2019年3月19日

「市川屋珈琲」 京都・五条馬町・コーヒー店


せとか、伊予柑、キンカンと柑橘3種類が入ったフルーツサンド。
軽い生クリームとのバランスが見事である。
19031915-copy.jpg

油脂の感じもなくすっと歯が入り、クリームと柑橘の瑞々しさがふんわりと口の中でまとまりを見せる。
秀逸なフルーツサンドである。

このフルーツサンドは毎月変わる。
これを食べたくて毎月のように通った時期があった。
本当に久しぶりの来訪である。

コーヒーは馬町ブレンド。
しっかり焙煎のきいたコクのあるタイプ。



休日の昼下がり。入店時は店内で3組待ち。
退店時は店外にも待ちの行列がずらり。人気店となったことも嬉しい。
19031916-copy.jpg

マスターのいつも変わらない姿勢と提供されるコーヒーなど
メニューのクォリティの高さの賜物だと思う。



ここのモーニングセットもいいのだ。
次回は、そのモーニングを目指して訪れたいとも思った。






「市川屋珈琲」
京都市東山区鐘鋳町396-2
075-748-1354

投稿者 geode : 10:33

2019年3月18日

「六曜社珈琲店」 京都・河原町三条・コーヒー店


京都の街は モーニングが充実している。
例えば「瓢亭」の朝粥定食に代表される和食の名店も多い。

また海外からの旅人も多いので、パンをメインにした店もかなりある。
そして京都の街はパン屋が多いので、そのモーニングも見逃せない。

河原町三条にある「六曜社珈琲店」。
19031811-copy.jpg

喫茶店という表現がピタリとくる一軒である。


続きを読む "「六曜社珈琲店」 京都・河原町三条・コーヒー店"

投稿者 geode : 10:47

2019年3月15日

このは」 大阪・本町・日本料理


大阪の日本料理「このは」。

19031543-copy.jpg

ご主人・田中さんは天ぷらをメインに据えたコースを組み立ててくれる。
天ぷらに対する研究心の深さには驚くことがある。


続きを読む "このは」 大阪・本町・日本料理"

投稿者 geode : 10:02

2019年3月14日

「エンボカ京都」 京都・烏丸御池・薪窯料理

京都の街には石窯を使う料理店が、ポツリポツリと増えている。
ここ「エンボカ京都」もその一軒である。
京都の町家をうまくリノベートした店つくり。

19031488-copy.jpg

19031466-copy.jpg

カウンターあり テーブルあり。
この日はテーブル席。



続きを読む "「エンボカ京都」 京都・烏丸御池・薪窯料理"

投稿者 geode : 10:40

2019年3月13日

「BUNDY BEANS」兵庫・苦楽園・コーヒー豆


久しぶりに苦楽園界隈を歩いた。

かつて(約30年前)は、この地域にあるフランス料理店によく通ったものだ。
「ペリゴール」「世田亭」「しゃん亭」「砂時計」「シェヤマダ」などである。
残っているのは「ペリオール」ぐらいだろうか。

すっかり街の様子が変わってしまった。
甲陽線の線路沿いに自家焙煎の珈琲店を見つけた。
19031308-copy.jpg

コーヒーを飲もうと思うと基本は豆の販売のみ。
小さなテーブルと椅子があり、そこで飲んでも可能ということ。


続きを読む "「BUNDY BEANS」兵庫・苦楽園・コーヒー豆"

投稿者 geode : 10:07

2019年3月12日

「タンポポ」 大阪・北新地・鉄板焼き


「タンポポ」の個室。
ブライアン・フェリーのコンサートを終えての食事である。

御歳73歳のブライアンのよれた感じが、いい味わいを醸していた。
あのフェリーサウンドは、一向に衰えをみせない。
ロマンティックなうねりと響きは健在で、ある種の重厚で馥郁たる香りすら漂わせていた。

傑作「アヴァロン」を引き下げてのツアーであったが、
中間でボブ・ディランの「Don't Think Twice, It's All Right」を自身のハーモニカ・ソロで歌うなど
心憎い演出も一興であった。

そんな気分に浸りながらの食事も、ブライアン・フェリーの話題から音楽や映画などに広がり、
あっという間に時が過ぎていった。

先付けはヨコワと甘エビである。
19031289-copy.jpg

軽やかなスタートとなった。


続きを読む "「タンポポ」 大阪・北新地・鉄板焼き"

投稿者 geode : 10:39

2019年3月11日

「メゾン タテル ヨシノ」 大阪・北新地・フランス料理


大阪北新地「ANAクラウンプラザホテル大阪」に「メゾン タテル ヨシノ」がオープンして2年が経過する。
ミシュランガイドで1つ星を獲得。
トリュフを使ったディナーコースである。

アミューズブーシュ
19031145-copy.jpg

グジェール、リンゴとセロリと鴨など
定番で心地の良いスタート。



続きを読む "「メゾン タテル ヨシノ」 大阪・北新地・フランス料理"

投稿者 geode : 10:28

2019年3月 8日

「中洲ちんや」 福岡・中洲・精肉&洋食


博多でホッとする一軒。
というのは、ここの女将さんにいつも元気をもらうからである。

おかみさんが喋る博多弁は、その見本のような感じ。
一階が精肉店と奥が洋食屋。二階は座敷ですき焼きなど。

この日は二階であった。
まずはコールドビーフを使うサラダである。
19030839-copy.jpg

牛肉を口に入れると口中の温度で牛肉の脂分が溶け出してくる。
その甘味に野菜のシャキシャキ感と鮮度がいい塩梅で絡む。
ググッと胃袋が反応する。


続きを読む "「中洲ちんや」 福岡・中洲・精肉&洋食"

投稿者 geode : 10:30

2019年3月 7日

「手音」 福岡・大橋・コーヒー専門店


深煎りジャンキーには嬉しい一軒である。

深煎り、ネルドリップ。この響きだけで心がワクワクする。
コーヒーの味わいは苦味と酸味が中心にある。

苦味と酸味は毒と腐敗の信号であり、動物はまず受け付けない味わいである。
しかし、我々はこれを好んで飲む。

「手音」は博多の大橋駅近くにあるコーヒー店。
19030752-copy.jpg

いつ訪れても空気感は全く変わらない。



続きを読む "「手音」 福岡・大橋・コーヒー専門店"

投稿者 geode : 10:09

2019年3月 6日

「プレスキル」 大阪・淀屋橋・フランス料理


男同士でフランス料理を食べる日が二日も続いた。
といってもビジネスディナーではない。
食べることが大好きな仲間が集まった。

この夜は8名のディナーであった。
リクエストは、ベッシー包みを食べたいということのみ。

メニューが用意されていた。
スタートは 帆立貝の庭園
19030675-copy.jpg

ほぼ生の帆立貝の甘味を引き出す温度とハーブ類のアクセントが秀逸であった。


続きを読む "「プレスキル」 大阪・淀屋橋・フランス料理"

投稿者 geode : 10:19