2008年05月30日

「COICHI & second J」   大阪・本町   パティスリー&イタリア料理

高校の同級生が、写真展を見に来てくれました。
会場のカフェに午後6時集合だったのですが、
僕が遅れ、本町の「COICHI & second J」という店に
直接行くことになりました。ここは山下順 さんというシェフが、
泉南から大阪市内に戻り5月1日に開店したばかりです。
メンバーは僕を入れて4名です。

カメラマン、陶芸家、主婦という面々。
年に何回か集まっては、食べ、飲み、喋る仲間です。
といいながら、僕の出席率が極端に悪く、
今回も僕の写真展がきっかけといいながら、遅れてしまいました。

アミューズは
泉州の地タコ、岸和田の無農薬きゅうり、
モッツアレラチーズの温製サラダ。チーズの存在感ありです。

1041301.jpg

続きを読む “「COICHI & second J」   大阪・本町   パティスリー&イタリア料理”

投稿者 geode : 04:49

2008年05月29日

「し乃」   京都・先斗町   居酒屋

京都の夏、鱧の季節がやってくる。梅雨時を超えた鱧がおいしくなり、
それが松茸の取れる秋まで続く。

鱧しゃぶ、焼き霜、ぼたん鱧など数多も食し方があるのです。
韓国産がいいとか、やはり淡路島の沼島がいいなど、
毎年話題が盛り上がるのです。
炭火で焼くのがいちばんなど、焼き方にも料理人の個性が現れます。

さて、京都の先斗町と木屋町。
どちらも南北、平行の通りです。その間を路地がつなぐ。
もちろん通り抜けできない路地もあるのですが、
ここに結構旨い店があるのです。

「し乃」もその一軒です。カウンターと小さなテーブルのみ。
こじんまりした店です。
カウンターの上には大鉢がならび、京都らしいおばんざいです。
そこから好きなモノを選ぶ。
自らの胃袋と相談しながら、献立を決めてゆくわけです。

1040851.jpg

続きを読む “「し乃」   京都・先斗町   居酒屋”

投稿者 geode : 09:33

2008年05月28日

「遊形 サロン・ド・テ」   京都・姉小路   サロン

京都の名旅館「俵屋」のプロデュースとなるサロン・ド・テです。
古い町家を改造し、見事なまでの意匠、当主の感性と感覚の良さが、
滲み出ている設えです。
開店は、昨年の末でした。
行かなくては思いつつも機会を持つことができなかったのです。
ようやく京都偏愛ライター&編集者の関谷江里さんと、
久し振りに会うことになり、足を運ぶことになりました。

奥に進むと中庭を望むカウンターやゆったりくつろげる椅子席など、
自由自在の店内です。優雅な空間です

1041235.jpg

続きを読む “「遊形 サロン・ド・テ」   京都・姉小路   サロン”

投稿者 geode : 01:40

2008年05月27日

「鮨 原正」   大阪・谷町9丁目   寿司

元「あまから手帖」編集者で現在ロンドン在住のジャーナリスト・清水直子さん。
このサイトで海外「食」レポートの原稿を書いてもらっています。
彼女の「ファットダック」の原稿は、シェフが英訳してジャーナリストに
配りたいという内容です。
そんな彼女が一旦帰国していたので、一緒に食事をすることになりました。
さんざん迷ったあげくの末、寿司を選びました。

大阪・谷町9丁目にある「鮨 原正」です。
和食の経験豊かなご主人の世界を堪能しました。

1041034.jpg

続きを読む “「鮨 原正」   大阪・谷町9丁目   寿司”

投稿者 geode : 04:25

2008年05月26日

「ピッコロジャルディーノ」   京都・四条大宮   イタリアン

京都四条大宮上ル。小さなイタリア料理店「ピッコロジャルディーノ」です。
入り口すぐの右側がキッチン、
そこにつづくカウンター8席、奥がテーブル席です。
常連になると、キッチンにある狭いカウンターで立ち呑みとなるようです。
つまり、いろいろな愉しみ方が可能な店なのです。

1041000.jpg

続きを読む “「ピッコロジャルディーノ」   京都・四条大宮   イタリアン”

投稿者 geode : 02:36

2008年05月23日

「大豊ラーメン」   京都・木屋町   ラーメン

京都木屋町から細い路地を入る。やや分かりにくい場所です。
黒豚チャーシュー専門店と書かれた黄色い暖簾が目を引きます。
チャーシュー麺を食べようと最初から決めて、ここを訪れたのです。

1040978.jpg

続きを読む “「大豊ラーメン」   京都・木屋町   ラーメン”

投稿者 geode : 01:58

2008年05月22日

「鮨 中広」   神戸・兵庫   寿司

「鮨 中広」神戸・兵庫・寿司

何年ぶりだろう。「鮨 中広」が現在の場所に移転したのは平成12年のこと。
それからしばらくして数回訪れました。
今回は「あまから手帖」の連載ページのロケハンです。
金曜日の夜、編集者と二人でカウンターの隅に腰をおろし、
約一時間ほどの滞在です。この場所が良かったんです。
ご主人・中広伸次さんの胸板が非常に厚いのです。
これは原稿に関係するなと感じました。「あまから手帖」8月号です。

昼網で上がったハリイカ、淡路のゴマサバ、舞鶴のトリガイ、
葉ガツオを切ってもらい、
鱧とフルーツトマトのあんかけで、突き出しは終了です。

そこからにぎりに移りました。

1040791.jpg

続きを読む “「鮨 中広」   神戸・兵庫   寿司”

投稿者 geode : 02:52

2008年05月21日

「京 静華」   京都・岡崎   中華料理

この4月20日に開店した中華料理店です。
以前は浜松で長年中華料理店を営んでおられました。
僕も、ずっと前に「三鞍の山荘」という宿を取材する途中に食したことがあります。
浜松に住む友人の紹介でした。

その友人から4月に「あの「静華」が京都に移転です。
私は、どこで中華料理を食べればいいのでしょう」というような内容のメイルです。
不覚にもそのニュースは知らなかった。
すると「菊乃井」の村田吉弘さんからも同じことを聞いた。

この「京 静華」は、5月9日の公開したピッツェリア「ダ ユウキ」の二階です。
店の名前を示すものは二階にしかありません。
ホント、ひっそり営業をしているという感じなのです。

いまのところ営業は夜間のみ。それもおまかせのコース(8000円)だけです。

まず、
メロンのシャーベットに白キクラゲの小さなカップが出てきます。
料理の始まりをつげるサインですね。

1040770.jpg

続きを読む “「京 静華」   京都・岡崎   中華料理”

投稿者 geode : 01:34

2008年05月20日

「湯乃上館」   島根・奥出雲   温泉宿

雑誌「ソトコト」7月発売の8月号。
連載「スローフードな宿」の取材で奥出雲の温泉宿「湯乃上館」に出かけました。

出雲湯村温泉、唯一の温泉宿です。

温泉は、非常にすっきりとした湯です。身体も心も軽くなるようです。
じっくり何回も入りたくなるのです。

ご主人は西村満幸さん。大学卒業後、京都の料理屋を皮切りに修業を重ねた人です。
とにかく研究熱心で、話し好き。
この日も晩ご飯が終わってからおおよそ三時間ほどいろいろなことを話しました。

料理は、見かけは田舎料理ですが、技と味は冴えています。

1040733.jpg

続きを読む “「湯乃上館」   島根・奥出雲   温泉宿”

投稿者 geode : 04:47

2008年05月19日

「和ごころ 泉」   京都・四条新町   和食

じつは、この店を訪れるのは二度目です。といっても前回は、
友人と予約の日を間違っていて定休日に店の前までやってきたのでした。
以来、約一月振りの再訪です。

場所は、京都の四条新町下る。
以前フランス料理の「マルセイユ・グルモンド」があったところ。
全く印象は異なるのです。

店内は座敷の個室が2室と6席のテーブル席でカウンターはないのです。
座敷で食しました。

1040835.jpg

続きを読む “「和ごころ 泉」   京都・四条新町   和食”

投稿者 geode : 02:51