« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月30日

「魚菜料理 縄屋」 京都・京丹後市・日本料理

先日の日曜日、
舞鶴から宮津、丹後半島一周という旅に出かけました。
何軒かで食したのですが、
晩御飯は「魚菜料理 縄屋」という料理屋。

3年ほど前に開店です。
開店早々に『あまから手帖』旅特集で取材をしたことがあります。
その際は、別の担当者が訪れていました。
よって僕は初めての「縄屋」です。
ここ1〜2年、いろんな人から話題は聞いていました。


テーブル席とカウンター。

10043075.jpg
このすっきりした空間が実にいいのです。
落ち着きます。


仕事は料理人の吉岡幸宣さんと
奥様が二人で対応です。

10043078.jpg
野菜はお母さんが作られるとのこと。


店内、カウンターの背にある器の棚。

10043085.jpg
ラインナップを拝見するだけでも
これからの食事に期待できます。


自家製のジンジャエールを飲みました。

10043087.jpg
適度な辛さと酸味が良いです。


蛍烏賊に生のアサリ、若布に山ウド。
10043091.jpg
生のアサリが旨さ充溢です。


椀物はエンドウ豆腐にバイ貝の葛たたき。
10043095.jpg
茗荷がたっぷり。
エンドウ豆腐は春の香りを運びます。


造りはアカメフグにエイです。
10043001.jpg
エイの造りは初めてです。
独特の食感があります。
ねっとりとしっとりの二重奏。
旨みものっています。


10043097.jpg
ポン酢と醤油の二種で。


続いて
吉岡さん手造りの炭火で焼かれた海鮎が登場しました。

10043006.jpg
味わいは優しいのですが、きちんとほろ苦さもあり。

10043008.jpg
これは貴重な一品です。


そこに竹野酒造の杜氏・行持佳樹さんが
「亀の尾蔵舞」と「錦蔵舞」という酒を持って登場です。
10043014.jpg
後者の方が料理との相性良しでした。
清酒や食事の話で盛り上がりました。


タコとワラビです。
10043016.jpg
ワラビはしっかり叩いてありました。
この食感と味わいのハーモニーが見事でした。


黒海老と百合根とコリアンダーの天ぷら。
10043021.jpg
コリアンダーが利いて素晴らしい。
もう一つ食べたいぐらいです。


筍、ひろうす。
10043025.jpg


白御飯に
10043028.jpg

10043029.jpg

漬物。
どちらも素敵なおいしさ。感動ものです。


最後に
10043035.jpg
蓮根もちにヨモギのアイスです。


よどみなく料理がサーブされ、良い時間の流れでした。
また仲間を誘ってゆきたいと思わせる一軒です。
10043073.jpg

魚菜料理 縄屋
京都府京丹後市弥栄町黒部2517
0772-65-2127

投稿者 geode : 11:09 | トラックバック

2010年4月28日

「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理

昨年・夏に開店し、
その認知度が高まってきた「祇園 大渡(おおわたり)」。


10042814.jpg

大阪の「津むら」という割烹店で修業をした料理人です。


蛍烏賊、薫煙をかけた琵琶湖の鱒、
ホワイトアスパラ、こごみ、黄身酢がかかっています。

10042816.jpg
艶っぽい突き出しです。


一寸豆のお浸し。これが良いですね。

10042819.jpg
生姜の香りが効いています。
春を感じさせる一品ですね。


琵琶湖の鮎の唐揚げにのびるの天ぷら。

10042821.jpg
鮎はやさしくほろ苦さがあります。


穴子の蒸し寿司。振り柚子です。

10042829.jpg
穴子の旨さがふんわりと口の中に広がってゆくのです。
これは「津むら」さんを思い出す献立。
しかし、旨い。


和歌山の鯛。

10042830.jpg
舌に乗っかる力が強いと感じる味わい。
良いです。


椀物はアブラメに原木椎茸、よもぎ麩です。

10042835.jpg
これも迫力のある一品です。


筍。

10042841.jpg
まさに春です。


のどぐろの焼き物には白髪ネギと葱坊主がかかっています。

10042842.jpg
焼き物は甘みと旨みの拮抗です。


締めにはすき焼き。

10042851.jpg
温度卵が良い仕事です。
なんとも憎いところを付いてきます。


そこに炊き立ての白御飯。

10042854.jpg
たまりません。


お代わりは卵かけ御飯です。

10042857.jpg
この卵、大原の山田農園です。
濃厚を通りすぎたような味わいです。
黄身が素晴らしい。


わらびもちに抹茶です。

10042860.jpg

10042862.jpg

大渡さん、すべてを一人で進行するのですが、
なんとも良い流れで充実した時間となりました。


祇園 大渡
京都市東山区祇園町南側570-265
075-551-5252

投稿者 geode : 12:02 | トラックバック

2010年4月27日

「さよこの店」 沖縄・石垣島・お菓子店

沖縄や石垣ではポピュラーなお菓子、
サーターアンダギー。


石垣島出身のライターに教えてもらった店です。
この外観、なんとも渋いですね。

10042744.jpg


まさに
さよこさんの手造りという感じが現れています。


サーターアンダギーには

10042788.jpg
 プレーン
 ドラゴンフルーツ
 シナモン
 紅芋
 バナナ
 ヨモギ・ニガナ
 黒糖  

の種類があります。


これらが午前中、順番に出来上がるのです。
初日は午後に訪れたのでシナモンと

10042748.jpg
紅芋を買いました。

10042752.jpg
冷えていましたが、
そのふんわりとしたした食感と

10042756.jpg
やさしい甘みのバランスに驚きました。

「これは旨い」

材料は、小麦粉とベイキングパウダーに砂糖です。


翌日は午前中に行きました。
揚げたての暖かいサーターアンダギーは、
かなりの旨さです。

こうして全種類を購入。

10042791.jpg

10042790.jpg

自宅で温め直すと
また8割ぐらいの旨さが蘇ってきました。


10042792.jpg

さよこの店
沖縄県石垣市登野城170
0980-83-6088

投稿者 geode : 15:27 | トラックバック

2010年4月26日

「島の食べものや 南風(ぱいかじ)」 沖縄・石垣島・食堂

石垣島には食堂が多いのですが、
今日紹介する「島のたべものや 南風」も
食堂テイスト満載の一軒です。

取材に来る前に、知り合いから聞いた店なのです。

夜9時ごろでしたが、満席状態です。
流行っている店です。

10042639.jpg


付だしは、島らっきょです。

10042624.jpg
コリッとした歯応えがあり、
そのあとの旨みがいいですね。


ジーマーミ豆腐のから揚げです。

10042630.jpg
ジーマーミ豆腐とは「地豆豆腐」と書き、
ピーナッツを使った豆腐のことです。
胡麻豆腐のピーナッツ版ということです。
コクが素敵でした。


グルクンのから揚げ。

10042632.jpg
沖縄・石垣ではポピュラーな魚。
関東ではタカサゴと呼ばれる魚で、
小ぶりの鯵に形は似ています。
サクッとした仕上がりです。


アーサの天ぷら。

10042633.jpg
アオサノリのことです。
天ぷらにすると旨いですね。


麩チャンプルです。

10042635.jpg
やさしい味付けです。


海ぶどう。

10042637.jpg
甘みありです。


じつによく流行っている店で、
お客さんが途切れることがないのです。
島の食べ物を満喫するのには
非常にありがたい存在です。

10042640.jpg


島の食べものや 南風(ぱいかじ)
沖縄県石垣市大川219
0980-82-6027

投稿者 geode : 14:32 | トラックバック

2010年4月23日

「いちば食堂」 沖縄・石垣島・食堂

昨日の「のりば食堂」に続き、
石垣島の公設市場最上階・3階にある
「いちば食堂」です。

10042387.jpg

カメラマンのハリー中西さんと
アシスタントのちゃんぷの3人です。


僕は八重山そばと野菜の天ぷらの2品を。

八重山そば。

10042373.jpg
豚と鶏、野菜でだしを取り、
醤油などで味を調整したスープがかなり濃いです。
練り物の天ぷらと豚肉が良いアクセントとなっています。


野菜はオオタニワタリとアダンの天ぷらです。

10042376.jpg
オオタニワタリが緑の葉。
独特の粘りとコクがあります。
アダンはパイナップルに似た植物で筍のような食感と味わい。
オオタニワタリはシダ類。
石垣島で供されるのは、
シマオオタニワタリおよび
ヤエヤマオオタニワタリという品種のようです。


ハリーさんは、

10042382.jpg
焼肉定食です。
ご飯などは別に付いています。


ちゃんぷが

10042381.jpg
トンカツ定食。

公設市場で地産のものを見るのも楽しみです。
そこでは豚の顔面をそのまま燻製にしたものなどが
販売されていたりして、相当に楽しめるところですね。

いちば食堂
沖縄県石垣市大川208
あやぱにモール内 石垣市公設市場3階
0980-88-6118

投稿者 geode : 10:52 | トラックバック

2010年4月22日

「のりば食堂」 沖縄・石垣島・食堂

今週の月曜日・火曜日と石垣島に行ってきました。
雑誌の取材ですが、気温はなんと28℃です。
着ていったシャツを半袖のポロシャツに変えての取材です。


石垣空港に到着し、レンタカーを借りました。
最初、つまり昼ごはんは「のりば食堂」です。
バス乗り場の前にあるから、この名前です。
良いですね。
石垣には「◎◎食堂」という飲食店がやたらと多い。
これは二日間石垣にいて、
何軒の「食堂」という看板を見ただろう、ということです。


ソーキ&三枚肉そば。

10042253.jpg
ここのそばはウコンが練りこんでいます。
三枚肉が結構濃厚で、
スープの味が濃くなってゆくのです。
麺はしっかり目。


三枚肉丼。

10042256.jpg
この上に乗ったゴーヤーが印象的です。
三枚肉は御飯との相性よし。
これが日常食なんでしょうね。


ゴーヤーちゃんぷる。

10042257.jpg
ゴーヤーに豆腐、豚肉、卵ですね。
これは思ったよりあっさり味です。


石垣島について直行した店は、
いかにも石垣という風情を漂わせていました。
この外観がなんとも旅情を誘います。

10042264.jpg


のりば食堂
沖縄県石垣島登野城619
0980-82-7745

投稿者 geode : 11:28 | トラックバック

2010年4月21日

「芙蓉園(ふようえん)」 京都・河原町四条・中華料理

京都・河原町四条を下がり、
東に入ったところにある
中華料理店「芙蓉園」です。

ランチメニューがかなり充実していて
選択の幅も結構あります。


春雨のサラダ。

10042173.jpg
やや甘酸っぱい味わいが食欲を刺激します。


スープです。野菜たっぷり。

10042174.jpg
椀に入っているので、
和食の椀物のような印象を受けますが、
味わいはかなり濃厚です。

ミニチャーハン。

10042176.jpg
しっかり炒めてあります。御飯はパラパラ。

酢豚。これも甘酸っぱいの極致。

10042178.jpg
王道の献立ですね。
酢豚のファンが多いのも納得がゆくような味わいです。

鶏のから揚げ。

10042181.jpg
下味の付いた鶏はカラッと揚がり、
香ばしさと旨みのハーモニー。

シュウマイが2つ。

10042182.jpg
これも安定した味わい。


中華料理もジャンル、スタイルともに
いろいろなタイプが登場するのです。
創作中華の魅力も素敵ですが、
ときにはこの「芙蓉園」のような定番メニューが
しっかりと美味しいというのは、
食べる側の安心感に繋がってゆきます。

シンプルながら、きちんとしている。
思えば、日常の食事で中華料理を選ぶ機会は多いはずです。
それも大衆中華と呼ばれるジャンルは
かなりの頻度で訪れているはずです。

10042185.jpg


芙蓉園
京都市下京区西木屋町通松原上る3丁目市之町240-1
075-351-2249

投稿者 geode : 11:21 | トラックバック

2010年4月20日

「祇園トゥット・ベーネ」 京都・祇園・ピッツェリア

京都・祇園のイタリア料理店
山口 正シェフの「リストランテ t・v・b」。

先月、ピッツェリアがオープンしました。

キャッチ・フレーズは
「京のおやきをイメージしました」というものです。

10042072.jpg


本日のサラダ。

10042054.jpg
生ハム、フルーツトマト、
水菜、モッツアレラチーズなど。


空豆の窯焼き。

10042057.jpg
空豆の甘みが強いです。

ボッタルガ。

10042059.jpg
カラスミですね。
小ぶりですが、
柔らかな塩味と旨みのバランスが素晴らしいです。


お豆腐のスープ。

10042062.jpg
豆腐の甘みをバジルの香りが引き立てます。


ピッツアは、ハーフ&ハーフでオーダー。
一枚目は
マルゲリータと生ハム&ルッコラです。

10042065.jpg
皮は予想したより柔らかな仕上がりでした。
基本のマルゲリータが美味。


二枚目は
ふきのとうと胡麻豆腐、
クァトロフォルマッジ・いんげん豆のソースです。

10042066.jpg
4種のチーズは濃厚ですが旨い。
手前のふきのとうと胡麻豆腐。これも素敵なタッグ。


ジェラートはバニラアイスと甘塩のアイスです。

10042069.jpg
この甘塩のアイス、
微妙な甘さと塩の出会いがいいですね。

町家を改装した一軒。
こじんまりとした店内で、居心地は素敵です。


またピッツァは、
季節によっていろいろな素材が登場するようです。

10042071.jpg


祇園トゥット・ベーネ
京都市東山区祇園町南側570-128
075-561-2203

投稿者 geode : 11:54 | トラックバック

2010年4月19日

「料亭 いか里」 大阪・北新地・日本料理

仙台の友人から短角牛のタンが届きました。

数年前に一度届いたことがあり、
北新地の「いか里」の料亭でそれを食したことがあります。
ここのご主人がタン好きということもあり、
再度お願いしたのです。


まずは、

10041906.jpg
筍などの前菜で始まりです。


牛の煮込み。

10041907.jpg
濃い味で旨い。


椀物というよりスープです。

10041909.jpg
濃度も結構あり。
ここまでは「いか里」さんの定番です。

短角牛のタンは、生からスタート。

10041911.jpg
タンの根元、やわらかい部分です。
ねっとりとした粘りに続く甘みが魅力です。
芥子と醤油で、甘みが強調!!

タンのステーキ。これにはやられました。

10041915.jpg
弾力ある食感を跳ね返す旨みの連続投球。
塩でも素晴らしい。コクが出ます。

ここで筍を挟むのが料理人の技ですね。

10041917.jpg
淡い味付けで、味覚のリセット。


続いて登場したのが
タンのステーキ、ブルーベリーソースです。

10041919.jpg
これも料理長の真骨頂。
果実の甘みと酸味が、タンとこれほどマッチするとは。
驚きでした。

締めはタン・シチュー。

10041921.jpg
どんどん攻めてきます。
一日は煮込んだのでしょう。
歯応えの奥に潜むタンの旨み。

夕方仕事を終え、なにも食べないつもりでしたが、
ミナミで「つけ麺」の店がオープンするので
そのレセプションに出席。3杯食べた後でした。
このつけ麺店「宮田麺児」といいます。
つけめん王子こと
「シャンプーハット」の宮田てつじさんプロデュースの店で、
これがまた旨いんです。


そして、この夜飲んだワインは2種類。

ヴュー・シャトー・セルタンの96年。

10041922.jpg

まだ若さを感じる味わい。
結構複雑な香りを感じました。


クスダ ピノ・ノワールの08年。

10041923.jpg
これは熟したジャムのような香りと味わい。
これは旨い一本です。


タンの風味。
改めてすべてに満足の一夜でした。


料亭 いか里
大阪市北区曽根崎新地1-6-12
06-6341-0741

投稿者 geode : 11:38 | トラックバック

2010年4月16日

「カハラ」 大阪・北新地・創作料理

三ヶ月に一度、
大阪・北新地の「カハラ」でお昼の会です。

久しぶりの参加です。

茶碗蒸しからスタート。

10041637.jpg
クチコ入りの贅沢な始まり。
胃袋、喜んでいます。


八寸。
干しなまこに鴨の心臓。
10041638.jpg

人参の鎖に生のホタルイカ、柚子の器にはイカナゴの新子。
10041639.jpg

タスマニアのマスのスモークに吉田牧場のカチョカバロ、
アスパラガス。
10041641.jpg


名物の十割そばにカラスミ。

10041642.jpg
塩分と旨みが絶妙です。


泉南・貝塚・水間の筍、生からそのまま焼きます。

10041645.jpg
えぐみ一切なし、甘みが強い。


アワビ入りのチーズ・フォンデュ。

10041648.jpg

ここには、「ブランジュリ タケウチ」のパンが付きます。

10041650.jpg
エメンタール、グリエールなどチーズの塩分とコクの成果あり。


チキン・コンソメは、35年間使いこんだ器で。
10041652.jpg
唇の触れる感じがたまりません。

そして
いよいよ終盤、ステーキ・ミルフィーユ。
10041653.jpg

こうして皿に取り、

10041658.jpg
伊賀牛5枚重ねです。


まずはワサビをたっぷり付けてくるんで食べるのです。

10041659.jpg
辛み無く香りのみ。牛の脂がキレイ。


10041663.jpg
ニンニクとおろしも素晴らしい。


二種類の肉のイメージを変えるためにか
10041655.jpg
サラダも美味。


今月の御飯は、アスパラガスに温度卵です。

10041665.jpg
自然と笑みがこぼれてきます。


デザートは亀ゼリー。

10041670.jpg
メロンにバジルです。


丹波の白小豆にコーヒー、プリン。

10041672.jpg
これが傑作です。


お茶は、

10041673.jpg
チャイ。

そこへ

10041674.jpg
木の芽にチョコレート。


この日は、特別に友人が花見団子を持ち込み、

10041677.jpg

10041680.jpg

お薄も頂きました。


ともあれ、
いつも創造的な料理をサーブされる
森義文さんの姿勢には感服です。

10041682.jpg

レストラン カハラ
大阪市北区曽根崎新地1-9-2
岸本ビル2階
06-6345-6778

投稿者 geode : 14:01 | トラックバック

2010年4月15日

「ル・フェドラ」 神戸・北野・フランス料理

「ジャン・ムーラン」出身・梅原崇人志さんが
オーナーシェフを務めるレストラン「ル・フェドラ」。
「ジャン・ムーラン」の元オーナーシェフや
ワイン好きなどが集まりました。

10041534.jpg


まずはコロッケからスタート。

10041501.jpg
中にフォアグラが入り、
トリュフ風味のジャガイモでコロッケを作る。
ソースもソース・ペリグーである。


帆立の貝柱にアワビ。パセリのソースです。

10041504.jpg
この帆立の火入れが素晴らしい。
ほんのり火が入り、甘みがぐっと増す・・。

パート・フィロに挟まれた、
ウニ、カニ、アスパラガスを
ミルフォイユ風にアレンジしたもの。

10041506.jpg
アスパラガスを使ったソースも美味。


甘鯛の松かさ焼き。

10041508.jpg
ホワイトアスパラガスにラタトュイユを加える。
ソースもがっつり。旨いですね。


メインは二種作ってもらいまいた。
牛頬肉の赤ワイン煮込と、

10041511.jpg

10041514.jpg

鴨の料理です
実はこの二皿のソースには、
フィジャックのセカンドとオーゾンヌが使ってあります。


デザートの始まりです。

10041528.jpg
メロンのスープですね。


モングランです。

10041529.jpg
アレンジが見事。


10041533.jpg
小菓子も並びました。


最後にこの日飲んだワインです。

10041516.jpg

10041517.jpg

10041518.jpg

10041520.jpg

10041521.jpg

10041522.jpg

10041523.jpg

10041524.jpg

10041525.jpg

ル・フェドラ
神戸市中央区山本通2-14-18 神戸マンション1F
078-252-8337

投稿者 geode : 11:59 | トラックバック

2010年4月14日

「助六」 岐阜・関市・蕎麦屋

奥飛騨の新平湯温泉の宿取材を終え、
岐阜県関市の蕎麦屋に向かう。

ちょうど正午。
名前は「助六」です。
もう何度も訪れているのですが、ここ2年ほどはご無沙汰。

岐阜の友人から
新しい献立が増えている、という情報が届いていました。


前日に電話を入れると
「ちょうど山菜がいっぱい入ってます」と

10041431.jpg

店主の小林さんが明るい声で対応してくれました。


テーブルに山菜がどっさり置かれました。

10041406.jpg
「ホントこの2〜3日のことです。
 それまで無かったですから」と。


まず山菜の先付け。

10041411.jpg
からし菜がすこぶる辛い。
「これは酒が要りますね」と同行のカメラマン、ハリー中西さん。

そばがきの天ぷらがきました。

10041413.jpg
これは旨みが充溢しています。
ねっとりとした食感も素敵。

山菜の天ぷら。

10041417.jpg
アズキ菜が旨いのです。
こしあぶら、蕗の薹、こごみ、たらのめ、筍など。
ほろ苦さが青みなど、
まさに春を告げる香りと味わい満載の一皿です。


釜あげそばです。

10041420.jpg
これがいけるのです。
少しねっとりした口当たりに甘みが混じるのです。

10041424.jpg
この釜あげそばがお気に入りとなったハリーさん。


続いて登場したのが
「円空なた切りそば」です。
少し薄めに打って、
それをまるでナタで切るよう包丁でトントンと切ったそば。
きしめんのような形状です。

10041429.jpg
これは噛むと甘みがぐっと出てきます。
食感などとともに大きな驚きとなりました。
そしてすっかり気に入りました。


店主の小林さんが彫った円空です。

10041430.jpg
僕たちのテーブルにありました。


久しぶりに訪れました。
メニューのラインナップもこんな風。

10041410.jpg

10041408.jpg

10041409.jpg

常に前進続ける小林さんは、実に魅力的でした。

助六
岐阜県関市本町8-27
0575-22-2526

投稿者 geode : 12:00 | トラックバック

2010年4月13日

「魚津屋」 京都・御前四条・日本料理

冬の蟹、夏の鱧。
「魚津屋」では欠かせない料理です。

しかし、春の一瞬、海鱒と花山椒の鍋が加わります。
ホント4月のわずかな期間だけ
この献立を食することができるのです。


まずはとんとんと四品。
上から時計回りで、

10041305.jpg
赤こんにゃく。
くらげ。
あさり。
人参に人参葉。
美味しいです。


次は

10041307.jpg
アスパラガスのスープです。

そして

10041309.jpg
ホワイトアスパラガスをグリーンアスパラガスで食べるのです。
サラダ仕立てです。


サヨリ、イワシ、クチコ、クリームチーズの味噌漬け。

10041310.jpg
これらの組み合わせも独特です。
不思議なのですが、忘れがたい味わい。


トマトに鯛の白子、

10041312.jpg
酸味と旨みのコラボレーション。


海の鮎。結構大きなサイズです。

10041316.jpg

食べるのはあっという間ですが、
味わいはどんどん深くなってゆきます。

これもここのスペッシャリテ。
ウニに昆布。蒸アワビ。鯛。

10041318.jpg
ツボをついた献立ですね。


ここから鍋の始まりです。
まずは、筍に花山椒。

10041320.jpg
山椒は香り高く、辛みはありません。


そして海鱒に花山椒。

10041323.jpg
これがいいですね。傑作。

最後はじゃこ御飯。

10041329.jpg
ここに出しを含んだ花山椒を加えます。


フルーツは

10041331.jpg
宮崎のマンゴー。

ご主人のオリジナリティが光る献立の連続でした。
次回は、夏の鱧しゃぶです。

部屋の片隅には、こんな立派な桜が飾られていました。

10041332.jpg

魚津屋
京都市中京区壬生東檜町8
075-312-2538

投稿者 geode : 10:54 | トラックバック

2010年4月12日

「山形屋市兵衛」 京都・伏見・パン屋

伏見のラーメン屋さんに寄った後、
中書島から電車に乗ろうと歩いている途中で
パン屋さんを見つけました。

10041296.jpg

なんとも京都らしいというか、
静かな時間が流れているような店構えです。

まず、この「クイニあんぱん」という
ネーミングに惹かれました。

10041291.jpg
フランスと日本国旗が描かれています。
説明もサクッとした甘い、粒あんぱん、とあります。
クスッと笑ってしまうのです。


その横に本家・クイニアマンがあります。

10040292.jpg
甘いカリカリしたフランス菓子ぱん。


きつね・オレンジ味や、番頭はん・チョコレートです。

10041293.jpg
こんな楽しい商品も並びます。


蒸しぱんも

10041294.jpg
金時、えんどう豆、黒豆と三種類です。


白ワッサンというのもありました。
少し甘いクロワッサンです。

どれも独創性豊かで、共感を覚えるのです。
街でこんな店に出会うと、気分が軽くなります。
やはり街歩きはいいですね。

10041295.jpg

山形屋市兵衛
京都市伏見区京橋町303
075-601-4062

投稿者 geode : 11:22 | トラックバック

2010年4月 9日

「祇園 さ々木」 京都・祇園・日本料理

5名の宴席でした。

「FALL IN LOVE」、

10040916.jpg
お茶の名前です。


「祇園 さ々木」のエチケットが付いていました。

10040915.jpg
これはすっと喉を通る一杯です。


「海鱒のコンフィ、湯葉、帆立」から始まります。

10040918.jpg
海鱒は落花生油でコンフィに。
47℃で2時間半とか。いい火入れです。
ソースの柔らかな酸味が素晴らしいです。


「鯛の白子、アスパラ、そら豆、蛍烏賊の燻製」。

10040919.jpg
鯛の白子は梅酢で、その酸味が見事。


蓋を開けると、椀物は「あいなめ」です。

10040923.jpg
たっぷりと椀だねがある。

10040924.jpg
佐々木さんらしい装いです。


さあ、向付けです。
平皿に
五島列島の鮪のトロ、

10040930.jpg

その左側に、

10040929.jpg
山口の赤貝、
和歌山のカツオ、ヒラメのエンガワ。
このエンガワの厚みには驚きです。


そしてキンキの炙りを握ってくれます。

このように

10040932.jpg
しっとりした味わいです。


アジは

10040933.jpg
香住で少し酢で締めています。


熱々の筍と若布です。

10040935.jpg
筍は京都の塚原から。
若布がとろとろでなじみます。

次に釜から出てきたのは、牛タンの塩釜包みです。
それをスタッフが準備し、

大将が切ってゆきます。


この美しいこと。

10040940.jpg
歯応えもしっかりあって、
旨みのエキスが口の中で暴れます。
愛媛県西条市のトマトもいい酸味です。

御飯の前に一品。
「和のブイヤベースです」とのこと。

10040943.jpg
鯛、アイナメ、車海老、グジ、アサリ、
白菜、人参、昆布などが入ります。
このだしというかスープはさすがです。


そして締めの御飯は
麦トロ・マグロ御飯です。


大将が御飯を入れ、スタッフがマグロを置き、
次にとろろをかける。

10040953.jpg
流れる仕事ぶりがいいですね。


最後はノドグロにゅうめんです。

10040952.jpg
だしがよく効いています。

デザートです。

イチゴ100パーセントのソースに
バニラアイスと宮崎マンゴーです。

10040955.jpg


佐々木劇場満開で、あっという間の二時間半でした。

祇園 さ々木
京都市東山区八坂通大和大路東入小松町566-27
075-551-5000

投稿者 geode : 12:05 | トラックバック

2010年4月 8日

「あやむ屋」 大阪・福島・焼き鳥

9時前に一人で訪れました。

忙しさもひと段落したところで、
ゆったりとした雰囲気の中での「あやむ屋」です。


むねのわさび。

10040845.jpg
これは火入れが問題です。
中はレア状態という素敵な火入れでした。


せせりのスパイス。

10040846.jpg
スパイスの香りとプチッとした味が、
せせりの旨さを引き出していました。
香りと脂分の出会い。


はつ。心臓ですね。

10040847.jpg
噛んだ時のジュー感が良いですね。


ずり。

10040848.jpg
コリコリ感が楽しいです。


ソリレス。

10040849.jpg
ソリレスとはフランス語で
〜sot l'y laisse〜
『愚か者はそれを取り残す』と言われる貴重な部位。
もも肉のヒザの辺りにある活躍筋で
丸鶏から捌いていくと骨側に取り残してしまう事から
フランスではそう呼ばれたよう。
一羽からたった2個しか採れない超・希少部位。
これが脂の乗り具合、香りといい素晴らしいです。


ねぎま。

10040850.jpg
ねぎの甘みが効いています。


うずら玉子。

10040851.jpg

皮。

10040852.jpg
噛み心地とそこから溢れるジューが旨いんです。


野菜。

10040853.jpg
これもしっかり食べますよ。


川越市・小野食品の揚げです。

10040854.jpg
これが香ばしくて旨い。塩も結構合います。


同じく小野さんのところの豆腐です。

10040855.jpg
これでもか!というぐらいに甘いです。


せぎも。

10040856.jpg
複雑な脂と身の混合。かなり好きな部位です。


つくね。

10040857.jpg

きも。

10040858.jpg

一応ここでストップで、

10040859.jpg
千寿ねぎを食べ、
焼きおにぎりで終了です。

やはり永沼さんの火入れは見事です。

食後に関西の食情報の交換や、
ワインの話などをしていると
共通の友人から永沼さんに電話が入りました。

交互に話すこととなりました。
東京・銀座「バードランド」の和田利弘さんでした。

10040861.jpg


あやむ屋
大阪市福島区福島5-17-39
06-6455-7270

投稿者 geode : 11:48 | トラックバック

2010年4月 7日

「うどん むぎの蔵」 奈良・東向通商店街・うどん

近鉄・奈良駅近くの
東向通商店街にあるうどん屋さんです。

店名も「うどん むぎの蔵」とユニーク。

10040702.jpg

店頭のディスプレイにも惹かれ入りました。


10040703.jpg
店内は左手にカウンター、右手にテーブル、
奥にもテーブル席が用意されています。

メニューを見ると、ごぼ天うどん、
という文字が気になり注文です。

10040701.jpg
大きな鉢にうどんが入っています。
ごぼうの天ぷらは細く切ったごぼうを揚げているので、
見た目のインパクトもありです。
ささがきごぼうを揚げてあるのかと予想していたので、
このプレゼンテーションは驚きでした。
鶏の天ぷらも一つ入っていました。

だしも思った以上に強い味わいです。
かつおの効いただしです。
そこにうどんが絡みます。
適度な歯応え。
歯を跳ね返すほどの強さではないですが、こしも楽しめました。

写真にはないですが、
テーブル上に数種類の薬味が置いてあるので、
それらを使うとまた味わいに変化が生まれます。

10040798.jpg


うどん むぎの蔵
奈良市東向中町11
0742-27-6088

投稿者 geode : 11:28 | トラックバック

2010年4月 6日

「ル・ビストロ クードポール」 大阪・天満橋・フランス料理

あるテーマを決め、
ワインを持ち寄り、飲むという趣向の食事会をやっています。

先月に企画した食事会は
僕が風邪で欠席したので、今回、リベンジとなりました。


今回のテーマというか、御題は「虐待ワイン」です。
タイトルはえらくセンセーショナルですが、
要するに保存状態が悪かったワインが
どのような変化を見せるかを味わうのが目的です。

10040660.jpg
とはいってもすべて「虐待ワイン」というのではなく、
僕と友人の二人のみが「虐待ワイン」、後は真っ当なワインが揃いました。

最近「クードポール」はアミューズが3皿並びます。

まず
アワビのコンソメジュレと香川県産ホワイトアスパラガスのジュレです。

10040612.jpg
ガラスのグラスに入ったジュレたち。

10040613.jpg
爽やかな微笑を投げかけてくれます。


そこに登場したシャンパーニュ。

10040614.jpg
しっかりしたミネラル感がありました。

続いて
ハリイカとグリーンアスパラガスのカルボナーラです。

10040620.jpg
「今日来られたお二人がパリに行かれた時に食べられたメニューを聞いて、
 自分なりの解釈で作ってみました」とのこと。
パリの「トーゥミュー」で食したメニューです。
温度卵も効いています。


ここにもシャンパーニュ。

10040657.jpg
別の味わいが印象的です。


そして
塩漬けもち豚バラ肉のボイル。

10040627.jpg
うすいえんどう豆と春キャベツを添えて。
この豚がやたらと旨いのです。

ようやく前菜です。
鰆のコンフィ 桜の木のスモーク ウドとクレソンのサラダ添え。

10040630.jpg
スモークの香りがいいですね。


フォアグラのポシェと泉州朝掘りタケノコのコンソメスープ。

10040633.jpg
フォアグラとタケノコ。しっとりです。

魚料理は
桜鯛の岩塩包み焼き ふきのとうのソース。
塩はしっかり。

10040635.jpg
お皿に盛られ登場。

10040638.jpg
ふきのとうが入ったソースが鯛にいい相性です。


肉料理は
牛テール肉の赤ワイン煮込み。

10040641.jpg
赤ワインでしっかり煮込み、そのあと一昼夜寝かす。
これでワインの味が牛肉に入り込む。


ここで

10040642.jpg
参加者協賛のチーズです。


いちごのミルフィーユと紅茶風味のアイスクリーム。

10040645.jpg

ミルフィーユ、

10040646.jpg
サクッとした歯ざわりで色っぽいです。

最後にエスプレッソ。

10040647.jpg

優しい苦みが美味しいです。


この日に飲んだワインですが
84年のジュブレ・シャンベルタン(グロフィエ)の
液面はかなり下がっていました。

10040655.jpg
が、予想よりはるかに元気でした。


もう一本は71年のシャトー・ベイシェベル。

10040653.jpg
これはもっとひどい状態でしたが、案外楽しめました。


じつは友人が持ってきた96年のトロッケン、

10040652.jpg
これも大丈夫でした。


残りはこんなラインナップ

10040649.jpg

10040651.jpg

10040654.jpg

10040656.jpg

10040659.jpg
健全なワインをすっかり楽しんだのです。


10040661.jpg



ル・ビストロ クードポール
大阪市中央区船越町1-3-5 ザ・マーキュリー愛晃ビル1F
06-6941-8577

投稿者 geode : 11:57 | トラックバック

2010年4月 5日

「ステーキハウス ボビノ」 大阪・北新地・ステーキ

大阪・北新地はランチ狂想曲です。
さまざまなジャンルが楽しめます。

「ステーキハウス ボビノ」もその一軒です。
昔はよくランチに訪れました。
一時ランチ営業は休まれていたのですが、また再開です。

気になっていました。


表に張られた
「コラーゲンたっぷり牛すじのカレー」、

10040513.jpg
気になりますね。


友人はハヤシライスを注文しました。

10040509.jpg
こっくりとした甘さが漂うソースが美味しいですね。
牛肉のエキスがたっぷり入った感じがします。


牛すじカレーです。
一口目はやや甘口かと思える食べ口。

10040511.jpg
次第に辛さも増してきますが、そんなに強くありません。
むしろ牛すじを食べるソースと考えた方が良いかもしれません。
英国から流入したカレーは、
肉のソースとしての役割が大きかったのです。
まさにステーキハウスならではのカレーです。
牛すじをかみ締めた時の嬉しさは良いですね。


ホントに北新地のランチは多彩です。
新店を探しながら、馴染みを作ってゆく。
これも新地ならではの楽しみです。

10040514.jpg


ステーキハウス ボビノ
大阪市北区曽根崎新地1丁目2-17
06-6345-3101

投稿者 geode : 11:57 | トラックバック

2010年4月 2日

「乃し」 京都・北山・日本料理

京都・北山の「乃し」で会食です。

朝日カルチャーセンターで
3ヶ月に一度のプログラムです。

「乃し」は5年前にここ北山に、
大宮商店街から移転しました。

10040262.jpg
大宮で9年、独立されて14年が経ちます。

先附です。

10040264.jpg

中には、
桜海老と独活の茶碗蒸し
10040268.jpg

稚鮎酢炊き
10040266.jpg


うすい豆腐、海老、土筆、湯葉
10040265.jpg


蛍烏賊 木の芽味噌かけ
10040267.jpg
どれも細やかな仕事がされています。
稚鮎の酢加減がやさしく見事。
暖かい茶碗蒸しが入ることで、気持ちもやわらぎます。


向附は、

10040270.jpg
桜鯛、油目焼霜仕立、針烏賊、鮪トロ
蕨、花弁人参、紅蓼、山葵
油目の焼霜が秀逸でした。


椀物です。

10040272.jpg
白魚真丈、
筍、菜の花、焼椎茸、桜麩、柚子
ダシがしっかりです。


お凌は
三宝柑蒸し寿し。

10040276.jpg
穴子、筍、木の芽。
蓋の部分を少し絞ると、

10040278.jpg
酸味がプラスされ爽やかな印象を受けます。


焼物は、

10040280.jpg
桜鱒 木の芽焼
葉牛蒡きんぴら、酢蓮根、寄南京
良い火入れです。

蒸物は
道明寺しぐれ饅頭。

10040282.jpg
蕗、揚げ葱
この葱の香ばしさがたまりません。
牛肉のしぐれ煮が入っています。


酢の物です。

10040284.jpg
鯛白子、シュガートマト ポン酢かけ
すっきり治まりますが、白子は濃厚です。

御飯です。

10040286.jpg

これぞ盛り付けも美しい、

10040287.jpg
筍御飯と木の芽。

赤出汁は
若布と貝柱。
貝柱が新鮮でした。

香物は
牛蒡醤油漬、胡瓜糟漬、
新キャベツかつろ合え、塩昆布。

甘味が供されました。

10040289.jpg
杏仁豆腐 桜ゼリー寄せ、と、

10040291.jpg

10040290.jpg
焙じ茶わらび餅。


カウンターで食べる料理とは異なりますが、
座敷でこのような献立を食べるのも良いものです。
今回はかなり攻めの姿勢を感じました。
ご主人の矢口守良さんの新たな世界が見えたようでした。

10040263.jpg

乃し
京都市北区上賀茂岩ケ垣内町32
075-702-7733

投稿者 geode : 11:48 | トラックバック

2010年4月 1日

「ユニッソン・デ・クール」 大阪・西天満・フランス料理

本日開店。

大阪の西天満に新しいレストラン
「ユニッソン・デ・クール」がデビュー。

ここ数ヶ月「パリのムーリスで修業をしたシェフが店を作る」、
という話題が駆け巡っていました。

先日レセプションに訪れた様子です。
約50坪、客席35。
厨房もアイランドで相当に広々としています。
厨房スタッフも
「ムーリス」で一緒に働いていたフランス人もいます。

メニューはレセプションから。
この日はスタンディング。
今月11日に再度訪れるので、
料理はその時に詳しくお伝えしたいと思います。

尾鷲天然ヒラメ、紀州活モンゴイカ、京都伊根マグロ。

10040115.jpg
ヒラメのコク、モンゴイカとウニの相性など。


フォアグラ・カナール パイナップルのジェリフィエ
フール・ド・オランジェ。

10040117.jpg
黄金の組み合わせです。

メインに出た仔羊のロティ 小豆のデクリネゾン。

10040144.jpg
これが旨かったですね。
ガルニとの出会いも見事でした。

勢いが感じられるのです。


ユニークであったのは、レセプションの中盤で
「大阪のテロワールのひとつ、河内音頭をお届けします」、
とのアナウンスで、生の音頭が始まったのです。

10040138.jpg
これはかなり盛り上がりを見せましたね。
なんだか身体が素直に反応するのです。
店内も合唱が始まりました。
さすがに踊りだす人はいませんでしたが・・・。

10040139.jpg
シャンパーニュのボトルが並ぶ
向こうでの河内音頭は貴重な体験でした。

最後にシェフ・阪本充治さんの
「僕は大阪でフランス料理店を作りたかったのです」
という言葉はすごく力強く感じました。

10040150.jpg
さあ、今日からスタートです。


ユニッソン・デ・クール
大阪市北区西天満1-7-4
06-6131-0005

投稿者 geode : 10:42 | トラックバック