、
修業の末、昨年春に開店です。

08073022.jpg

続きを読む “「吟醸らーめん久保田」 京都・西洞院花屋町・ラーメン”

投稿者 geode : 01:35

2008年07月29日

「ラヴェニール・チャイナ」   兵庫・夙川   中華料理-

阪急夙川駅そばの中華料理「ラヴェニール・チャイナ」。外に目立つ看板はなく、一見イタリア料理店のような雰囲気を漂わす。

開店は10年以上前のこと。中華料理店といえば、赤と金色という極彩色を使う店がほとんどであった。その時代に、イタリア料理店のような感覚を持った店。いまでこそ珍しくはないが、当時は話題となったものです。

供する料理を、大皿に盛り込んで取り分けというスタイルではなく、ひとりひとりサーブする方式をとったのも早かった。

しかし料理は、四川料理をベースとして広東や北京料理のいいところを組み込んだメニューです。

この日は、8名。京都の若き料理人を含んだグループです。

スタートのサラダが衝撃でした。

1042776.jpg

苦瓜、鳴門金時、スイートコーン、枝豆、青瓜、プチトマト、オクラ、エビ、ミョウガ、アスパラガス、タコ、スルメイカ。ネギと生姜のソースが野菜をつなぐ仕事です。このソースがいいです。中華の前菜で、このサラダにはやられました。インパクト大きいです。

続きを読む “「ラヴェニール・チャイナ」   兵庫・夙川   中華料理-“

投稿者 geode : 04:38

2008年07月28日

「ムッシュ ヨースケ」   東京・目黒・カレー

「フランス料理も食べられるカレー屋さん」。

これが「ムッシュ ヨースケ」のキャッチフレーズです。
確かに、カレーライスがメインなのですが、
前菜などフランス料理と呼ぶに相応しいメニューが満載です。

東京にやってきてチャンスがあれば訪れるべき一軒です。

08072893.jpg

続きを読む “「ムッシュ ヨースケ」   東京・目黒・カレー”

投稿者 geode : 02:11

2008年07月25日

「ラ メゾン・ブランシュ」   大阪・豊中   フランス料理

いまは無き大阪「ホテルプラザ」のメインレストラン「ル・ランデブー」出身のシェフは、現在も現役という料理人が多いんです。
大阪・豊中の「ラ メゾン・ブランシュ」の加藤賢一さんもそのひとりです。開店は9年前のこと。
開店してまもなく訪れてから、すっかりご無沙汰していました。ホントに久し振り。
今回は男性6名という陣容です。

アミューズは

1042957.jpg

フォアグラのクレームブリュレとリンゴのジュレ。甘味と酸味、交互に食べると口中調理の感覚で、食欲を刺激するのです。

続きを読む “「ラ メゾン・ブランシュ」   大阪・豊中   フランス料理”

投稿者 geode : 02:09

2008年07月24日

「レ・クルール」 大阪・天神橋三丁目・ワインバー

二ヶ月に一度の割合でおっさん達が集まる。
今回は天神橋筋商店街を巡る宴でした。

天神橋一丁目の居酒屋「よしむら」から始まり、
天神橋三丁目の「一光」という焼鳥屋が二軒目。
締めの三軒目が、同じく天神橋三丁目のワインバー「レ・クルール」です。

08072404.jpg

続きを読む “「レ・クルール」 大阪・天神橋三丁目・ワインバー”

投稿者 geode : 01:41

2008年07月23日

「ビストロ ボンモルソー」  京都・寺町通錦  フランス料理

京都の寺町通りと御幸町通りをつなぐ細い路地にある
「ビストロ ボンモルソー」。
店内は、フランスの写真やポスターが張り巡らされ、
可愛い雰囲気を演出しています。

この店は2フロアあり、初めて二階での食事でした。
二階も同様で、テーブルには白いテーブルクロス。壁にはポスターなどが。

08072331.jpg

続きを読む “「ビストロ ボンモルソー」  京都・寺町通錦  フランス料理”

投稿者 geode : 02:49

2008年07月22日

「こけし」 大阪・日本橋  とんかつ

大阪の日本橋。東京の秋葉原と並んで電気製品の街です。
写真の向こうには、通天閣が見えます。
「でんでんタウン」と呼ばれていたこの町は、
最近はアニメ関連のショップが増え、町も様変わりです。

かつては、電化製品を購入するのに、各店を周り、それぞれの値段を調べ
店員とやりとりをする、つまり値切るのが面白かったのですが
「ヨドバシカメラ」や「ビックカメラ」のポイント制に
すっかり席巻されてしまった感があります。
そんな「でんでんタウン」の中にあるとんかつ専門店「こけし」は
関西のとんかつ丼の草分け的存在です。

08072254.jpg

続きを読む “「こけし」 大阪・日本橋  とんかつ”

投稿者 geode : 11:33

2008年07月18日

「洋食屋 ふじ家」   大阪・本町・洋食

大阪本町に「FUJIYA1935」というレストランがあります。
いま、大阪でもっとも注目を集める店です。
スペインの最先端のテクニックを駆使しながらも、
イタリアやフレンチの技術と考え方を
シェフの藤原さんが昇華した料理は唯一無比の存在でしょう。

開店当初、パンを担当していた藤原シェフのお父さんが、
洋食屋を開いたのが数年前のことです。
元々お父さんが営んでいた洋食屋をレストランに改装したのですから、
元に戻ったということですね。

08071807.jpg

続きを読む “「洋食屋 ふじ家」   大阪・本町・洋食”

投稿者 geode : 01:05

2008年07月17日

「よーじやカフェ」   京都・三条・カフェ

京都の「よーじや」といえば、いまや全国にその名が知られる存在です。
京都に来たなら、まずはここのあぶらとり紙という観光客も多いぐらい。

その「よーじや」が、三条通りにカフェを開いたのは数年前のこと。
開店当初から、
カプチーノに描かれた「よーじや」のシンボルマークは話題でした。
いや、ホント上手く書かれています。バリスタの技術ですね。

08071765.jpg

続きを読む “「よーじやカフェ」   京都・三条・カフェ”

投稿者 geode : 01:46