2017年9月19日

「清粥小菜 明」 大阪・江坂・中華料理


大阪・江坂の中華料理店「清粥小菜 明」が10周年を迎え、その記念コースを食べた。
ここの料理を食べると、創作とはなにかということについて考えさせられる。
創作するために何をしなければならないか・・



始まりは、フカヒレのフライにタルタルソース。
17091994.jpg

ハイブリットキャビアにフィンガーライムにほうずき。
このような食材の組み合わせは興味深い。


続きを読む "「清粥小菜 明」 大阪・江坂・中華料理"

投稿者 geode : 10:13

2017年9月15日

「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理


札幌の「モリエール」。
北海道を代表するフランス料理店である。
この季節は、仔羊がメインとなる。

平日の午後7時。すでに客席は満席状態。
それぞれのテーブルの盛り上がりが素敵な空気感を醸し出している。
「モリエール」の料理を食べたいという人達が集まっているのだ。

まさに大人のレストランという風格が漂っている。



スタートは
玉ねぎとベーコンのキッシュである。
17091559.jpg

熱々を手で食べる。これで一気に食べる気持ちが高揚する。
すっかり「モリエール」の世界に魅せられる瞬間。



続きを読む "「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理"

投稿者 geode : 10:27

2017年9月14日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理


8月をお休みにして、まだ訪れたことのない中国に旅をされた「京、静華」のご主人・宮本静夫さん。
その経験から生まれた新たなコース。
6名の会食であった。
17091476.jpg



続きを読む "「京、静華」 京都・岡崎・中国料理"

投稿者 geode : 10:49

2017年9月13日

「餃子ごずこん」 京都・麩屋町錦・餃子


9月9日、新たに店を開いた「餃子ごずこん」。

17091327.jpg

祇園の人気店「ごずこん」が麩屋町錦を上がったところに「餃子ごずこん」を作った。
長いカウンターのみ餃子がメインの1店。



続きを読む "「餃子ごずこん」 京都・麩屋町錦・餃子 "

投稿者 geode : 10:39

2017年9月12日

「洋食おがた」 京都・御池柳馬場・洋食


「あまから手帖」の「あまから倶楽部」会員向けの食事会。
宮崎の尾崎牛、綾部の河北農園、焼津のサスエ前田魚店から、それぞれ選りすぐりの食材が届き、それを見事なコースに仕立ててくれた。

メニューは
かつおの塩たたき からしで
17091244.jpg

これは焼津から届いたかつお。
前日にとれたまるまる太ったかつお。
その肉厚と書きたくなる味わいにまずは衝撃をうける。


続きを読む "「洋食おがた」 京都・御池柳馬場・洋食"

投稿者 geode : 10:45

2017年9月11日

「イル ギオットーネ」京都・東山・イタリア料理


なんと笹島弘保さんの「イル ギオットーネ」が開店して15年が過ぎる。
はやいものだ。
それを記念して9月1日から11日まで、トラットリアメニューを一旦復活させていた。
スタイルは前菜の盛り合わせとコーヒーが2500円。
あとはアラカルトで注文するという内容。そんなカジュアルなスタイルのせいか、客席はもちろん満席でとても明るい話し声がこだまする。



5種類のパンがでる。バリエーションがあるのがうれしい。
17091116.jpg



続きを読む "「イル ギオットーネ」京都・東山・イタリア料理"

投稿者 geode : 10:07

2017年9月 8日

「じゃ豆」 福島・福島・コーヒー専門店


喜多方での取材を終え、福島空港から大阪に向かう。
福島市には「じゃ豆」という友人のコーヒー店がある。
17090842.jpg

何年も前に訪れ、そこでマンデリンを飲むことが出来なかったエピソードがある。そこから親しくなり、関西で一緒にコーヒー店巡りをしたり、情報の交換、豆のやり取りなど、かなり濃密な関係といってよいのだ。
そして、ついに「じゃ豆」でマンデリンを味わう日がやってきた。

「マンデリン4種 用意しています」とオーナーの岡本幸弘さんからのメッセージである。
カウンターに座る。お互い笑顔がこぼれる。なんだか同士のような気持ちになる。いい感じの再会である。


続きを読む "「じゃ豆」 福島・福島・コーヒー専門店"

投稿者 geode : 10:14

2017年9月 6日

「あべ食堂」 福島・喜多方・ラーメン店


福島県・喜多方市はラーメンと蔵の街という印象を覚えた。
市内中心部は、ほんとにラーメン屋と蔵が多い。
喜多方ラーメンの特徴は、中太ちぢれ麺、熟成多加水麺である。
そして豚バラのチャーシューが一面に広がる。

なかでも「あべ食堂」は中華そばとチャーシューメンの二種あり。
17090693.jpg

続きを読む "「あべ食堂」 福島・喜多方・ラーメン店"

投稿者 geode : 10:46

2017年8月30日

「円かの杜」 神奈川・箱根・宿


年に数回 訪れる箱根・強羅の「円かの杜」という宿がある。
今回は男性5名の投宿であった。
温泉に浸かり、身体をほぐし夕食となる。

献立には
あかつきは秋めく雲の通る富士
と記されていた。
五十嵐信幸料理長からのメッセージだ。

前菜は
春菊のすり流し 岩牡蠣 かきの木茸 落花生の白和え 秋祭魚寿司(コノシロ) アロエと栄螺のポン酢。
17083085.jpg

落花生の白和えが印象的。岩牡蠣の凝縮感もよし。


続きを読む "「円かの杜」 神奈川・箱根・宿"

投稿者 geode : 10:17

2017年8月29日

「センプリチェ」 京都・中書島・イタリア料理


イタリア料理と書いたが、いまや「センプリチェ」の西山哲平さんの料理となっている。
カウンターに腰を降ろし、引き出しを開けるとナイフ・フォーク・スプーンなどのカトラリーが並ぶが、ほとんど料理を箸で食べることができる。

17082948.jpg



メニューには素材の名前が並ぶ。
おもてなし
17082939.jpg

赤いジュース 香草や野菜、ルバーブ、桃、トマト、赤紫蘇である。
すっきりとして柔らかな刺激をうける。



蛸焼き
17082941.jpg

明石焼きを思わせる。イカスミに蛸の出汁。まさに蛸焼きだ。



前菜
サラダ ライムとミントのソルベ
17082946.jpg

トマトと無花果のクリーム。
季節の野菜にこれらが乗る。温度帯と香り、食感の饗宴。
この「センプリチェ」を象徴する一品。



パスタ1
トウモロコシを詰めたラビオリ
17082956.jpg

焼き干し鮎 焼きもずく サマートリュフ
モッツァレラチーズ。
トウモロコシの甘味が炸裂。付け合せの多彩なこと。




ウナギ 生パプリカ 焼き冬瓜
17082959.jpg

ウナギのカリッとした歯ごたえと身のコクには感動を覚える。
冬瓜の味わいもいいアクセント。



パスタ2
タリオリーニ
17082962.jpg

岩牡蠣 焼きトマト 茗荷 青柚子の香り
岩牡蠣の濃厚な味わいをしっかり受け止める力がある。



パスタ3
冷製パスタ スープ仕立て
17082966.jpg

鮑とオクラ カボス果肉。
これは衝撃の一皿。スープ仕立ての新バージョンだ。




但馬牛 焼き胡瓜 発酵万願寺ソース
17082967.jpg

西山さんは考えた、熟成ランプ肉をいかに食べさせるのか。
野菜のパワーが見事な結果を呼び込んだ。




鱧で包んだ西瓜の焼きリゾット
17082970.jpg

焼き茄子出汁。
この発想に驚く。



デザートは
ミルクレモンジェラート 無花果コンポート
17082974.jpg

パッションフルーツとフロマージュ



エスプレッソにいつものミニャルディーズ。
17082975.jpg

17082976.jpg




確実に独自の世界を作り上げた感じだ。






「センプリチェ」
京都市伏見区表町582-1
075-605-4166

投稿者 geode : 10:23