« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月25日

「懐食 清水」 大阪・島之内・日本料理

忘年会です。

島之内にある「懐食 清水」。
カウンターに4人。カリスマバイヤーさんと隣席。
旅の話に盛り上がり、
またストレッチの大切さを教示してもらいました。


キュウリ、アボカド、水前寺海苔、ワサビ、
セコガニ、味噌味のジュレです。

09122549.jpg

結構旨みの詰まった味わい。
ここからコースが始まります。


前菜です。

09122550.jpg

左から
アワビにマイクロトマト、氷魚、アサツキ

09122551.jpg


続いて、

09122552.jpg

子持ちししやもの南蛮漬け、鯨のおのみ、
くわいチップ。


椀物は胡麻豆腐にハマグリ、白味噌仕立てです。

09122554.jpg

重ね技ですね。


造りは

09122555.jpg

鯛と伊勢海老。鯛旨し。


くわいのすり流しにタラの白子です。

09122558.jpg

くわいが変わりますね。


焼き物はキンキの味噌漬けです。

09122560.jpg

付け合わせはくらげにこごみです。


ご飯は二種。
いずれも炊き込み御飯です。

09122562.jpg

セコガニの炊き込み御飯と

09122563.jpg

干し貝柱の炊き込み御飯。

09122564.jpg

いずれも味わい深く値打ちありです。


デザートは

09122567.jpg

洋梨です。


コース全体に足し算の料理が並びます。
勢いがあります。


懐食 清水
大阪市中央区島之内2-13-31 キャスティール1階
06-6213-3140

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09122500.jpg

投稿者 geode : 12:17

2009年12月24日

「神戸元町別館牡丹園 大阪梅田エスト店」 大阪・梅田・中華料理店

師走の日曜日。
毎日放送の1階ロビーで「茶屋町マルシェ」が開催されました。
毎日放送とマルシェ・ジャポン・プロジェクトの共催です。

僕はマルシェ・ジャポン・プロジェクトに参加しています。

関西の生産者のブースや「魔法のレストラン」のブース、
また愛媛県西条市のブースも出店です。

昼ご飯は西条市の人達と情報交換も含め梅田のエスト4階にある
「神戸元町別館牡丹園」としました。

09122410.jpg


麻婆豆腐です。

09122408.jpg

山椒の香りが漂っています。


この季節ならではの
牡蠣のお好み焼き。

09122412.jpg

小ぶりで、なかに叩いた牡蠣が入っています。
生地に牡蠣の苦味みや旨みが溶け込み、他では味わえない一品です。


海鮮焼きそば(ハードタイプ)です。

09122414.jpg

ホントにカリッと揚がった麺に魚介がのります。
ややとろみがつき、麺と絡みやすくなっています。
口の中でカリッとねっちりが融合し、噛むことによって完成するのです。
見た目はシンプルなんですが、味わいは深い。

杏仁豆腐です。

09122416.jpg

いつ訪れても安定感ありです。
日曜日の昼、満席状態が続いていました。


神戸元町別館牡丹園 大阪梅田エスト店
大阪市北区角田町3-25 エストエッジビル4F
06-6376-6606

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09122455.jpg

投稿者 geode : 10:42

2009年12月22日

「勝裕」(かつひろ) 京都・西大路七条・トンカツ

洋食が食べたくなった。
それもトンカツ。
京都・西大路七条近くの「勝裕」へ。

この店は、数年前に偶然見つけ、
カツ重など気に入ったところです。
非常に家庭的な雰囲気漂う一軒です。

この日は季節的にカキフライも。
「ロースカツとの組み合わせもありますよ」と、
僕がロース好きというのを覚えてて下さってのアドバイスであります。
嬉しいな。

迷わずそれにしました。

09122204.jpg


ここは小さなすり鉢に胡麻が入り、
それをすりながらカツの到着を待ちます。

いよいよです。

09122202.jpg

ロースカツとカキフライのセット。


ロースカツはコロモがピンと立ち、

09122200.jpg

脂身がテカりを放っています。これが旨いのです。


カキフライもぷっくりと揚がっています。

09122201.jpg

独特の苦みと旨みのバランス。
レモンとタルタルソースで頂きます。
これはウスターソースも合うはずです。


そこにご飯と味噌汁、小鉢が付いてきたのですが、
この高野豆腐やがんもどきの味わいがじつにいい塩梅なんです。

09122203.jpg

こんなところに料理人の腕が出ますね。

ほっくりとした時間の流れで、
すっかりリラックスして食べることができました。


勝裕(かつひろ)
京都市下京区西七条南月読町97
075-313-0303

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09122255.jpg

投稿者 geode : 12:04

2009年12月21日

「ガニュ・パン」 大阪・中津・フランス料理

『あまから手帖』年内最後の編集会議が終了し、
昼食を編集者と。


久方ぶりの「ガニュ・パン」です。
楽しみです。


スタートは、有機トマトのポタージュから。

09122168.jpg

これが温かく、
寒い中を訪れた身体に暖を与えてくれました。
甘みと酸味のバランスよしです。
クルトンのサイズも良い感じ。


フォカッチャ。

09122171.jpg

しっとり良い味わいです。


メインはレンコ鯛です。

09122173.jpg

野菜の火入れ、味付けが見事。
それと一緒にレンコ鯛を食べる。
これが醍醐味です。


ここへ、デザートをプラスしました。
栗のクレームブリュレです。

09122176.jpg

栗とクリームの美しき邂逅。

中津には数軒、フレンチがありますが、
足を運ぶのはここが最も多いです。
シェフはかって「シェ・ワダ」の厨房にいたことがあります。
もちろん現在は、
難波シェフの個性がきっちり現れています。


昼食にフレンチという選択。これは相手を選ぶコトです。
同年代の男性ではまず考えられないことですね。
といって一人でもなかなか難しいものです。


09122178.jpg

ガニュ・パン
大阪市北区中津1-9-3 ヨークビル1F
06-6377-5767


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09122155.jpg

投稿者 geode : 12:11

2009年12月18日

「音匙 オトサジ」 大阪・本町・カレー

12月16日オープンのカレー屋さん「音匙 オトサジ」。
大阪ガス1階でイベントがあり、終了後訪れました。

店頭や店内に開店祝いの花が多く届いていました。

09121845.jpg

オーナーの宮崎真行さんご夫妻は、カレー好きが高じて、
ついにカレー屋を開店するに至ったとのこと。

その過程で色んな人達のアドバイスを受けたようです。
知り合いの名前がポツポツでてきました。


ビーフカレーとキーマカレー。

ルウの味わいはかなりちがいます。


「玉葱とトマトを使うところまでは同じですが、
そこからスパイスの配合など、
どんどん枝分かれしてゆきます」と宮崎さん。

ビーフカレーは野菜の味わいが結構効いています。

09121839.jpg

柔らかさの中に芯があるという感じです。


キーマはスパイスがしっかり効いてます。

09121841.jpg

辛みの輪郭がはっきりしているように感じます。


このようなタイプのカレー屋さんが、
街に増えてくるのはとても嬉しいことです。
日本人がスパイスを探り、独自のカレーを作り上げる。
この後、どのような変化を遂げるのか楽しみです。

09121843.jpg

09121847.jpg

音匙
大阪市中央区瓦町4−4−14 
NIPPOニュー本町ビル103
06−6222−3377

<告知>
12月20日(日)、MBS(毎日放送)の本社1階で
『魔法のレストラン 茶屋町マルシェ』が開催されます。


これは先日(12/6)開催された、
茶屋町マルシェの第二弾。

09120000.jpg


09120098.jpg

僕がプレゼンターとして出演させて頂いている
MBSの「魔法のレストラン」がプロデュースする、
老舗・名店のブースも登場するほか、
日頃なかなか購入する機会のない
名店御用達の野菜をこの日限りで直売します。


たとえば、
「嵐山吉兆」ブースでは、地鶏水炊きセット、黒豆甘煮、京丹後野菜ほか。
「菊乃井」ブースでは、魔法の万能だし、湯葉そうめん、HI・CHI・MI(七味)ほか。
「祇園さ々木」ブースでは、湯葉ちりめんなど。
「イグレックプリュス」ブースでは、ラスクやコンフィチュール、お楽しみ袋もある
そうです。

そのほか、ワンコイン弁当「魔法の牛豚めし」や、
魔法の真紀ロールケーキなども限定販売するんだとか。

杉浦太陽さん、水野真紀さんのトークショーも開催されますよ。

ぜひ、いらしてください。

09120099.jpg


09120096.jpg


09120097.jpg

◯開催日時:12月20日(日)10:00〜17:00
◯開催場所:株式会社 毎日放送 1階フロア
     (大阪市北区茶屋町17-1)
◯交通  :阪急電車 梅田駅・茶屋町口より北へ徒歩5分
※入場無料、雨天決行

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09121755.jpg

投稿者 geode : 11:09

2009年12月17日

「レストラン サカキ」 東京・京橋・レストラン

先週です。

「KKミーティング」に参加するため上京です。
東京駅に到着したのが午後1時過ぎ。
午後1時半から京橋の「レストラン サカキ」で昼食。
京都から京縫いの大家や友人の医師、
医師のお嬢さんが東京在住なので合流です。

この「レストラン サカキ」。
夜はフランス料理を供するのですが、昼は洋食メインです。

コースはプリフィックススタイル。
前菜は1と2に分かれそれぞれから一品チョイス。
メイン、デザートも、ともに選択です。


アミューズは
ロワイヤルと、チーズのコロッケ。

09121701.jpg

09121704.jpg

このアミューズを食べた瞬間、全員の顔がほころびました。
「これは旨い」「おいしい」との声です。

画像はありませんが、
別のひと品は、
アンチョビ入りのクロワッサンにイワシとトマトのタルトでした。

僕が選んだ一皿目の前菜は
生ウニのコンソメジュレ アボカドのムースです。

09121707.jpg

ジュレの柔らかさとクリアながら舌を覆い尽くす旨みは素晴らしい。
ムースの味わいも見事です。


医師はズワイガニのサラダ、クリスタルトマト。

09121708.jpg

面白いデザインです。


続いて二皿目の前菜は、
ブーダン・ノワールのコロッケ、リンゴのピュレ。
豚の血のソーセージ。

09121710.jpg

それをフライにしてあるのですが、
ブーダン特有の甘みと苦味が上手く閉じこめられ、
これはかなりの衝撃でした。
ブーダンとリンゴは王道の組み合わせです。


メインはハンバーグを。

09121714.jpg

このドミグラスソースの輝き。
ナイフを入れると中から溢れ出す肉汁。

09121716.jpg

いやあ感動しましたね。
洋食でありながら、フレンチの確かな技が詰まっている。


友人は

09121713.jpg

エビフライやカレーライスを頼んでいました。


デザートは
イチゴのタルトや

09121717.jpg

モンブラン

09121718.jpg

タルトタタンなど。

09121719.jpg

僕はフォンダン・キャラメルをオーダーです。
フォンダン・ショコラならぬキャラメル。

09121721.jpg

キャラメルの濃厚で香ばしい味が効いています。


プティフール。

なんとも価値ある料理の数々。
一皿毎の完成度の高さ。
フレンチと洋食が素敵な並列。
もちろんコースでなく単品もありです。
いいランチでした。

09121723.jpg

レストラン サカキ
東京都中央区京橋2-12-12
03-3561-9676


<告知>

12月20日(日)、MBS(毎日放送)の本社1階で
『魔法のレストラン 茶屋町マルシェ』が開催されます。


これは先日(12/6)開催された、
茶屋町マルシェの第二弾ですね。

09120000.jpg


09120098.jpg

僕がプレゼンターとして出演させて頂いている
MBSの「魔法のレストラン」がプロデュースする、
老舗・名店のブースも登場するほか、
日頃なかなか購入する機会のない
名店御用達の野菜をこの日限りで直売します。


たとえば、
「嵐山吉兆」ブースでは、地鶏水炊きセット、黒豆甘煮、京丹後野菜ほか。
「菊乃井」ブースでは、魔法の万能だし、湯葉そうめん、HI・CHI・MI(七味)ほか。
「祇園さ々木」ブースでは、湯葉ちりめんなど。
「イグレックプリュス」ブースでは、ラスクやコンフィチュール、お楽しみ袋もある
そうです。

そのほか、ワンコイン弁当「魔法の牛豚めし」や、
魔法の真紀ロールケーキなども限定販売するんだとか。

杉浦太陽さん、水野真紀さんのトークショーも開催されますよ。

ぜひ、いらしてください。

09120099.jpg


09120096.jpg


09120097.jpg

◯開催日時:12月20日(日)10:00〜17:00
◯開催場所:株式会社 毎日放送 1階フロア
     (大阪市北区茶屋町17-1)
◯交通  :阪急電車 梅田駅・茶屋町口より北へ徒歩5分
※入場無料、雨天決行


どうぞよろしくお願いします。

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09121755.jpg

投稿者 geode : 12:55

2009年12月16日

「中央食堂 さんぼう」  和歌山・高野山・精進料理

高野山に行ってきました。
おそらく中学校時代に行ったきりです。
なんばから橋本、極楽橋・高野山というルートです。橋本から極楽橋まで「天空」という列車(全席、窓際向き)に乗り、車窓の風景を楽しみながらのショートトリップです。

奥の院をまいり、多種多彩な墓を鑑賞したのちは
精進料理を食べることにしました。


「中央食堂 さんぼう」です。
精進花篭弁当を頼みました。
09121699.jpg


なかなか可愛いプレゼンテーションです。


胡麻豆腐は、高野山の名物です。ねっとり。
09121600.jpg


豆ご飯もついてます。
09121601.jpg


野菜の天ぷら。
09121602.jpg


炊き合わせ。
09121603.jpg


結構ボリュームがありお腹が膨れます。
次回は事前予約をして、
宿坊で精進料理を食べることにしましょう。

高野山。真言密教の聖地。世界遺産です。
空海から現代まで、確実に流れている何かがあると感じました。

日常とはまったく異なる空間。
時にはこのような地を訪れるのも、貴重な体験です。

09121698.jpg

中央食堂 さんぼう
和歌山県伊都郡高野町高野山722
0736-56-2345


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09000000.jpg

投稿者 geode : 13:14

2009年12月15日

「麺みやざわ」 大阪・北新地・麺屋

北新地ランチ事情。

正午を過ぎると、どの店も満席状態に。
それが20分を過ぎると、一回転し空席が生まれます。


この日は、ラーメンが食べたくなり
「麺みやざわ」に向かいました。

09121591.jpg

ちょうど一回転したところで、すぐに席を確保することができました。


塩ラーメンです。

09121587.jpg

すっきりとクリアなスープが決め手です。
しかし魚介系の香りがよく効いています。


つけ麺です。これは麺が平打ちです。弾力もかなりありです。

09121588.jpg

このつけだれが、また魚介たっぷりです。

09121590.jpg

焼き豚も溶け具合が見事なものでした。

この日は単品にしましたが
お昼のセットは唐揚げと白ご飯が付いています。

店内は界隈のビジネスマンでいっぱい。
夜は一品メニューもあり、
食べるだけではなく飲みにも対応可能な一軒です。

09121592.jpg


麺みやざわ
大阪市北区堂島1-4-8 広ビルB1F
06-6454-0778


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09121555.jpg

投稿者 geode : 12:42

2009年12月14日

「茶香房 長竹」 京都・先斗町・茶店

打合せを兼ねての昼食。

京都・先斗町、

09121424.jpg

「茶香房 長竹」です。


お母さんのちらしずしを頼みました。

09121406.jpg

写真、赤みがかってますが
錦糸玉子に海老がのっかったちらしです。

09121410.jpg

ご飯は酸味が効いていて、それが玉子と良い調和。
素朴ですが、しっかりと記憶に残る味わいです。


小松菜と揚げの炊いたん。

09121413.jpg

ホント、京都のおばんざいですね。


吸い物が付いてきます。

09121414.jpg

シンプルですが、味は結構濃いんです。


ここに食後のデザートを追加しました。

09121417.jpg

抹茶アイスに抹茶ゼリー、小豆、白玉など。
これが上品な甘みの組み合わせでペロリと頂きました。


あとは
美味なるお茶を飲みながら話は続いたのでした。

09121408.jpg

お茶をベースに全てのメニューが用意されているのです。
抹茶大福や茶飯などなど実にユニークなものが揃っています。

09121425.jpg

茶香房 長竹
京都市中京区先斗町三条下ル材木町189
075-213-4608


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09121455.jpg

投稿者 geode : 12:42

2009年12月11日

「ビランチャ 北浜本店」 大阪・北浜・イタリア料理

イタリア料理の「ビランチャ」本店が
南森町から北浜に移転したのが今夏のこと。
ようやく訪れることができました。

友人の弁護士と
お互いの近況報告も含め、久し振りにランチです。


焼き芋のスープ。

09121131.jpg

スープは甘いのですが、タラバガニと出会うと、
ぐっと深みが増して贅沢な味わいになります。
最初からやられました。


次は、リー・ド・ヴォーとキノコのタリオリーニ。

09121134.jpg

この時季のパスタ。いいですね。


もう一品のパスタは、鹿肉のミートソース・ラザニア。

09121136.jpg

ちょっと衝撃です。味の重ね方が素敵です。


鰤の燻製 牡蠣のソース 茎ブロッコリー。

09121137.jpg

燻製の香りに続く多彩な味。
複雑ですがまとまり良しです。


猪の料理。

09121141.jpg

骨を使ったソースの絡み具合もよく、
野菜の使い方もいいですね。


デザート

09121142.jpg

一番下の
ボートのような形をしたのがキャラメルのタルトで
上にチョコレートのソルベ。


個室もカウンターもカップルシートもありと、
種々の使い方が可能なリストランテ。


柿田シェフの新たな展開。
まだ新しい感じが強いのですが、
時の流れに店は成長してゆくでしょう。
楽しみの一軒です。

09121144.jpg


ビランチャ 北浜本店
大阪市中央区高麗橋1−7−3北浜プラザ2階
06−6223−5220


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09121155.jpg

投稿者 geode : 15:51

2009年12月10日

「鮨 おかざき」 大阪・北新地・寿司

大阪 ・北新地の「鮨 おかざき」です。

知り合いの予約をお願いしたので、
お礼というわけではありませんが、僕も昼食に出かけました。

実は先週その予約をお願いした時、
「大間の良いのが入ってます」とのひと言。
気になっていたのです。

で、始まりです。
まずはイカから。

09121013.jpg

このねっとり感と甘み。熟成ですね。
九州のイカは透明ですが、この旨みはありません。

マグロ。

09121014.jpg

鉄分の香りがいいですね。


海老。

09121015.jpg

結構サイズが大きいのです。


というわけで
大間のマグロ。

09121016.jpg

なんとも艶やかなこと、脂分が非常にきれいで上品。


椀物です。

09121017.jpg

鯛の頭と豆腐とともに。ほっとします。


和歌山の鯖。

09121018.jpg

旨い!!


穴子は二種。
タレと塩蒸し。
タレは濃密です。

09121019.jpg

09121022.jpg

蒸しは酒に漬け20分ほど蒸しただけ。
塩とすだちが効いてます。


良いですね。


09121020.jpg

やはり雲丹も見事です。


鯛。

09121021.jpg

うっとりです。


最後は

09121023.jpg

蛸で締めました。


昼からしっかり食べました。満足感ありです。


鮨 おかざき
大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビルB2F
06-6348-0039

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09121055.jpg

投稿者 geode : 11:12

2009年12月 9日

「京都七条焼肉酒場 やまだるま」 京都・七条河原町・焼肉

京阪七条駅から西へ。

七条大橋を渡った北側に
「やまだるま」という看板を見つけました。

09120991.jpg

「七条焼肉酒場」という文言や、
店頭のポップなどが気になり、訪れました。


まずは

09120977.jpg

ナムルの盛り合わせ。


始めはやはり焼肉・塩タンから。

09120979.jpg

09120980.jpg

そこそこの厚みありです。


ネーミングが面白い
やばい上カルビ。

09120981.jpg

サシが結構入ってます。


伝説のミスジ。

09120982.jpg


これは脂の質がすっきりしてました。


ホソとつらみ。ホルモンですね。

09120985.jpg

ホソのじゅわっという脂分が好みです。


特上ハラミも食べました。

09120989.jpg

ハラミとは縦隔膜のことです。
内臓なのですが、近頃は精肉より珍重されます。
これはタレ焼きです。


すじニラちぢみ。

09120987.jpg

サイドメニューの多さも焼肉を食べる楽しみの一つです。


週末と祭日はランチ営業もありということなので、
次回はランチでも、と・・。

09120976.jpg


京都七条焼肉酒場 やまだるま
京都市下京区七条通加茂川筋西入稲荷町459
075-950-0294


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09120955.jpg

投稿者 geode : 11:34

2009年12月 8日

「ピッツェリア ナポリターナ ダ ユウキ」 京都・岡崎・ピッツェリア

久し振りです。

ピッツァというのは、
僕にとって時おり無性に食べたくなる一品。

京都・岡崎の「ダ ユウキ」はお気に入りの一軒です。

09120830.jpg

石窯があり、そこで次々とピッツァが焼き上がってゆく姿は、
ライブ感もあり心が躍るものなのです。


スタートは、ジャガイモの香草ソテー。

09120818.jpg

マスタードとローズマリーの味付けが実に効いています。
ジャガイモがホクホク。


間人産天然アオリイカのグリル。

09120822.jpg

レモン、ケッパー、アンチョビなどがスパイスとなり、
イカの甘みを引き上げているのです。


グリーンサラダ。

09120823.jpg

供された皿がきちんと冷たくなっていたのが良いですね。
ドレッシングもしっかり和えてありました。


ピッツァは燻製した水牛のモッツァレラのマルゲリータ。

09120829.jpg

スモークの香りが鼻腔をくすぐり、胃袋も刺激。
これは良いです。新鮮な喜びです。


この日は、夜遅めであったので、うまく予約が取れました。


ピッツェリア ナポリターナ ダ ユウキ
京都市左京区岡崎円勝寺町36−3
075−761−6765


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09120855.jpg

投稿者 geode : 12:55

2009年12月 7日

「蛇の目」 長崎・雲仙・食堂

長崎県・雲仙に行ってきました。

温泉街は、硫黄の匂いに包まれるという感じでした。
ただ雲仙は、最近ちゃんぽんを供する店が増え、
とくに小浜町では町上げての「ちゃんぽんプロモーション」です。

「蛇の目」という一軒の飲食店。

09120704.jpg

寿司から定食、もちろんちゃんぽんもあります。


カメラマンのハリー中西さんと
アシスタント・ちゃんぷ君との三人です。

まずは、ちゃんぽん玉子入りです。

09120707.jpg

スープは軽やか。
数軒ちゃんぽんを食べましたが、味付けは薄い方です。


次にお目当ての特製スープメン。

09120713.jpg

これはスープにミルクが入っているので、
その分コクと甘みが出てきます。

09120708.jpg

またトマトが入っていて、これが結構存在感を示しています。
これはオンリーワンの味ですね。


そこにいなりを追加し、

09120710.jpg

一つずつ食べました。


皿うどんです。これはパリパリ麺。

09120712.jpg

この細いパリパリ麺が旨いんです。
麺の太さは、微妙に味に影響を与えるのです。


二日間でトルコライス4回、ちゃんぽん3回、皿うどん2回でした。
久し振りに三人とも「今回の旅は、食べ疲れですね」と・・・。

蛇の目
長崎県雲仙市小浜町北本町852
0957-74-2769

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09120755.jpg

投稿者 geode : 12:55

2009年12月 4日

『魔法のレストラン 茶屋町マルシェ』開催!のご案内

毎日放送(MBS)の本社1Fで、
『魔法のレストラン 茶屋町マルシェ』開催!
(マルシェ=市場)青果&魔法の屋台が大集合!

農林水産省の補助事業として2009年秋から全国で展開している
「マルシェジャポンプロジェクト」。
生産者と消費者がコミュニケーションを楽しみながら対面販売を中心とした、
おしゃれで美味しい屋台が都会の休日に並びます。

この「農家さんの屋台村」が茶屋町に出現。
しかもこの日はMBSの人気番組「魔法のレストラン」が
プロデュースするブースも登場。

是非遊びにいらしてください!


【日時】12月6日(日)、12月20(日)10:00〜17:00

【場所】茶屋町MBS本社1階

【内容】
◎嵐山吉兆  [地鶏水炊きセット、京丹後野菜 他 ]
◎菊乃井   [石割さんの野菜、湯葉にゅうめん 他 ]
◎祇園 さ々木 [牛しゃぶセット、十二種類の米一合ずつセット他]
◎淡路屋   [魔法の牛豚めし] ※ワンコイン、1日1000個限定!
◎阪急キッチンエール [水野真紀さん監修 魔法の真紀ロール]
◎魔法のレストラン [魔法の万能だし、魔法のエコバック]
このほか、計29ブースが出店(予定)


09120472.jpg

※※販売&購入のみ。その場で飲食はできないのでご注意下さい※※

投稿者 geode : 15:06

「一之船入」 京都・河原町二条・中華料理

この日は、飲食関係7名の会食です。
京都は河原町二条下ルの創作中華「一之船入」です。

メンバーがそろい、メニューが始まります。

前菜。
コッペ蟹の老酒漬けです。
しっかり漬かってます。老酒と蟹の旨みが拮抗状態。

09120426.jpg

それと右側の京鴨ロースにネギソース。
どちらも濃厚な味わいでスタートです。


フカヒレの料理は上海蟹のソースという
これまた剛速球で勝負です。

09120429.jpg

連続してインパクトありの料理です。


次は帆立の料理ですが、
雲丹にトリュフ、黄ニラときました。

09120430.jpg

これでもかという料理が続きます。


そして一見、海老のチリソース。
ですが、なんと松茸とポルチーニが入っています。

09120433.jpg

そのエキスがソースに溶け込み、
見た目を裏切るしっかりした味わいです。


メインとなる京都ポークです。
これは下仁田葱も加わり自家製XO醤で味付けしているのです。

09120434.jpg

「これまでどれも引き算という料理がないですね。
 ここまで旨みで押してくるコースも珍しいです」と
「一之船入」初体験の人達が驚きの声をあげられました。


そして黒米の炒飯です。

09120435.jpg

これもしっかりです。


スープが付いてきます。

09120437.jpg

アサリのエキスが効いた味には
「普通、炒飯のスープはあっさりしていますが、ここはやはり・・・?」と。


締めは担々麺。
これも
胡麻、ピーナッツ、カシューナッツなどを練り込んだスープは驚愕です。

09120438.jpg

どこまでも手綱を緩めることなく、旨みは続きました。


デザートは

09120440.jpg

杏仁豆腐です。


オーナーシェフ・魏さんの面目躍如というコースでした。

どこまで押してくるのか。
食べ続けた7名の胃袋もたいしたものでした。


09120423.jpg

一之船入
京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50
075-256-1271


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09120455.jpg

投稿者 geode : 12:05

2009年12月 3日

「お食事処 金時」 京都・堀川五条・和食堂

カメラマンのハリー中西さんと旅取材。
丹後半島に向かう途中で昼ご飯です。
京都・五条堀川にある「お食事処 金時」。


大きなマンションの1階ですが、
店内はガラスケースに幾多のおかずが並び
まさに大衆食堂の様子です。

09120366.jpg

そして店頭に
「かすじる 始めました」との張り紙も登場です。


ハリーさんは
焼き鯖と、

09120360.jpg

09120359.jpg

茄子のたいたん。


僕は秋刀魚の塩焼き。

09120362.jpg

秋刀魚はしっかり脂が乗っており、いかにも秋らしい一品です。
そのまま食べて良し、レモンだけでも良し、
そして大根おろしを付けるとまた良しです。
脂分には酸味や辛味などが寄り添うことで、
その旨みがより際立つのです。

そして二人とも粕汁(かすじる)を注文しました。
粕汁は、たっぷりの七味が。

09120364.jpg

身体がすっかり温まります。


時にはこんな昼ご飯も良いものですね。

09120367.jpg


お食事処 金時
京都市下京区五条猪熊角
075−811−5903


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09120355.jpg

投稿者 geode : 15:14

2009年12月 2日

「アイリッシュカレー 中津店」 大阪・中津・カレー専門店

「あまから手帖」での会議が終わり、編集者と昼ご飯。
編集部は梅田からひと駅北の中津にありますが、
昼ご飯はいつも迷ってしまうのです。

ただ今回は編集者がカレー班長ということもあり、
久し振りに「アイリッシュカレー 中津店」を
訪れることになりました。

09120294.jpg


彼がオーダーしたのは、アイリッシュ・フィッシュカレーです。

09120292.jpg

英国パブの定番と言われる魚はタラ。
これを香草でマリネしてフライにしたのものです。
なかなかの迫力です。


僕はここの名物、アイリッシュ・ポークカレーを。

09120293.jpg

豚肉をギネスビールでじっくり煮込みます。
なんとも柔らかく煮込まれ、
豚肉の繊維質にカレールウがしみ込んでいるようです。
この豚肉のボリュームがしっかりあるので、食べ応えありです。


もともと北新地でスタートした店ですが、
今はその北新地が無くなり、
西本町、北浜と大阪に3店舗となったのです。

夜は英国パブの様相が色濃くなりますが、
昼間はもっぱら働く人達の味方となっています。

09120296.jpg


アイリッシュカレー 中津店
大阪市北区豊崎3−6−11
06-6375-5527

「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。

09120255.jpg

投稿者 geode : 11:33

2009年12月 1日

「中国彩膳 にじょう」 京都・七条・中華料理

京都・七条にある中華料理店。


最近、

09120165.jpg

京料理の大御所もお気に入りだそうです。

まずは帆立と海老の蕪ソースです。柚子風味。

09120168.jpg

海老は香ばしく、味噌の味わいが鮮烈。
蕪の味も濃厚で、金針菜も見事。


前菜です。

09120170.jpg

右から鴨ロースのオレンジ風味にフルーツトマト。
カリフラワー豆腐に四川胡麻ソース。これがいいです。
豚の内臓の煮こごり。
さつまいもは甘く金木犀の香り。
胡瓜。

もう一皿はスープ。

09120172.jpg

干し椎茸と筍のスープです。これは食感が決め手。


海老とブロッコリーの塩味炒め。

09120173.jpg

海老のプチプチ感と白きくらげが
上手い取り合わせ。


ザーサイと胡瓜。

09120175.jpg

この香の物と白ご飯。ナイスです。


黒酢の酢豚。

09120176.jpg

これもご飯にぴったり。


デザートに

09120180.jpg

杏仁豆腐。


続いて

09120185.jpg

カスタード入りココナッツ団子。


カウンターとテーブル数席の小さな店ですが、
料理のレベルは非常に高く、
担々麺もかなりのおすすめです。


中国彩膳 にじょう
京都市東山区本町7-34
075-531-7738


「スローフードな宿2」(木楽舎)発売中です。
04年に出版されて以来、数十軒探訪した宿から今回は30軒の紹介です。
是非ともご覧ください。


09120155.jpg

投稿者 geode : 17:10