2017年07月31日

「イノダコーヒ」 京都・三条堺町・コーヒー

僕がコーヒーを初めて意識したのは、小学校6年生の夏休みのこと。
札幌に住む同い年のいとこが関西にやってきて、兄が二人を京都・三条堺町の「イノダコーヒ本店」に連れていってくれのだ。
本店でも、新館ではなく旧館のほうであった。旧い洋館。そこに働く人達はすべて男性であった。
まさに大人の店という感じが充満していた。

そこでオーダーしたのがアイスコーヒーであった。

続きを読む “「イノダコーヒ」 京都・三条堺町・コーヒー”

投稿者 geode : 01:52

2017年07月28日

「紅紅火火」大阪・茨木・中華料理

元フランス料理の巨匠から号令がかかり食いしん坊が集まった。

料理長気合の入ったメニューの登場となった。

フカヒレの刺身。
17072824.jpg

タマネギと黒酢のエスプーマで食べる。

最初からインパクトのある献立。

続きを読む “「紅紅火火」大阪・茨木・中華料理”

投稿者 geode : 01:17

2017年07月27日

「おさむちゃん」 大阪・堺・焼肉

東京からの肉好きを始め、関西焼肉の女王など食い意地の張った仲間大集合。
「おさむちゃん」が焼く肉とパフォーマンスを求めて集まった。
まさにおさむちゃん劇場。約二時間強の楽しみ。
一日3回転というスケジュールをこなすおさむちゃんの体力にも驚く。

まずはキムチの盛合せから始まるが、キムチもさることながらおさむちゃんの表情の豊かなこと。
17072777.jpg

これもチーズが入ったり オリジナルティあふれるものばかり。

続きを読む “「おさむちゃん」 大阪・堺・焼肉”

投稿者 geode : 01:25

2017年07月26日

「和ごころ泉」 京都・烏丸仏光寺・日本料理

夏になると食べたくなる食材の一つに鮎がある。
鱧も同様だが、鮎は種々の提供方法があり、その違いも興味深い。
最近は日本料理だけでなく、フレンチ、イタリアン、中華の世界でも工夫を凝らした鮎の料理が登場するのが面白い。
「和ごころ泉」を訪れるのは、ここの鮎の焼き方が見事だから・・。

突き出しは、汲み上げ湯葉、雲丹、トマト、レンコン。
17072615.jpg

柔らかな酸味が暑気払いの感覚につながる。

続きを読む “「和ごころ泉」 京都・烏丸仏光寺・日本料理”

投稿者 geode : 01:19

2017年07月25日

「鮨よし田」 京都・祇園・寿司

「鮨よし田」が祇園に移ってから初めてである。
店内はシックにカウンターと小上がり、そして2階に個室。
さまざまな要望に応える体制が整った。
大きな違いは、寿司飯だ。
赤酢がきっちりときくようになった。

最初は少し料理が出る。
この季節のじゅんさい。
17072599.jpg

すっきり気分が和らぐ。

続きを読む “「鮨よし田」 京都・祇園・寿司”

投稿者 geode : 01:23

2017年07月24日

「チェンチ」 京都・岡崎・イタリア料理

男性6名で定期的に集まる「男会」。
建築家がいれば噺家、製造業など多彩である。
今回は京都・岡崎の「チェンチ」となった。
個室である。好きな話題に興じることとなった。

「チェンチ」の坂本健シェフは、イタリア料理を作っているが本人は京都の料理を作っているという意識のほうが強い。というには和から影響を受けた「うま味」を重視し、その生かし方も秀逸である。

また町家を改造したものだが、二階にはいまだ大家さんが住んでいるので天井を触ることができない。
空間の広がりがほしいので、なんと地下を掘ったというわけ。
そこから生まれた空間の心地よさも大きな魅力になっている。

スタートはお決まりのペルシュウ。
17072482.jpg

岐阜県「ボンダボン」というハム工房の逸品である。
生ハムの味わいを知るには貴重。

続きを読む “「チェンチ」 京都・岡崎・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:15

2017年07月18日

「京都和久傳」 京都・京都駅・日本料理

京都駅ジェイアール京都伊勢丹11階の飲食街にある「京都和久傳」。
週末などは300名余のお客さんが押し寄せるという。

17071806.jpg

続きを読む “「京都和久傳」 京都・京都駅・日本料理”

投稿者 geode : 01:03

2017年07月14日

「リストランテ野呂」 京都・二条・イタリア料理

6月13日、およそ1ヶ月前にオープした「リストランテ野呂」。
シェフの野呂和美さんは「ホテルグランヴィア京都」や「洋食おがた」で仕事を重ねたのちの独立。
二条駅近くである。
1階がカウンター、2階が個室という造りになっている。

基本のメニューはアラカルトからのチョイス。
店からの先付けは、人参のスライスサラダ。
17071453.jpg

軽い酸味と甘味のバランスで食欲が活発になる。

続きを読む “「リストランテ野呂」 京都・二条・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:46

2017年07月13日

「シャンボール」 大阪・リーガロイヤルホテル・フランス料理

ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会というものがある。

「ラ・シェーヌ・デ・ロティスール協会は、素晴らしい料理とワインの真価を認める、世界中の料理人や美食家達からなる、伝統と格式を持った国際美食団体であり、騎士団です。その本部はフランス・パリにあります」とサイトにはこう書かれている。

その関西支部に属し、食事をする。この日は、カジュアルな宴で休日のランチであった。
場所は、大阪中之島「リーガロイヤルホテル」の「シャンボール」というレストラン。メニューは懐かしのムッシュ・松本のカレーであった。
このカレーは「ガーデン」とかつてのフランス料理のレストランでランチ時に供されていた。よく食べた記憶がある。

スタートは
ウナギ・フォアグラ・茄子のテリーヌ 山椒風味。
17071341.jpg

サイズは小さいが、それぞれの味わいがきちんと分かる。
インパクトありの一品。

続きを読む “「シャンボール」 大阪・リーガロイヤルホテル・フランス料理”

投稿者 geode : 01:13

2017年07月12日

「そば切り 岳空」 大阪・空堀・蕎麦

今月23日発売の「あまから手帖」は「蕎麦、鰻、天ぷら」の特集である。
江戸の名物と言われてきたこの3種の料理が、いま関西では熱い状況を迎えているという内容だ。

確かにその動きは活発である。
蕎麦屋の数もどんどん増え、関西の蕎麦という独自の世界を築いているのだ。
空堀商店街を谷町筋から東に入ったところに最近のれんを掲げた「そば切り 岳空」。

17071247.jpg

17071249.jpg

続きを読む “「そば切り 岳空」 大阪・空堀・蕎麦”

投稿者 geode : 01:40