メイン | 2005年9月 »

2005年8月31日

「アル・ケッチァーノ」山形・櫛引町 イタリアン

「BRUTUS」や「ソトコト」で気になっていた山形櫛引町のイタリア料理店
「アルケッチァーノ」に出かけた。

国道沿い、畑に「イタリア料理アル・ケッチァーノ」と看板は出てるわ、
店には大きな文字でイタリア料理と書いている。
もし、知らなければ扉を開くことのない店構えだ。

しかし、店内の様子は一変する。
カウンター上の黒板には旨そうな文字が踊る踊る。
120_0159.jpg
ランチだがシェフにおまかせ10000円のコースにした。

↓庄内浜で揚がったわらさ(天然のはまち)のオリーブオイルと塩。
123_0161.JPG

まるでリンゴのような甘さがあり、スタートから快調。

↓石鯛とウィキョウのスパゲッティ。
124_0163.jpg

ウィキョウの香りが利いている。

↓ホウボウとミニトマト。
126_0164.jpg

トマトの甘さが強烈でホウボウと互角の勝負。

↓岩牡蠣のモロヘイヤソース。
129_0166.jpg

モロヘイヤの粘りとトマトと粒マスタードで、岩牡蠣が旨くなることこの上なし。
また甘鯛の炙りもソースとの相性よし。

↓甘鯛の松傘焼きには水菜のリゾットが添えられていた。
130DSC_0169.jpg


和食のテクニックを見事に生かした逸品。

↓フォアグラのソテー。
132DSC_0171.jpg

フォアグラの上にはトウモロコシの髭のフライが乗り、トウモロコシのピュレが添えられる。
甘みの相乗効果が見事。

↓サザエと小松菜のスープ。
134_0174.jpg

コリコリとした食感と小松菜の青みの利いた味わいがいい。 

↓由良の車海老とウニのクリームソーススパゲティ。
137DSC_0176.jpg

車海老の甘さは絶妙だが、ウニにやや火が入りすぎていたのが少しだけ残念。

↓山形牛のイタリアンタルタル。
138DSC_0177.jpg

さっぱりあっさりという印象が強いタルタルだが、脂分が上品で牛の香りがあるからこそ。

↓プレノワールとジャガイモのオーブン焼き。
139DSC_0178.jpg

肉質弾力あり、かつ肉汁たっぷりという素晴らしいプレノワールであった。

↓桃のコンポートとゼリー、シャーベット。
141DSC_0180.jpg

桃を三種の調理法で食べさせるのだが、
岡山などの桃とは全く異なる硬い食感が興味深い品種だ。

↓だだちゃ豆と豆乳のにがり豆腐。
142DSC_0181.jpg

これは傑作であった。豆腐の柔らかさのあとのぷりっとした
だだちゃ豆のこくのある甘さがいい。 


あと、写真がないのだが・・

だだちゃ豆のシャーベット。
これには仕掛けがあり、だだ茶豆の過去に戻りたければ味醂を垂らし、
未来を知りたければ十年古酒を振り掛ける。
この差が如実に分かり面白い趣向であった。

奥田政行シェフは、庄内の食材を愛し、生産者をこまめに訪れる。極論すれば庄内
にどんな食材が、どのような成長過程かを熟知しているともいえる。

鄙にも稀、奇跡のリストランテと呼ぶに相応しい出会いであった。

「アル・ケッチァーノ」
山形県東田川郡櫛引町下山添一里塚83
0235-78-7230

投稿者 geode : 22:24 | コメント (0)