« | メイン | »

2013年09月05日

「比良山荘」 滋賀・比良山麓・日本料理

「ラ・シェーヌ・デ・ローティスール協会」という
食いしん坊が集まる世界的な会があります。
その例会が「比良山荘」で開催されました。
130905145.jpg

この日は大阪からバスを仕立て、
約30名の食いしん坊が「比良山荘」の鮎を求めてやってきたのです。

始まりは前菜。
130905995.jpg

  子持ち鮎の熟れ寿司
  ミョウガのお寿司
  ゴリ、川エビ
  イノシシのロース肉など

土地の食材がうまく散りばめられています。
気分がワクワクします。

向付けは
130905006.jpg

  鯉のあらい、
  鮎の生寿司、
  そうめんカボチャ。

鯉もじつにピュアな味わい。

岩手の早松の吸い物。
130905010.jpg

松茸の香りはなんともインパクトあり。
うっとりです。

鮎の塩焼きにシャンパーニュです。
130905021.jpg

この焼き色のすごさ。

130905030.jpg

頭から尻尾まで食べられる焼き方です。
130905040.jpg

迫力があります。

うるか。
130905047.jpg

鮎の内臓です。
酒のアテには見事な一皿。

琵琶湖の天然鰻が入ったようです。
130905059.jpg

クセもなくさっぱりとした味わいがいいですね。

再び鮎の塩焼き。
130905062.jpg

先程は3尾、今度は2尾です。

そして炊合せ。
130905074.jpg

締めは炊きたての鮎ご飯です。
130905099.jpg

ご主人が自ら骨などを外してほぐしてくれます。
130905109.jpg

なんとも贅沢。
130905114.jpg

「これで今年はもう鮎はいいや」というぐらいに鮎を食べました。
130905124.jpg

冬には「熊が素晴らしい」ということを話すと、
冬にも是非との声が上がっていました。
130905141.jpg

「比良山荘」
滋賀県大津市葛川坊村町94
077-599-2058

投稿者 geode : 01:14