2017年01月31日

「グリルフレンチ」 京都・小川通・洋食

やみつきの味である。
定期的に食べたくなる味。
ここ「グリルフレンチ」のカニクリームコロッケだ。
カニコロッケの面構えがいい。
今にもはちきれんばかりの表情をたたえる。

17013151.jpg

ナイフを入れたときの弾力も申し分ない。
中が見えると優しいクリームがナイフにつく。
フォークで食べる。
蟹の濃厚な味が一気に口の中を占領する。
添えられたソースも混じると、一口ずつ味が変わる。
何度もこの店を訪れるが、必ずオーダーするのだ。

続きを読む “「グリルフレンチ」 京都・小川通・洋食”

投稿者 geode : 01:24

2017年01月30日

「京、静華」 京都・岡崎・中華料理

京都の中華料理は興味深い。
香辛料をあまり使わない京風中華料理という存在は、いまもしっかり京都の街に根をおろし、多くの人々に支持され続けている。
そこに新たな動きが目立つ。広東や四川、北京といった従来の中華料理のジャンルを踏まえながらも作り手の個性を確実に反映させた料理が増えてきた。
その嚆矢ともいえるのが岡崎にある「京、静華」だ。

65歳を超えるご主人の宮本静夫さんとそのパートナー・恵子さんのチームワークの良さは素晴らしい。若いスタッフもこの二人の世界をきっちり伝える仕事振りである。

この日は帆立の香り揚げ、唐辛子風味の泡から始まった。
17013039.jpg

唐辛子風味の泡が帆立の甘味を引き上げてくれる。

続きを読む “「京、静華」 京都・岡崎・中華料理”

投稿者 geode : 01:19

2017年01月27日

「ちょうちん」 大阪・都島・焼肉

焼肉の女王「いかりん」さんからお誘い頂き、念願の「ちょうちん」に。
都島、この近くに「やすだ」というしゃぶしゃぶの名店があり、以前からずっと気になっていた一軒である。

17012743.jpg

17012744.jpg

猛者連中が集った。

スタートはタンとセンマイから。
17012747.jpg

センマイのきれいなこと。すっきりした味。
タンは粘りつくうま味の塊だ。

そしてここの名物ヘレステーキ。
17012751.jpg

17012754.jpg

なんとこれで3000円という値段。

ご主人がすべて調理を担当。いい具合に焼けてくると鋭利な包丁でカットしてもらえる。
17012757.jpg

17012759.jpg

あとは争うようにして食べる食べる。
ヘレ肉の甘味と香りに圧倒されたのであった。

続いて
ツラミ
ハラミ
上ロース
上バラの登場だ。
17012762.jpg

17012763.jpg

17012765.jpg

17012766.jpg

タレ焼きで途中で白ご飯を頼む者が続出。
17012769.jpg

17012771.jpg

17012774.jpg

火元を囲み、どんどん会話は弾み、気分が高揚してゆく。

もう一度ヘレ肉を焼き、黒トリュフが並んだ。
17012776.jpg

17012777.jpg

17012778.jpg

ヘレ肉とトリュフの邂逅に一同うっとり状態となる。

締めは上ミノを半生状態で食べたのだが、この食感が想定外の旨さであった。
17012780.jpg

鄙にも稀なと、表現したくなる一軒であった。

「ちょうちん」
大阪市都島区大東町2-9-15
06-6923-4616

投稿者 geode : 01:27

2017年01月26日

「このは」 大阪・本町・日本料理

久しぶりの「このは」である。
新しい女性スタッフが増えていた。
女将さんと二名の女性。
この日はカウンターではなく座敷で4名。

甘鯛の蕪蒸し。
17012649.jpg

寒い時分には身体がじんわり温まる優しい料理だ。

続きを読む “「このは」 大阪・本町・日本料理”

投稿者 geode : 01:19

2017年01月25日

「Foujita」 大阪・福島・創作料理

1月15日 福島で開店した「Foujita」。
蕎麦・料理・お酒「藤乃」の2号店である。
17012526.jpg

17012527.jpg

オーナーが河内鴨に惚れ込み、それを使いながらも蕎麦からの発想でガレットを供するお店をオープンさせたというわけだ。
カウンターと個室あり。
この日はカウンターでワイワイと!

続きを読む “「Foujita」 大阪・福島・創作料理”

投稿者 geode : 01:17

2017年01月24日

「燕 en」 京都・八条口・日本料理

京都駅の南側・八条口に近い「燕 en」。

17012437.jpg

前を通りかかったところ、料理長の田中さんがお客さんを送り出しているところに遭遇。これは一人なら大丈夫と店に入る。
知り合いが何人か楽しそうに食事をしていた。
店内の空気が柔らかい。これは、「燕」の大きな特徴だ。

続きを読む “「燕 en」 京都・八条口・日本料理”

投稿者 geode : 01:02

2017年01月23日

「MOTOI」 京都・富小路二条・フランス料理

新年早々の「MOTOI」。
室内に新春の飾りもあった。静謐な雰囲気が漂っていた。

17012373.jpg

17012376.jpg

お題は「新年の寿ぎ」だ。

続きを読む “「MOTOI」 京都・富小路二条・フランス料理”

投稿者 geode : 07:17

2017年01月20日

「麩屋町 うね乃」 京都・麩屋町押小路・おでん

おだしの「うね乃」さんが、うどんやに続く第二弾、おでんやさんを開店したのが昨秋のこと。
麩屋町通りを御池通から北へ。右側に雑居ビルが見える。
1階の奥に「麩屋町 うね乃」という小さな文字がドアにかかっている。

17012045.jpg

デザインは木島徹さん。木を基調に土壁や漆喰などを巧みに使う建築は、料理店やバーなど作品は多い。うね乃さんのうどんやさんも木島さんの仕事だ。
今回は、初めてコンクリートを使った仕事が伺える。

続きを読む “「麩屋町 うね乃」 京都・麩屋町押小路・おでん”

投稿者 geode : 01:50

2017年01月19日

「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理

のれんに落書き。
木村英輝さんの作品である。
ストレートでインパクトありだ。

17011902.jpg

名物・柚子風呂にはカニとピスタチオ。ほっこりと料理が始まる。
17011904.jpg

てっぱいはあん肝。これは気分が高揚する。
17011905.jpg

コッペ蟹。昨年末の料理です。
17011908.jpg

添えられたのはすぐきというのが大渡さんらしい。

椀物は白味噌仕立て。なんと椀種はフカヒレ。
17011910.jpg

鶏の出汁に干貝柱、干し海老とうまいもん大集合だ。

氷見の寒ブリは、現地で締め、3日間寝かせた味わい深い。
17011913.jpg

海老芋は富田林から。一度揚げてから出汁を含ませる。
17011915.jpg

ほろりとうれしくなる食感。

鳩には山椒醤油。クルトンはクワイ。
17011917.jpg

餅のおもゆ。この発想がなんとも楽しい。

松葉ガニを抱くいつものポーズ。
17011921.jpg

17011923.jpg

蟹も食べ方も千差万別。

炊きたてのご飯はアルデンテ。
17011924.jpg

17011925.jpg

こんな香の物がそろうとついおかわりだ。

かにのエキスを含んだ雑炊には脱帽状態となる。
17011927.jpg

わらび餅で安心感がみちてゆく。
17011929.jpg

抹茶で終了。
17011932.jpg

年末ぎりぎりに楽しい時間が過ぎていった。

「祇園 大渡」
京都市東山区祇園町南側570-265
075-551-5252

投稿者 geode : 01:47

2017年01月18日

「楽味」 京都・祇園・日本料理

コースではなくアラカルト。
少しずつだが、このスタイルの日本料理店が増えている。
割烹本来の姿といえるのだが、かつての割烹スタイルとはまた異なる。
そんな時、椀物を頼むことが少ないのが不思議である。

昨年末に訪れた記録。
京都の街に冷たい風が舞っていた。

その日の先付けはすっぽんの玉締め。
17011827.jpg

生姜がきいた味わいは身体を温める。これはうれしい一品である。

続きを読む “「楽味」 京都・祇園・日本料理”

投稿者 geode : 01:32