2016年10月31日

「モリ商店」 大阪・西天満・カレー

カレーは不思議である。
定期的に胃袋が欲する。
それがスパイスのきいたカレーであったり、洋食屋のカレー、ときにはカレーうどんのときもあれば、ついパン屋でもカレーパンを選んだりする。
そして、いったんカレー味になると後戻りはできない。
それも突然、カレーの声が聞こえてくるのだ。

大阪・西天満はカレーの激戦区である。
その中の一軒「モリ商店」。

16103145.jpg

続きを読む “「モリ商店」 大阪・西天満・カレー”

投稿者 geode : 01:26

2016年10月28日

「草如庵」 長野・東御市・日本料理

鹿教湯温泉の宿「三水館」に泊まり、翌日の昼、玉村豊男さんが営むヴィラデスト経由で「草如庵」という日本料理店に昼食。

古民家をうまくリノベートした「草如庵」。
16102840.jpg

16102843.jpg

入り口からして期待が高まる。
この季節は、やはりキノコ鍋である。

5種類以上のキノコに、鴨を加えた蓮根のつみれが入る。
味わいが濃密。地の恵みをたっぷり吸い込んでいるのが舌の上に乗っかった瞬間に分かるぐらいだ。
この季節、この場所でないと味わうことができない体験だ。
加えて蓮根のつみれが大きな感動を呼ぶ。
蓮根のねばりに鴨の力強さが食べ手の気分をくすぐる。
いやあ、大満足の鍋であった。

続きを読む “「草如庵」 長野・東御市・日本料理”

投稿者 geode : 01:43

2016年10月27日

「三水館」 長野・鹿教湯温泉・宿

今日は信州の宿である。
松本からクルマで約30分、鹿教湯温泉の宿「三水館」。
最初に訪れたのは10年以上前のこと。
以来数回訪問しているのだが、その都度新たな発見がある。

部屋に入ると自家製のお菓子がある。
土地の産物を使った小さなタルト。気分がほぐれる。
16102710.jpg

続きを読む “「三水館」 長野・鹿教湯温泉・宿”

投稿者 geode : 08:11

2016年10月26日

「ガニュ・パン」 大阪・中津・パン

「あまから手帖」の編集部は大阪・中津にある。
その近くにフランス料理店がある。

16102636.jpg

「ガニュ・パン」だ。オーナーシェフは難波さん。
かつてレストラン「シェ・ワダ」で働いていた料理人。
ときおりランチで訪れる。この日もランチであった。
シェフは職人という佇まいで、モクモクと料理を作る。
その姿勢というか空気感が、客席では美味に変わる。

続きを読む “「ガニュ・パン」 大阪・中津・パン”

投稿者 geode : 01:48

2016年10月25日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理

16102592.jpg

「京、静華」宮本静夫さんの料理を食べると、気持ちが豊かになる。
御年65歳。常に深化と進化の痕跡を感じる。
いまも、縁のある料理人さんたちと勉強会を続ける。それもまずは中国語の理解から始まる。そして古典料理の再現と進化を学ぶ。数度、現場を垣間見たのだが、学ぶ姿勢というか、宮本さんの一言一句を聞き逃さないという雰囲気が伝わってきた。
中国料理の現在過去未来を鳥瞰するようなコースの組み立てに、豊かさを感じるのである。豊かさを提供するには知識と経験と智恵などが備わってこその世界観だとおもう。
宮本さんの料理は、優しい。しかし、記憶にずっととどまっている。
一緒に食べた仲間と語らいが生まれる。
数日はその余韻を楽しむことができるのだ。

続きを読む “「京、静華」 京都・岡崎・中国料理”

投稿者 geode : 01:43

2016年10月24日

「The French Blue フレンチブルー」 大阪・天満橋・フランス料理

6名の会食。女性3名、男性3名である。
この食事の数日後、同席した元シェフから「フランス料理を食べる愉しみを味わった。だんだんフランス料理を楽しむ男性が少なくなってきた」という便りを受け取った。
確かに、僕の年齢になると和食へのリクエストが増えてくる。
またはイタリアンとなるのだ。

この日のメインは赤ワインソースである。
これをコースに組み込んで欲しいというのがリクエストであった。
そのための赤ワインを知人が持ち込んだ。
最近、しっかりしたソースの料理を味わう機会も減少した。
そのソースの料理を味わいたいとのこと。
この日を迎えるまでに知人と元シェフは数回、この店に足を運んだという。
それだけソースに対する思いが深いのだ。

16102493.jpg

続きを読む “「The French Blue フレンチブルー」 大阪・天満橋・フランス料理”

投稿者 geode : 01:23

2016年10月21日

「黒杉」 大阪・北新地・寿司

「北海道のブリを10日間低温熟成させました」とご主人の黒杉章宏さんは特有の笑顔で話した。

16102185.jpg

口に入れるとブリの身のほどけ方が明らかに違う。
弾力というより、最後の生きる喜びを謳歌するようなしなりを感じたのである。
黒杉さんは「ちょうど、いい頃だと思います」と。
これは魚の生態、状態をきちんと極めてこそ実行可能であり、経験と自信に裏打ちされたものでないと握れない一品だと思う。
この一品と出会ったことが、嬉しかったのだ。

続きを読む “「黒杉」 大阪・北新地・寿司”

投稿者 geode : 01:40

2016年10月20日

「The Chairman」 香港・中環・中国料理

中環と上環の間、やや奥まったところ、かつ地味な佇まいなので、少しわかりにくい感じはある。
店内は活気があり、満席であった。
少し日本語が話せるスタッフが、メニューを説明してくれた。
598ドルのコースにする。

16102017.jpg

続きを読む “「The Chairman」 香港・中環・中国料理”

投稿者 geode : 01:02

2016年10月19日

「イルチプレッソ」 京都・祇園・イタリア料理

大阪・南森町から祇園に移転し、一年が過ぎた。
すっかり祇園の地に馴染んだような感じを受ける。
高島朋樹シェフは「ここでしかできない料理を目指す」と話し、以前の料理とはコンセプトは同じだが、表現スタイルは祇園という地にふさわしい。

16101915.jpg

続きを読む “「イルチプレッソ」 京都・祇園・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:57

2016年10月18日

「富小路やま岸」 京都・富小路六角・日本料理

いま、京都で話題を集める割烹の一軒。
「富小路やま岸」は、懐石の心を尊びながらも、新たな世界を生み出そうとする勢いを感じる。

16101849.jpg

入り口からやや長いアプローチがあり、そこでも期待感が高まる。
16101850.jpg

店内はカウンターのみ。

続きを読む “「富小路やま岸」 京都・富小路六角・日本料理”

投稿者 geode : 01:39