2016年4月28日

「清水一芳園 京都本店」 京都・東山七条・日本茶


「エスプーマを使った宇治金時と台湾マンゴー氷が出来まして、
 もしお近くに来られる時ありましたら、ぜひ試食にいらしてください」

とのメッセージが届いた。

2016042811.jpg




エスプーマを使った宇治金時。

これは惹かれるフレーズだ。


続きを読む "「清水一芳園 京都本店」 京都・東山七条・日本茶"

投稿者 geode : 10:12

2016年4月27日

「和ごころ泉」 京都・四条烏丸・日本料理


今年の1月惜しまれつつ店を閉じた「桜田」のあとに移転した「和ごころ泉」。
16042733.jpg

「桜田」出身の料理人・泉昌樹さん。

「桜田という響きは大きなものです。それを大切にしたいと思います。」

カウンターと奥の座敷はそのまま。

テーブル席のあった部屋を個室対応にしたのだ。

続きを読む "「和ごころ泉」 京都・四条烏丸・日本料理"

投稿者 geode : 10:12

2016年4月26日

「きみや」 奈良・生駒市・焼肉


ロードサイドに「黒毛和牛 炭火焼肉 ヘレ専門店」という看板。
16042676.jpg

これだけを見ると、なかなか中に入ることはないが、じつは名店である。

店内はテーブル席と小上がり、まさに焼肉店の様相を呈している。


この日はテーブル。

炭床の上に焼肉用のやや厚みのある鉄板。

続きを読む "「きみや」 奈良・生駒市・焼肉"

投稿者 geode : 11:19

2016年4月25日

「霜月」 京都・西賀茂・和菓子


京都・北山通りよりまだ北に向かう。

住宅街にひっそりと佇む「霜月」。


2106042531.jpg


この季節は「木の芽琥珀」と「イチゴ大福」「わらびもち」。


続きを読む "「霜月」 京都・西賀茂・和菓子"

投稿者 geode : 10:46

2016年4月22日

「比良山荘」 滋賀・大津・日本料理


京都と若狭を結ぶ塩鯖街道。

里山の緑豊かな環境が広がる葛川坊村に「比良山荘」がある。

春は山菜、夏は鮎、秋は松茸、冬は熊と季節により、

アピールする食材が揃うのだ。

4月のある一時だけ花山椒と熊を一緒に味わうことができる。


東京からの参加組もあり、総勢20名の宴会となった。


ふきのとうの天ぷら。
16042272.jpg

春を告げるほろ苦さが元気をくれる。

続きを読む "「比良山荘」 滋賀・大津・日本料理"

投稿者 geode : 10:09

2016年4月21日

「筍亭」 京都・桂・日本料理


「筍亭」。じゅんてい と読む。
16042132.jpg

字の如く、筍をつかった料理を食べた。

大きな座敷に座る。

テーブルには切りたての竹が置かれ、下から熱される。


16042133.jpg

続きを読む "「筍亭」 京都・桂・日本料理"

投稿者 geode : 10:08

2016年4月20日

「江戸菊」 大阪・瓦町・日本料理


大阪・道修町といえば薬の街であった。

堺筋の高麗橋には「三越大阪店」があり、その近くの集英小学校に通っていた。

いまは開平小学校と校名は変わり、三越百貨店も超高層マンションとなり、

その1階にある「エルマーズグリーンカフェ」という店でコーヒーを飲むことも多いのだ。

つまり馴染みのある界隈。


そこに大正3年からずっと店を構える「江戸菊」。

そのサインには割烹、すき焼きと書かれている。

この近くで打ち合わせがあり、

担当者と昼ごはんということになり久々に「江戸菊」ののれんをくぐった。

続きを読む "「江戸菊」 大阪・瓦町・日本料理"

投稿者 geode : 10:13

2016年4月19日

「ラプティセヌ」 京都・三条・フランス料理


舞鶴でフランス料理店を営むシェフに教えてもらった一軒。
16041929.jpg

ランチである。



メニューを見る。
16041930.jpg

メインはハンバーグステーキと鯛のソテー野菜添え、豚肩ロースの煮込み。

この3品からのチョイス。

サラダとパンが付き1200円。そこにデザートがプラスされると1500円。

続きを読む "「ラプティセヌ」 京都・三条・フランス料理"

投稿者 geode : 10:17

2016年4月18日

「鮨人」 富山・富山市・寿司屋


黒部で一日目の取材が終わり、そこから約1時間で富山。

お目当ての「鮨人」という寿司屋に到着。
16041801.jpg

午後6時スタート。カウンターは満席である。

何年か前に訪れて以来だ。

続きを読む "「鮨人」 富山・富山市・寿司屋"

投稿者 geode : 10:18

2016年4月15日

「あ〜ぼん」 神戸・芦屋・串揚げ


久しぶりの「あ〜ぼん」である。
16041531.jpg

カウンター内の動きが見事だ。

流れるような、という形容詞がピタリとはまる。

ご主人は鍋の前にひたすら串を揚げる。

それをサポートするのが熟練の職人。

この二人三脚の動きがあまりにも美しい。

したがって鍋の中から揚がる串が心地よさそうなのだ。

とはいえ、鍋の中に意識が集中しているのではない。

串には細心の注意を払いながらも、
カウンターに座る人たちの表情や身体の動きをつぶさに観察し、対応するのである。

よって、いつも満席。予約が取りにくいという状況を作り上げている。

続きを読む "「あ〜ぼん」 神戸・芦屋・串揚げ"

投稿者 geode : 10:04