2009年03月31日

「世界一の朝食」 神戸・神戸北野ホテル・フランス料理

3月26日から28日まで、「にっぽん丸神戸クルーズ」でした。

27日は、「神戸北野ホテルの朝食」です。
このクルーズの企画として、
「神戸北野ホテル」の朝食とアフターヌーンティーが供されるのです。

朝食メニューは、フランスの三ツ星レストラン「ラ・コート・ドール」の
メニューを、オーナーシェフのベルナール・ロワゾーさんより贈られたものです。

これは「スモール・ラグジュアリー・ホテル協会」から
「世界一」の称号を与えられたものです。
そこには厳しい採点項目があり、
その難関をくぐり抜けたのが、このメニューだったのです。

テーブルには、ずらりとグラスやプレートが並んでいます。

09033163.jpg

続きを読む “「世界一の朝食」 神戸・神戸北野ホテル・フランス料理”

投稿者 geode : 02:41

2009年03月30日

「じき宮ざわ」 京都・四条堺町・日本料理

この日は、同級生や建築家、飲食関係の人など5名で、
「じき宮ざわ」に訪れました。3名は初めてです。

先付けは、一寸豆にホタルイカ、白魚、車海老に黄身酢。岩もずく。
季節を表す献立です。
優しく料理はスタートしました。

09033029.jpg

続きを読む “「じき宮ざわ」 京都・四条堺町・日本料理”

投稿者 geode : 02:52

2009年03月30日

お知らせです

          京都・お茶屋の女将に学ぶ
            美しい日本の暮らし
          〜京の歳時と季節の料理〜

         %E6%9D%89%E3%81%8D%E3%81%BF-10.jpg

僕はここ数年、食の旅人です。国内各地のみならず、海外にも足を伸ばし、
彼の地の料理人、生産者とお会いする機会を多く持たせていただいています。
さまざまな新しい発見、出会いを通して、ますます食の重要性をひしひしと
感じています。

先日、縁あってバスク・ビルバオ市のスローフード協会からのオーダーで、
ビルバオの料理人と京都の料理人をつなぐ仕事をしました。
彼らにとって京料理の世界は深遠で魅力溢れるものだったようです。
京都の料理屋で一週間研修し、その成果を発表する。素敵な料理が誕生しました。
世界の最先端を疾走する料理人も「京都」という街の力には、心から感服した
ようでした。

そんな「京都」の料理人を、じつは支え、お互いに情報交換を繰り返し、
成長を続けているのが「お茶屋」の存在。その女将さんは、類い希なる
コンシェルジュであり、ネットワークの広さと緻密さ、これは世界に
通用するホスピタリティの表れなのです。

とはいえ、普段はなかなか伺い知ることのできない世界。
その「お茶屋」という未知なる世界を通して、京文化の神髄に触れながら、
日本人として「清く美しい暮らし方・生き方」をともに見つめ直して
いきたいと考え、京都・宮川町のお茶屋『杉きみ』の女将を講師に迎える
料理・文化教室を東京で開催します。

会場は、長年の知己を得て尊敬する、パリを拠点に活躍する料理研究家の
上野万梨子さんが昨年、東京・田園調布に開かれた『アトリエ・リブレ』です。

今回、僕達が企画するこの『杉きみ』のおかあさん・杉本幸子さんの講座は、
その京都の深遠なる世界を知る糸口です。単純に料理やしきたりを学ぶのではなく、
おかあさんの哲学を知ることでもあり、京都の文化に触れる貴重な機会だと考えています。

是非とも、ご参加くださり、京都を身近なものとしてお近づきになりたいものです。

株式会社ジオード
有限会社門上武司食研究所

門上武司

【講座詳細ご案内】
上野万梨子さんの『アトリエ・リブレ』ホームページでご紹介をいただいています↓
http://www.rizble.jp/pdf/090318_rizble.pdf

【上野万梨子『アトリエ・リブレ』ホームページ】↓
http://www.rizble.jp/

投稿者 geode : 01:00

2009年03月27日

「くすの木」 大阪・堂島・季節料理

事務所は、大阪の堂島です。
ランチ時、周辺の飲食店は結構満員状態です。

その中の一軒「くすの木」です。
先頃から厨房に知人が入りました。
森田龍彦さんです。
彼は「浪速魚菜の会」のメンバーでもあり、また農業の研究家でもあります。

その店のランチは、日替わりで二種類です。

09032717.jpg

続きを読む “「くすの木」 大阪・堂島・季節料理”

投稿者 geode : 06:15

2009年03月26日

「エヴァンタイユ」 京都・岩倉・フランス料理

東京在住のアートディレクターと編集者二人、計四名で
京都・岩倉のフランス料理店「エヴァンタイユ」でランチです。

前菜は帆立に原木椎茸、辛味大根の組み合わせ。
シェフの森谷之雄さんのスタイル全開の料理です。
原木椎茸の味が濃厚。

09032613.jpg

続きを読む “「エヴァンタイユ」 京都・岩倉・フランス料理”

投稿者 geode : 01:41

2009年03月25日

「日本料理 山玄茶」 京都・祇園・日本料理

京都・祇園に滋賀県からやってきた「日本料理 山玄茶」が出店し、
2年の歳月が流れました。
以前水口で営んでおられた時代に、仲間と訪れたことがあったのです。

2周年を記念しての会食です。

まず胡麻豆腐が出ました。
汲み上げ湯葉にウニ、割り醤油がかかっています。
独特の粘度が特徴です。
ご主人の増田伸彦さんは、滋賀の名料亭「招福楼」出身。
ここの胡麻豆腐も定評ありですが、時代によって粘度が異なるのです。

09032589.jpg

続きを読む “「日本料理 山玄茶」 京都・祇園・日本料理”

投稿者 geode : 02:45

2009年03月24日

「アルバーチョ チャイナ」 京都・四条河原町・中華料理

京都・四条河原町下がる。
小さなビルの二階。
エレベーターを降りると、扉は無くそこはすでに店内である。

カウンターとテーブルが二つ。こぢんまりした造り。
四川料理をベースに様々な献立が並んでいます。

よだれ鶏を見つけたので、注文しました。

これは四川の代表的な鶏料理。
四川風の辛味を利かせたソースがかかります。
ここのはごくごくシンプルで、鶏にそのソースのみ。
野菜などが加わることなし。潔く旨い料理です。

09032461.jpg

続きを読む “「アルバーチョ チャイナ」 京都・四条河原町・中華料理”

投稿者 geode : 02:04

2009年03月23日

「グランメゾン グラシアニ」 神戸・北野・フランス料理

数ヶ月に一度食事をする仲間がいる。
別名「広域暴飲暴食団」とも呼ばれ、各地で旨い店を発見しては
随時分科会が催されるというわけです。

この日は組長に若頭揃い踏み、そこに構成員の僕が加わり、
あとは料理、ワイン好きの同好の士が集まったのです。

あらかじめワインは数本持ち込み済み。
それを参考に、グラシアニの森永正宏シェフはメニューを組んでくれたのです。

「グランメゾン グラシアニ」は異人館通りにあるレストラン。
建物も雰囲気も関西には珍しい存在です。

09032309.jpg

続きを読む “「グランメゾン グラシアニ」 神戸・北野・フランス料理”

投稿者 geode : 02:45

2009年03月19日

「和CAFE 代々屋」(だいだいや) 島根県・津和野・カフェ

ある雑誌の取材で島根の津和野に行ってきました。
僕達の年代近くは「アンノン族」です。
したがって萩・津和野というセットでその知名度は大したものです。

ところが、20才代になると、
津和野という存在を知らない人のほうが圧倒的に多いと聞きます。
それはどうやら確かなようです。

津和野駅前のカフェ「代々屋」(だいだいや)という店に入りました。
店頭に「オーガニックコーヒー」という文字があり、
それが気になっていました。
店内には若き女性が一人で切り盛りしています。

09031966.jpg

続きを読む “「和CAFE 代々屋」(だいだいや) 島根県・津和野・カフェ”

投稿者 geode : 02:29

2009年03月18日

「kezako」 京都・祇園・フランス料理

京都祇園の南端にあるフランス料理店「kezako」(ケザコ)。
シェフはパンテル・ステファンさん。
店を開いて2年余が経つ。
この日は、フランス料理のシェフとソムリエなど4名で会食である。

まずは、
黒みつでマリネした鯛にリンゴ、ポン酢のムース、アンディーブにクルミ。
考えればどれも素直な組み合わせ。
このポン酢のムースが果たす役割は大きい。

09031823.jpg

続きを読む “「kezako」 京都・祇園・フランス料理”

投稿者 geode : 02:03