2008年04月30日

「京料理 藤本」   京都・三条衣棚下ル   京料理

プロデューサーのTさんと、京都で昼ごはんを食べながら打合せとなった。
昼飯処は「おまかせするよ」ということだったので、この春新しく暖簾を掲げた
「京料理 藤本」にしました。

主の藤本貴士さんは、東山にある「修伯」出身です。衣棚通りは、狭い路地。
その路地からまだ狭い通路を通って奥に入ると玄関。
靴を脱いで座敷に上がるとカウンターというスタイルなんです。
「路地っていいよね」とTさんもお気に入りの様子。

突き出しは
タコ・鮑・ナンキンに柚子の皮を混ぜ込んだ土佐酢のジュレかけです。

1040298.jpg

初夏を思わせる爽やかな香りと酸味と温度帯。タコや鮑など季節物がうれしいのです。

続きを読む “「京料理 藤本」   京都・三条衣棚下ル   京料理”

投稿者 geode : 07:12

2008年04月28日

「多松」(たそん)   大阪・江之子島   韓国家庭料理

朝日放送テレビの番組「美味菜彩」スタッフの歓送迎会。
プロデューサーのお気に入りの韓国家庭料理の店「多松」(たそん)です。
大阪西区、本町通りと新なにわ筋の交差点北西角のビルの地階です。
20名を超すスタッフが集い、話しが一つにまとまるはずはなく、
それぞれの固まりで話題が炸裂です。
テレビと雑誌という双方の宴に参加するが、テレビのほうが炸裂具合はすさまじい。
スタートは午後8時でしたが、店内は満員ですでに各テーブル盛り上がっていました。

1040248.jpg

ジャコに唐辛子。全体はほんのり甘いのですが、青色は相当な辛さ。

続きを読む “「多松」(たそん)   大阪・江之子島   韓国家庭料理”

投稿者 geode : 03:08

2008年04月25日

「Oribe」(オリベ)   大阪・新町   鉄板焼

最近人気の鉄板焼です。大阪・新町にある「Oribe」。
男性6人カウンターに並びました。

前菜は、豚のリエット。
キャベツはカレー風味、人参のサラダ。豚の旨みが生きています。

1040220.jpg

続きを読む “「Oribe」(オリベ)   大阪・新町   鉄板焼”

投稿者 geode : 07:16

2008年04月24日

「かつ丼諸国漫遊記」   あまから手帖

本日は、「あまから手帖」5月号のお知らせです。
第1特集は、関西の移り変わるフレンチの世界をお届けします。
第2特集は、これまた動向激しきハンバーグの逸品です。

そして第3特集が、カメラマンのハリー中西さんと僕が三年余の歳月を投じて取材を敢行した「ご当地カツ丼行脚」の記録です。題して「カツ丼諸国漫遊記」。

253.jpg

続きを読む “「かつ丼諸国漫遊記」   あまから手帖”

投稿者 geode : 04:09

2008年04月23日

「PORTA ROSSA」(ポルタ ロッサ)   京都・樟葉   イタリア料理

昼間はライターの寺下光彦さんの結婚式が大阪の「堺筋倶楽部」で、
そこでイタリア料理を食べてから、京阪・樟葉駅からクルマで10分程度の
イタリア料理店「PORTA ROSSA」(ポルタ ロッサ)に直行した。

昨年「あまから手帖」の京阪特集でお世話になった店です。

前菜はカボチャのスープに、自家製ローストポーク、サーモンと新ジャガイモ、野菜の煮込みです。

1040151.jpg

かなり手をかけたしっかりした料理が並びます。
これを食べるとシェフの心意気を感じるというものです。

続きを読む “「PORTA ROSSA」(ポルタ ロッサ)   京都・樟葉   イタリア料理”

投稿者 geode : 03:22

2008年04月22日

「PRINZ」(プリンツ)   京都・北白川   イタリア料理

ランチは「あまから手帖」編集部員と数名のライターと大阪の「ポンテベッキオ」で
勉強を兼ねた食事です。
そこから京都に移動、立原さんという版画家の30周年の宴に顔を出す。
岡山から吉田牧場の吉田夫妻に声をかけていただいていたのです。
そこからウエスティン都ホテルに。
パリから帰国中の料理研究家・上野万梨子さんと会い、上野さんのプロジェクトについての打合せ。
そこに京都の素晴らしき「うね乃」さん夫妻も同席。というより、僕がそこに参加です。
「うね乃」さんは、天然素材を使った出汁屋さんです。共通の友人がいると、盛り上がりますね。

そして上野さんと「祇園ささ木」さんへ。上野さんと佐々木浩さんは、昨年1月パリで一緒に
食事をしたことがあります。そして上野さんは今回「祇園ささ木」初。

食事終了後、「うね乃」夫妻が京都北白川にある「PRINZ」で待っているとのことです。

ここはギャラリーとカフェという印象でした。
しかし、カフェ部分をキッチンに改造しレストランとして新たなスタートを切ったのです。
シェフは「草喰 なかひがし」のご主人・中東久雄さんの次男坊です。
そして驚いたのが店長(中東さんと同級生らしい)が陶芸作家・梅棹マヤオさんの息子さん、
つまり梅棹忠夫さんの孫となるわけです。人の繋がりの面からも面白味が浮かびます。

レストランはこんなイメージです。

1040137.jpg

続きを読む “「PRINZ」(プリンツ)   京都・北白川   イタリア料理”

投稿者 geode : 05:12

2008年04月21日

「ノガラッツァ」   大阪・西天満   イタリア料理

休日の夕食。旧知の友と二人で大阪西天満に3月末オープンしたばかりのイタリア料理店
「ノガラッツァ」にゆく。
シェフの山田義輝さんは、西梅田にある「モード・デ・ポンテベッキオ」で5年間シェフを
勤めた料理人である。
この場所は、以前「パリのビストロ」があったところです。

1040013.jpg

続きを読む “「ノガラッツァ」   大阪・西天満   イタリア料理”

投稿者 geode : 05:03

2008年04月18日

「祇をん ちんねん」   京都・祇園   割烹

夕方から伊丹の「AIホール」でダンスを見て、そこから編集者のS女史と京都に向かう。

かねてから気になっていた「祇をん ちんねん」へ。

まずは蛍烏賊とおくらに菜の花です。

1039969.jpg

旬の食材を頂く。この時期、蛍烏賊は方々で供される。酢味噌の具合よろしく、季節を満喫という感じです。

続きを読む “「祇をん ちんねん」   京都・祇園   割烹”

投稿者 geode : 04:17

2008年04月17日

「エヴァンタイユ」   京都・宝ヶ池   フランス料理

午前中は「桜の茶会」です。
緊張の中、お濃茶、お薄を頂きました。

1039938.jpg

その後、座敷で「瓢亭」さんの点心が供されました。流石です。
しっかり堪能しました。

1039933.jpg

それから宝ヶ池のフランス料理店「エヴァンタイユ」に向かいました。
東京からカメラマンの今清水隆宏さんとランチを兼ねた打ち合わせです。というのですが、
久し振りなので、お互いの情報交換や、食に対するそれぞれの思いや、仕事に取り組む姿勢など
エキサイティングな時間でした。

続きを読む “「エヴァンタイユ」   京都・宝ヶ池   フランス料理”

投稿者 geode : 03:16

2008年04月16日

「パイナップル」   大阪・北新地   鉄板ステーキ

週末の夜、流通関係のオーナーと会食。
大阪北新地に昨年開店した「パイナップル」、鉄板ステーキの店です。

シェフの大日敬史さんは、帝国ホテルの鉄板焼出身。ソムリエの村岡弘文さんと二人のスタッフです。

店内はシックな造りで落ち着いて言葉を交わしながら食事は進んでゆくのです。

前菜が出ました。細やかな仕事です。
シマアジと竹の子のタルタル 白海老とアボカドとホワイトアスパラガス

1039916.jpg

まさに季節を表現した皿。プレゼンテーションも見事です。気分がわくわく。

続きを読む “「パイナップル」   大阪・北新地   鉄板ステーキ”

投稿者 geode : 02:33