2014年12月26日

「一碗水」 大阪・堺筋本町・中華料理

14122654.jpg

「一碗水」の師走は、上海蟹の師走である。

こんな感じで上海蟹が用意される。

続きを読む “「一碗水」 大阪・堺筋本町・中華料理”

投稿者 geode : 00:04

2014年12月25日

「そば kitchenとき」 大阪・北新地・そば

北新地の「とき」という蕎麦屋の二号店が生まれたという情報。

同じく北新地にあり。

9月開店というでの訪れた。

いまは昼間の営業はやっていなく、夜のみ、だが午前3時まで。

いわゆる蕎麦屋で酒を飲むというスタイル。

なかなか関西では、そのスタイルが定着しなかったが、
近頃はかなり蕎麦屋で一杯という人たちが多くなってきた。

まずは、かぶら寿司。
14122539.jpg

続きを読む “「そば kitchenとき」 大阪・北新地・そば”

投稿者 geode : 01:06

2014年12月24日

「センプリチェ」 京都・中書島・イタリア料理

6名の食事会。

だれもが飲食に関わる仕事。
僕以外は、この「センプリチェ」初体験である。

ここ数年、興味ある料理人に何人も出会ったが、
その中でも強い印象を残してくれたのが
「センプリチェ」の西山哲平さん。

素材と向き合い、徹底的に試作を繰り返し、
また次の階段を上ってゆく。
そんな感じをうける。

この日も集まったメンバーはテンションが高かった。

カウンターに座り、厨房内を凝視する。

料理が完成するごとに「あっ!」や「凄い」
「そんな組み合わせをするんや」など言葉が飛び交う。

続きを読む “「センプリチェ」 京都・中書島・イタリア料理”

投稿者 geode : 01:19

2014年12月22日

「さんさか」 京都・御池間之町・コーヒー専門店

毎年、事務所の忘年会でスタッフ全員
「今年食べたものベスト5」を発表する。
僕のベスト5で、ここ「さんさか」の
フレンチトーストがランクインした。

というのは、これまでもここのフレンチトーストは
相当なレベルであったが、
今年になりパンを変えたことで、
そのクオリティは驚くほど上がった。

このフレンチトーストはかなり分厚い。
14122273.jpg

続きを読む “「さんさか」 京都・御池間之町・コーヒー専門店”

投稿者 geode : 01:16

2014年12月19日

「タイガー餃子会館」 京都・四条烏丸・餃子

餃子は定期的に食べたくなる。

街で餃子という文字を見ると、つい入ってしまうことがある。

旅に出るとその傾向は強くなる。

毎月、カメラマンとの決まった旅では、その頻度が増す。

四条烏丸で出会った「タイガー餃子会館」。

ランチだ。

続きを読む “「タイガー餃子会館」 京都・四条烏丸・餃子”

投稿者 geode : 01:13

2014年12月18日

「溢彩流香(イーサイリューシャン)」 高槻・摂津富田・中華料理

本当に久しぶりだ。

料理は脆く危ういものと思うことが多いけれど、
この「溢彩流香」の料理を食べると、
じつの質実剛健という感じをうける。

オーナーのリンさんが、小さな厨房に入る。

鍋をふる手つき、火を調節する姿は、
ときには大胆、ときには確信的である。

潔さ、迷いのなさなど、
そのストレートな気持ちが皿のおもいっきり盛り込まれるのだ。

続きを読む “「溢彩流香(イーサイリューシャン)」 高槻・摂津富田・中華料理”

投稿者 geode : 01:47

2014年12月17日

「藤多」 大阪・北新地・河内鴨

先月のこと。
北新地の「藤多」という料理屋で
河内鴨と松茸の饗宴を楽しんだ。

14121773.jpg

続きを読む “「藤多」 大阪・北新地・河内鴨”

投稿者 geode : 01:06

2014年12月16日

「やまが」 大阪・野田阪神・串カツ

串カツを初めて食べたのは、中学生の時であった。

同級生とジャンジャン横丁の「八重勝」。

「二度漬けごめん」の世界に驚きながも、
すごいなと思った記憶がある。

それから創作クシなど多彩な串カツに出会ってゆくのだが、
定期的に串カツを食べる「串カツ同盟」仲間がいる。

お互い「そろそろ串カツ行きますか?」という言葉で、
関西の串カツ屋かなり巡っているのだ。

この日は、相手の選択であった。

続きを読む “「やまが」 大阪・野田阪神・串カツ”

投稿者 geode : 01:04

2014年12月15日

「RYORIYA Stephan Pantel りょうりや ステファン パンテル」 京都・柳馬場丸太町・フランス料理

この春、独立を果たしたステファン・パンテルさん。

祇園の「ケザコ」でシェフを勤めた後である。
流暢な日本語を喋リ、大原や静原まででかけ野菜を仕入れる、
などしっかり地元の料理人や生産者と結びついているのだ。

日本人が日本でフランス料理を作るのと、
フランス人が日本でフランス料理をつくる。
それぞれの意味合いは異なるはず。

続きを読む “「RYORIYA Stephan Pantel りょうりや ステファン パンテル」 京都・柳馬場丸太町・フランス料理”

投稿者 geode : 01:52

2014年12月12日

「可否屋 葡瑠満」 青森・弘前・コーヒー専門店

12月10日・11日と弘前取材。

11日の朝、ホテルで朝食を済まし、
毎度のことながら此の地のコーヒー店に向かう。
調べておいた「可否屋 葡瑠満」。

14121241.jpg

続きを読む “「可否屋 葡瑠満」 青森・弘前・コーヒー専門店”

投稿者 geode : 01:15