2018年02月28日

「HARAKAWA」 大阪・堺・中国料理

知人からずっとすすめられていた堺の中華料理店「新中華 HARAKAWA」にようやく訪れることができた。

18022817-copy.jpg

18022818-copy.jpg

平日のランチ、にもかかわらず満席状態。50席のレストラン。これには驚きを覚える。
駅からも距離は少しあり、メインの道路からも少し入ったところにもかかわらずである。

続きを読む “「HARAKAWA」 大阪・堺・中国料理”

投稿者 geode : 01:33

2018年02月27日

「なにわ翁」 大阪・西天満・蕎麦

西天満は骨董屋さんが多い通りである。
裁判所が近いこともあり法曹関係のオフィスも多い。
北新地から御堂筋を挟んで東側。
まだまだ飲食店は少ないが、ここ数年個性派が増え、大人の街という感じが強く漂う。

その中にあって人気の蕎麦屋「なにわ翁」。
蕎麦好きならピンとくるかもしれないが、「翁」というのは蕎麦屋の大看板である。
かつては信州にあり、そこから広島に移り「達磨」と名前を変え、
現在は大分に店を構える傍、全国に蕎麦行脚に出かけるという。
その「翁」で修業をし、名前を使うことを許されたのが「なにわ翁」である。
基本は二八蕎麦だが、数量限定で十割蕎麦も打つ。

この日は二人。
相手が少し酒を嗜むので、やきみそから始まる。
18022717-copy.jpg

香ばしさとカリッと当たる食感の楽しみ。

続きを読む “「なにわ翁」 大阪・西天満・蕎麦”

投稿者 geode : 01:18

2018年02月26日

「グリル グリーン」 京都・祇園・洋食

京都・祇園の洋食店「グリル グリーン」。
以前は木屋町にあったが、数年前祇園に移転、カウンターのみの店となった。
メインは牛肉だ。
希少な部位を仕入れ、マスターと話しながら調理法を決めて行く醍醐味が素敵だ。
基本はコース料理である。

18022678-copy.jpg

21時を過ぎるとアラカルトで注文することができる。
この日は、大好物の卵サンドとカレーライスをお願いした。

続きを読む “「グリル グリーン」 京都・祇園・洋食”

投稿者 geode : 01:00

2018年02月21日

「CASA JULIAN」 スペイン・トローサ・スペイン料理

サンセバスチャンから車で約20分、トローサという街にあるレストラン「CASA JULIAN」。
ここは熟成リブロース肉を炭火で焼くことで名高い。

18022154-copy.jpg

18022123-copy.jpg

18022127-copy.jpg

店内に設えられた炭火の炉。
そこに熟成された牛肉がどんと乗る。
たっぷりの塩が打たれる。
この姿を見ただけで、胃袋が素直に反応する。

続きを読む “「CASA JULIAN」 スペイン・トローサ・スペイン料理”

投稿者 geode : 01:05

2018年02月20日

「Restaurant ARZAK」 スペイン・サンセバスチャン・スペイン料理

サンセバスチャンは美食都市である。
ここには3軒のミシュラン三つ星レストランがある。
その一軒「Arzak(アルザック)」でランチだが、食事をした。

突き出しから
赤い餃子はエビ。
18022031-copy.jpg

これで気分が高まる。

続きを読む “「Restaurant ARZAK」 スペイン・サンセバスチャン・スペイン料理”

投稿者 geode : 01:54

2018年02月19日

「Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ)」 スペイン・バスク・薪料理

前回訪れのが2009年。
今や「世界のベスト50」でトップ10に入るレストラン。

18021979-copy.jpg

18021980-copy.jpg

18021982-copy.jpg

ビルバオからタクシー約1時間で到着する。
二階のテーブル席で7名の食事だ。
ここは、薪を燃やし、それを熱源として調理をする。
今回はどのような料理が供されるのかワクワク状態であった。

続きを読む “「Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ)」 スペイン・バスク・薪料理”

投稿者 geode : 01:44

2018年02月16日

「ビルバオバル巡り」 スペイン・ビルバオ・バル

パリからビルバオに移動。
ホテルに到着すると先発隊から
「先ずはヌエバ広場のGURE TOKIに行きましょう。ヌエバ広場に着いたら連絡下さい」との連絡あり。
ホテルからぶらぶら歩いてヌエバ広場へ。
ここは回廊になっていて、そこにバルが点在している。

先発隊と合流。
まずはGURE TOKIに。満員、大盛り上がり。
18021635-copy.jpg

18021639-copy.jpg

18021642-copy.jpg

18021644-copy.jpg

気になる料理を次々に注文となるのだが、今宵はバル巡り。
2-3皿に抑え、シェアをしながら次第に周りの様子と馴染んでゆく。
ピンチョスをサーブする人たちの笑顔がいい。
元気な様子が伝わってくる。
簡単な料理なのだが、印象に残る。

続きを読む “「ビルバオバル巡り」 スペイン・ビルバオ・バル”

投稿者 geode : 01:46

2018年02月14日

「Le Relais de Venise」 フランス・パリ・ステーキ専門店

30年以上通っているステーキハウス。
パリで最も訪れた回数が多いレストラン。

この日も、午前中ピカソ美術館で「ピカソ1932-エロティックな年代」という展覧会を観て、今まで以上にピカソに敬意の念を抱く。
充実した1年間の作品や出来事を時系列に並べた、画期的かつ意欲的な作品展。
この1年はピカソにとっても、大きな転換期でもあったようだ。

その後、ポルトマイヨー駅近くの「Le Relais de Venise」に向かう。
日曜日の昼ということもああり、やはり店頭には行列。
ここは一切予約を取らないシステム。
常に満席状態が続く。30年以上、同じ状態というのがすごい。
こちらは5名、およそ20分ばかり並び席に着く。

席を采配するのはマダムである。
彼女が席を全て決めてゆく。
だが、オーダーなどのサービスは別の女性が担当でである。
食べ終わった食器を片付け、ぺーパーのテーブルクロスを変え、そこにナイフフォーク、グラスを置く。
この流れに全く無駄はない。
黒い服に白いエプロン姿の女性が動く。
ここでは男性従業員の姿を見たことがない。

オーダーはステーキの焼き加減と、飲み物のみ。
僕はミディアムレアを注文。
ワインはボルドー サンテミリオンの赤。
あとは到着を待つだけ。

まずはサラダが届く。
18021480-copy.jpg

クルミが乗ったサラダもずっと変わらず。
これを食べ、ステーキを待つ。

続きを読む “「Le Relais de Venise」 フランス・パリ・ステーキ専門店”

投稿者 geode : 01:41

2018年02月14日

「Les Enfants Rouges」 フランス・パリ・ビストロ

日本人シェフ 篠塚大さん。
北マレ地区の一画にビストロ「Les Enfants Rouges」がある。
18021591-copy.jpg

小さなカウンターとテーブル席。
すっかり満席状態。夜は2回転は確実ということ。
店内の盛り上がりが素晴らしい。
ここの食事を楽しみにする人たちが集まる。

続きを読む “「Les Enfants Rouges」 フランス・パリ・ビストロ”

投稿者 geode : 01:13

2018年02月13日

「LE CLARENCE」 フランス・パリ・フランス料理

関西国際空港からの出発が2時間強の遅れ。
パリからの到着便に遅れが出たからだ。
機中では4本映画を鑑賞。

到着後、予約をしていたレストランに直行となった。
「LE CLARENCE」である。

5年ほど前に突如として閉店した人気レストラン「La Bigarrade」のシェフ・Christophe Pelé クリストファー・ペレさんが3年前に、復活した。
ここはボルドー5大シャトーワイン”Château Haut-Brion”(シャトー・オー・ブリオン)を所有するClarence(クラランス)家の個人宅である。

まずは3階のサロンで食前酒とアミューズ。
まさに「エレガンス」という雰囲気が漂っている。

グリッシーニ。
18021305-copy.gif

続きを読む “「LE CLARENCE」 フランス・パリ・フランス料理”

投稿者 geode : 01:39