2018年04月27日

お休みのお知らせ

いつも門上武司のおいしいコラムをお読みいただき
ありがとうございます。

明日(4月28日)より5月6日まで、
コラムはお休みとさせていただきます。

5月7日より再開いたしますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 geode : 09:20

2018年04月27日

「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理

半年ぶりである。
昨秋は赤ワインソースの会であり、じつは今回も同様の赤ワインソースの会であった。
男性3名、女性3名の宴である。

18042776-copy.jpg

続きを読む “「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理”

投稿者 geode : 01:02

2018年04月26日

「かわくち」 大阪・谷町9丁目・寿司

「かわくち」と書いて「かわぐち」と読む。

18042643-copy.jpg
濁るのは良くないと、この文字を書かれた加藤静允さんからのメッセージである。

店内の「花」という文字は、陶芸家の辻村史朗さん。
18042642-copy.jpg

「かわくち」は少し前まで「原正」があったところだ。
主人の川口智司さんは、「原正」で7年間修業を重ねた料理人である。
「原正」の世界をどこまで継承し、自らの世界をどう打ち出すか。
同じ場所で営むというプレッシャーは相当だと思うが、
川口さんの力量は十分にそれを跳ね返す力があると思う。

続きを読む “「かわくち」 大阪・谷町9丁目・寿司”

投稿者 geode : 01:35

2018年04月25日

「鮨 みずかみ」 東京・千代田区・寿司

「次郎」さんで長く修業した人が独立した、と知人からの情報を得た。
食いしん坊仲間と出かけた。
場所は、東京都千代田区一番町。
凛とした佇まい。まだ、木の香りが漂う感じだ。
清潔感と静けさが安心感につながってゆく。

18042568-copy.jpg

昼間の握りのみのコースとする。
握りだけというのが潔くていい。

江戸前の伝統を受け継ぐ。
寿司飯の酸味はしっかり。
寿司の姿はシャープである。
姿も美味の条件であることを再び認識する。

続きを読む “「鮨 みずかみ」 東京・千代田区・寿司”

投稿者 geode : 01:16

2018年04月18日

「円かの杜」 神奈川・箱根・宿

先日泊まった友人から
「あそこはいわゆる旅館の料理とは明らかに違う」と連絡が入った。
箱根強羅の「円の杜」という宿のことだ。
年に数回泊まりにゆく。夏は合宿と称して男性5人が好きなCDを持ち寄る。

この日は、料理人と一緒であった。

先附
カリフラワームース 鯛白子 柳松茸
18041868-copy.jpg

ムースの舌触りにうっとり。

続きを読む “「円かの杜」 神奈川・箱根・宿”

投稿者 geode : 01:52

2018年04月17日

「小ばやし」 大阪・梅田・とんかつ

もう45年ぐらい前のこと。
仕事を始めた頃、放送局の先輩に連れて行ってもらったのがきっかけ。
阪急東中通りに面した小さな店であった。そこから近くの小さなビルに入った。
そこで長年営みを続けていたが、いつのまにか閉店。残念だなと思っていると、数年前に茶屋町に復活した。
この「小ばやし」、僕がもっとも多くとんかつを食べた店かもしれない。

18041791-copy.jpg

資料を見ると、1930年代に大阪・難波でとんかつ専門店を開業。
1945年空爆でやむなく閉店。1947年になんと神戸元町で再開。
その後1959年に大阪の堂山町に移転、1979年初代の孫の中村直介さんが三代目を継承し、
2012年諸事情で閉店したが、復帰を願う声も多く2016年に再開である。

続きを読む “「小ばやし」 大阪・梅田・とんかつ”

投稿者 geode : 01:22

2018年04月16日

「渡邊カリー」 大阪・北新地・カレー

「渡邊カリー」初体験。
前から気になっていた一軒。仲間のコピーライターと訪れる。
夜である。
コピーライターは、ハイボールを注文。
僕はスパイスとんかつカリーを頼む。

そこに野菜のピクルス、スパイシーなよだれ鶏をプラス。
18041677-copy.jpg

18041680-copy.jpg

これが前菜代わりとなる。
よだれ鶏は、四川料理のそれとは全く異なるテイスト。
これの刺激的な味わいは、辛みと香りの融合がお見事。

続きを読む “「渡邊カリー」 大阪・北新地・カレー”

投稿者 geode : 01:08

2018年04月13日

「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理

東京からの客人とともに。
店主・新井さんのクリエイティブな世界観にいつも圧倒される。
韓国料理がベースにあり、そこからの自由な発想が軽々と飛翔する。
これは新井さんの探求と発見の賜物と言って過言ではない。
独特の嗅覚と経験によって構築される世界に魅せられる。

スタートはいつものナムル15種。
18041325-copy.jpg

スナップエンドウ
セロリ
ミツバ
豆もやし
クレソン
ニンジン
韓国カボチャ
ミョウガ
ナスビ
加賀太キュウリ
金針菜
マコモダケ
春菊
ジャガイモ
万願寺唐辛子
野菜を食べるスタイルとして非常に優れている。

続きを読む “「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理”

投稿者 geode : 01:47

2018年04月12日

「半蔵」 大阪・西大橋・焼肉

肉好きが3人集まった。
ここは伊賀牛をふんだんに食べさせてくれる店である。
一人が常連らしく「今日はオレの食べ方にしたい!」ということなった。

春を告げる菜の花の前菜。
18041279-copy.jpg

続きを読む “「半蔵」 大阪・西大橋・焼肉”

投稿者 geode : 01:22

2018年04月11日

「エルクコーヒー」 大阪・西天満・コーヒー専門店

この「エルクコーヒー」は、様々な人たちが集まる。
器は北欧を代表する STIG RINDBERG ステッグ・リンドベリ デザインが多い。
ブルーとレッドの アダムとイブ シリーズ。

18041139.jpg

ブルーはオリジナル。レッドは復刻版。
サイズも手触りも明らかに異なる。

ずらりと並ぶステッグ・リンドベリ プロダクツ。
18041146.jpg

好みによってカップを選ぶことができる。
といいながら、僕はいつもアダムとイブシリーズのブルー。

コーヒーと同時にトーストを頼むことが多い。
18041148.jpg

コーヒーはシナールマンデリン。
18041152.jpg

やはりこの苦味に魅せられる。
ここまで深煎りなのに、このすっきり感は見事としかいいようがない。

この日は終始器の話題で盛り上がる。

「エルクコーヒー」
大阪市北区西天満4-6-5 イヅツビル 1F
06-7651-4036

投稿者 geode : 01:42