« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月29日

「阿み彦」 大阪・曽根崎・焼売


池波正太郎さんのお気に入り、という焼売屋。
16022983.jpg

かつてはお初天神の境内にあった。

それもホントに小さな店。池波さんが通われたのはそちらの店。

いまは、参道というかお初天神の建物の中にというロケーション。

カウンターのみというスタイルは変わらない。

土曜日の正午過ぎ。

ドアをガラリと開けて入ると「白ご飯が無くなってしまいましたが」と。

「大丈夫です。焼売だけで。」と応える。


焼売とスープだけというこのシンプルな献立がいいのだ。
16022982.jpg



焼売は一人前8個。
16022979.jpg

いったん蒸し上げた焼売を再び焼くタイプ。

結構皮は厚めで、噛みごたえあり。

味わいは、外観からの想像よりはあっさりめである。

辛子醤油で食べるとコクが生まれる。



そしてなんといってもスープだ。

白濁したミルキー。

一瞬、それこそ牛乳かと思うのだが、豚骨や野菜なでじっくり仕上げたスープ。

これには驚き。

加えて、焼売と一緒に味わうと、双方がぐっと引き立ってくるのだ。

このスープは値打ちである。



「阿み彦」
大阪市北区曽根崎2-5-20 お初天神ビル1F
06-6311-8194

投稿者 geode : 10:29

2016年2月22日

「うえと」 京都・東山三条・サロン&バー


敬愛するカメラマン・三浦憲治さんが、
偶然入った「うえと」というバーを気に入り、
なんと六本木で主宰するギャラリーに「うえと」を展示するという企画を思いついた。

それを昨年、一度実現させた。

そのときは「うえと」の写真を撮影した写真を飾り「うえと」が出張したという。



16022277.jpg


今回は「うえと」に居るお客さんを撮影し、それも展示してのお引越しらしい。

三浦さんとはおよそ20年ぐらい前に仕事をしたことがある。

キャラクターから作品まで、本当に一緒に仕事をしたいと思ったカメラマンなのだ。



今回はイチゴのカクテル。
16022276.jpg



そしてコーヒーである。

コーヒーは「直珈琲」の焙煎で「うえとスペッシャル」だ。
16022280.jpg

苦味はほどよく、あとの余韻が長いのがうれしい。



久しぶりに三浦さんと言葉を交わすことができ素晴らしい時間となった。
16022274.jpg



「うえと」
京都府京都市東山区今小路町91-1
075-751-5117

投稿者 geode : 10:51

2016年2月19日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食


末期の一皿はビフカツサンドである。

ここ「洋食おがた」のビフカツ、
二度目だが前回にもましてパワーアップという感じだ。



この日も尾崎牛のビフカツである。
16021913.jpg

コロモのカリッとした食感そのものが食欲を刺激する。

続く尾崎牛の力強さ。

香りとコクの二重奏だ。

しかし、けっして胃袋にどっしりくるというのではない。

むしろさっぱりした印象すら覚えるのだ。

喉が鳴るという形容詞がぴったりきた。


そしてハンバーグ。これは尾崎牛ではない。
16021910.jpg

ナイフをハンバーグに乗せると、その弾力を感じる。

したがって、そのナイフを入れたときの肉汁の溢れ方が凄まじい。

ドミグラスソースまみれになったハンバーグは、
マッシュポテトと良き友人関係を結んでいる。



この日は、

走りのホタルイカの酢味噌から始まった。
16021997.jpg



キャベツのマリネサラダ
16021999.jpg



クレソンと自家製ローズハムのサラダ
16021902.jpg



ロメインレタスのシーザーサラダ 

これはロメインレタスがなく、葉野菜のシーザーサラダとなった。
16021903.jpg



フランス産フライドポテト
16021904.jpg



冷シャブ 自家製ごまだれと菜の花 うど。
16021906.jpg



エビグラタン。
16021909.jpg



大人のナポリタン。
16021915.jpg



クレームブリュレ。
16021916.jpg



なんともダイナミックな展開であった。

洋食というジャンルが持つ魅力を満喫した。



「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 10:10

2016年2月18日

「センプリチェ」 京都・中書島・イタリア料理


昨年の秋以来の訪問だ。

週末のランチである。

16021873.jpg

ここの愉しみは、毎月変わる野菜というかサラダである。

それと多彩なパスタ料理が、いつも興味深いのだ。


この日のサラダは

蕪・ナッツのピュレと白菜・フロマージュブランのピュレ。
16021850.jpg

季節の野菜にこれらのピュレがドレッシングとなる。

二種のドレッシングが混ざることで生まれる調和が見事だ。



パスタは

菜の花ペーストを詰めたトルテッリ

モッツァレラと緑大根、キャベツのエキス。
16021858.jpg

トルテッリのコクに、緑大根など野菜の風味と味わいが加わり
ワクワクする料理となっていた。



もう一つのパスタは

太刀魚とブロッコリー、春菊のふりかけ タリオリーニ。
16021861.jpg

太刀魚を崩しながら、ブロッコリーと和える。

味がどんどん変化する。

重なることで、幾重にも広がりを感じさせる傑作だ。



メインはさわやか富士の鶏

焼き大根とそのエキス。
16021864.jpg

この鶏のジューシーなこと。



デザートは

ココアとマスカルポーネのムースと柑橘のジェラート。
16021868.jpg



西山シェフの作る料理は、ますます完成度が高まり、
磨きがかかってきたように感じる。



月が変われば、また食べたいと思う。



「センプリチェ」
京都市伏見区表町582-1
075-605-4166

投稿者 geode : 10:32

2016年2月17日

「イノダコーヒー三条支店」 京都・三条堺町・コーヒー店


「イノダコーヒー」は京都を代表するコーヒー店である。

本店は、1月30日にリニューアルが終了。

営業時間も7時から19時と閉店時間が一時間短縮となった。

三条通に面した三条支店は10時から20時までと変わらず。



三条支店は、奥に大きな円形カウンターと少しのテーブル席。

入り口に近い空間はゆったりとしたテーブル席である。

この日は、奥の大きな円形カウンターに座る。

日暮れ時であったが、6・7名の男性がバラバラに座っていた。

偶然だが、女性客が一人もいなかった。

そして、半数以上がタバコを喫いながら本のページを繰っていたのだ。

その光景が、なんとも様になっていた。


最近、コーヒー店で本を読むという光景に出会うことが少なくなってきた。

ましてタバコを喫う人も減り、また禁煙の店も多くなった。



僕はチーズトーストとコーヒー。
16021795.jpg



16021798.jpg


「コーヒーにミルクとお砂糖はどうされますか?」という質問に

「ミルクは無し、小さな角砂糖を別に付けてください」と。

最近は、このスタイルをとることが多い。

チーズトーストのカリッと焼けたトーストとチーズ、

そこにコーヒーという相性を気に入っているのだ。



「イノダコーヒー三条支店」
京都市 中京区三条通堺町東入ル桝屋町69
075-223-0171

投稿者 geode : 10:16

2016年2月16日

「味処 野村」 岡山・北区・カツ丼


岡山はドミグラスソースカツ丼の街である。

市内にはドミグラスソースカツ丼を供する店が点在する。

その中でも人気の「味処 野村」。


2016021623.jpg



休日のランチだが、行列がなしていた。




献立を見ると、ドミグラスソースカツ丼がある。
玉子とじカツ丼がある。

そのどちらも一緒に味わえるセットも用意されている。

おまけに小さいサイズは孫という。

ドミグラスソースカツ丼は、ヒレかロースのチョイスになる。





この日はどちらも小さなサイズの孫で、ロースとした。

2016021621.jpg





このドミグラスソースの濃厚なこと。

2016021613.jpg

肌理は細かい。
舌への当たりは優しいのだが、味わいはかなりの濃い目だ。

そこにロース肉の脂がうまく反応する。

上に乗ったグリーンピースと間に挟まれたキャベツもいい。




2016021614.jpg

玉子とじカツ丼は、これまた脂分が素敵な働きをみせる。


双方たべると、結構満腹感である。





岡山には多種多彩なドミグラスソースカツ丼がある。

何軒か巡ってみたい気分。





「味処 野村」
岡山市北区平和町1-10 野村ビル 1F
086-222-2234

投稿者 geode : 10:23

2016年2月15日

「オテル・ド・ヨシノ」 和歌山・手平・フランス料理


和歌山の「オテル・ド・ヨシノ」である。

今回のテーマは赤ワイン煮込みというか赤ワインのソース。



その日のメニュー。

グジェール

ジビエのコンソメ

甲殻類のジュレ 足赤海老 アボカドムース

ベキャスのビスク

サワラの軽いフュメ フヌイユ、トマト、ジャガイモと共に

平スズキのシャンパーニュ風

和歌山県産いのししのシヴェのトゥルト シャトー・アンジェリュースのソースで

プレデセール

シュクル・シュープリーズ2016

エスプレッソ


まずジビエのコンソメでやられた。
16021533.jpg

赤ワインを合わせる。これが不思議なくらいのマリアージュ。

それほどにジビエのエキスが生きる。



ベキャスのビスク
16021541.jpg

これまたトリュフの力がよりその強さを押し上げる。

テーブルを囲んだ男性6名が唸ること。



平スズキでは「なんとも懐かしい!」との声以降、無言で食べ続ける。
16021548.jpg



圧巻はいのししのシヴェのトゥルトである。
16021550.jpg

いのししの味わいと赤ワインソースの光沢ある出会いに、
だれもが脱帽状態といえる。

手島シェフの仕事をたたえる言葉が舞っていたのである。



シュクル・シュープリーズは美しさと食べ味が見事に一致した味わい。
16021559.jpg



参加者、大満足。

次回は「コック・オ・ヴァン」との希望が・・



「オテル・ド・ヨシノ」
和歌山県和歌山市手平2-1-2 ビッグ愛 12F
073-422-0001

投稿者 geode : 10:01

2016年2月12日

「カフェロッソ」 島根・安来・コーヒー店


いつも頭の中にあるコーヒー店。

島根県安来市の「カフェロッソ」はその一軒。
16021212.jpg

松江に一泊し、翌朝訪れた。



オーナーの門脇洋之さんは、ワールドバリスタチャンピオンシップで準優勝

ジャパンバリスタチャンピオンシップで優勝を果たした人物。



まずはカプチーノとエスプレッソを飲む。



カプチーノは、可愛い。
16021297.jpg

なんといってもアワのキメは細かく、じつにクリアだ。

流石の技に気持ちがリラックスしてしまう。



エスプレッソも濃厚でありながら、やはりクレマが滑らか。
16021200.jpg

軽やかな酸味を感じさせる。



モンブランの甘味もコーヒーと相乗効果だ。
16021299.jpg



食後、門脇さんと話し、以前感激したモカ・イルガチェフのことになる。

「あの感じはなかなかないのですが、
今回のナチュラルもかなりいいです」とのこと。



少しテイスティングさせてもらうと、ホント優しい柑橘系の味を感じる。
16021203.jpg



その後、コーヒーについて話す。

「この場所で、コーヒー豆をしっかり焼いてゆきます」とのこと。

スペッシャルティコーヒーの牽引者のような印象がある門脇さんだが、
じつは焙煎の大切さをとても重要に考える人物である。

豆を揃えることより、もっといかに焙煎するか、それをどう抽出するかに心を砕く。



モカ・イルガチェフナチュラル、マンデリン、冬ブレンドなどを購入した。
16021207.jpg

また、すぐにでも訪れたい気分だ。



16021205.jpg



16021209.jpg



「カフェロッソ」
島根県安来市門生町4-3
0854-22-1177

投稿者 geode : 10:32

2016年2月10日

「マヅルカ」 大阪・梅田・コーヒー店


もう40年以上通っているコーヒー店である。

梅田は、阪急東中通りにある「マヅルカ」だ。
16021030.jpg

初めて、この店に足を踏み入れたのがおそらく45年ぐらい前のことだと思う。

義兄の作家が常連客で、連れてきてもらった。

そのとき「ここはミルクコーヒーとトーストが旨い」と
刷り込まれた記憶がずっと僕を支配している感じである。


当時はおそらく明治生まれのおじいさんと父君、その弟さんがおられた。

現店主は、まだ少年であった、と記憶している。

印象深いにはトーストのことを聞くと
「カドカミさん、トースターはサンヨーがいちばん、
それから絶対にバターを使う、これがトーストのコツ」と
話されたのをいまでも覚えているのだ。

以来、ずっとこのセットを食べ続けている。



この日もミルクコーヒーとトースト。
16021028.jpg



ここのミルクコーヒーはコーヒーにミルクを混ぜる。
16021026.jpg

仕上げにコーヒークリームを少し流すと、コクが生まれるのだ。

この苦味とミルクの味わい、コクが他の店では表現できない味になっているのだ。

これが三代にわたってずっと引き継がれている。



トーストも薄切り。
16021027.jpg

耳を落とし、バターをしっかり塗る。

バターの風味と旨み。

これがなんとも魅力的なのである。

このトーストとミルクコーヒーを飲むといろいろな記憶が見事に蘇ってくるのだ。

面白いものだ。

そしてほっとした気分になる。貴重な一軒である。



「マヅルカ」
大阪市北区堂山町16-11
06-6311-4809

投稿者 geode : 10:18

2016年2月 9日

「祇園 楽味」 京都・祇園・日本料理


16020995.jpg

祇園にある割烹。

カウンターに上質の素材がズラリと並ぶ。

そこから好きなものをチョイス。

この素材の揃え具合半端ではない。


前菜から酒肴、造り、焼き物、揚げ物、蒸し物、
ご飯などバラエティに富んだ素材と調理法が楽しめるのだ。

このスタイル、店側が「居酒屋感覚で使ってください!」と話すが、
これは居酒屋ではなく、紛れも無く割烹である。


ここでは、食べる側の選択によって印象は大きく変わる。

コースとしてもバランスを考えるか、
また好みを重ねることによってその満足感を愉しむのか、
それも食べる側次第となる。



アスパラガスのぬたが出る。
16020970.jpg

これはお通しで、店側から。



寒い時期であったの、小さな蕪蒸しも店から。
16020978.jpg

こういった温かいのが出ると気持ちもほっとする。



つぶ貝の焼き物。
16020983.jpg

炭の上に直接素材を置くという手法を取る。

弾力ある食感。



帆立も同様。あべかわ仕立て。
16020985.jpg



立派な鮒寿司である。
16020986.jpg



鶏のせせりの焼き物。
16020988.jpg

旨みがぎっしり詰まっている。



小柱のかき揚げ。
16020989.jpg



近江牛をサッと炙ってもらう。
16020990.jpg



すっぽんのから揚げ。これは旨い。
16020992.jpg



滋賀県の郷土料理・鯖煮麺である。
16020994.jpg

結構濃い味だが、するすると胃袋入ってゆく。



このように好きなチョイスで楽しめるのがうれしい一軒だ。



「祇園 楽味」
京都市東山区祇園町南側570-206
075-531-3733

投稿者 geode : 10:26

2016年2月 8日

「市川屋珈琲」 京都・東山五条・珈琲店


昨秋オープンした「市川屋珈琲」。
16020888.jpg

旧い町家を改装したものだが、カウンターやテーブル席、
吹き抜けなど座るところによって雰囲気も異なる。



ここではやや深煎りの馬町ブレンドを飲む。
16020898.jpg


この日は、フルーツサンドを頼んだが、これが大正解。

カウンターに座ったので、作る様子を眺めていた。

食パンを薄くスライス。

そこにホイップクリームを塗りせとかを並べる。

16020890.jpg

このボリュームが半端ではない。



再びクリームを重ねるのだが、このクリームにはキンカンとバナナが入る。
16020894.jpg

キンカンは種を取り、細かくカットされているのだ。



フルーツがたっぷりはいる。
16020895.jpg

まず食べるとせとかの果汁が溢れる。

それとクリームの塩梅がじつに心地よく感じる。

そこにキンカンが弾けると、異なる甘味が一気に広がる。

異なる柑橘系の重ねがこのフルーツサンドの価値を高めているのだ。



これは次回も必至だと感じていた。

モーニングセットもおすすめである。



「市川屋珈琲」
京都市東山区鐘鋳町396-2
075-748-1354

投稿者 geode : 10:24

2016年2月 5日

「田毎 弁当」 京都・京都駅・お弁当


ずいぶん前のこと。

伊丹十三さんのエッセイで、
新幹線のホームに秘密の弁当を届けにくるという話が載っていた。

つまり、新幹線でおいしい食事をしたいがために、
ある秘密の業者が存在すればいいなということであったように記憶している。

それから、時は流れ、かなり事情は変わった。



京都駅では、京都の各料理屋の弁当を購入することができ、
百花繚乱状態である。

京都駅新幹線構内で、ときおり購入するのが
「田毎」の「四條」というお弁当である。

16020580.jpg


これは複数の京の料理人が「京都駅界隈でいろいろな弁当を食べたが、
これがいちばん値打ちあるかもしれない」という声まで聞こえてきた。


以来、この弁当を選ぶことがある。
いま、弁当売場が改装中で、いつもは二種類用意されているのが、
現在はこの「四條」のみの販売である。


お弁当であるがゆえ、すこし味付けは濃い目。

冷めてもおいしく感じなければならない。

毎日 寿司は変わる。



この日は小鯛と海老の寿司に、ちらし寿司という豪華版。
16020585.jpg

おかずのほうもぎっしりとつまり、
食べごたえもうれしくなるほどの充実である。

ちょっぴり贅沢をしたいお弁当である。

弁当箱が杉折というのもうれしい。



「田毎」
JR京都駅新幹線コンコース 駅構内 舞妓店
075-693-5560

投稿者 geode : 10:01

2016年2月 3日

「龍吟」 東京・六本木・日本料理


久々の「龍吟」である。
16020330.jpg

内装から感じる雰囲気は変わった。

「日本料理は国技です」と語る山本さんの哲学が現れている。


登場はセコガニである。
16020335.jpg

スダチを軽く絞るとグッと甘味が増してくる。



続いてフグの白子。
16020337.jpg

塩の焼きフグである。喉への快感も素晴らしい。



「おわん替りのかにしゃぶ」という。
16020340.jpg



鍋には蟹味噌と内子、外子がはいる。
16020342.jpg



そこで蟹をくぐらせるのだが、蟹全体を使っているのだ。
16020344.jpg

じんわり響いてくる。



造りは鉄皮、とうとうみ、みかわ。
16020350.jpg

これは清酒を呼ぶ。



造りの第二弾は、もどりかつお。
16020351.jpg

さっと炙ってあるが、皮目のカリッと具合と身質の繊細にして充実感。

このかつおは記憶に残る。



造りの第三弾は、自家製からすみ。
16020353.jpg

あくまでしっとりしなやか。

下にはゆず大根、ミョウガ、かつお節。

このコンビネーションがうれしい。



焼き物はアカムツ。添えは青じその天ぷら。
16020356.jpg

この合わせの妙にも心がゆれる。



ガリは青りんごである。
16020358.jpg



湯豆腐と供された一皿。
16020359.jpg

松の実、栗、黒トリュフがかかる。



新潟の天然鴨である。
16020362.jpg

胸は燻し、モモとハツはたたき。

ツボの中は鴨の骨でとっただし。



締めは雲丹ご飯と卵豆腐の椀物。
16020364.jpg



この美しさ。



16020366.jpg



16020367.jpg



16020368.jpg



デザートはミカン。

そこの東方美人茶のアイスクリームがのっかる。
16020371.jpg



16020372.jpg



酒粕のソフトクリームと日本酒のケーキ。
16020374.jpg



抹茶でしめる。
16020377.jpg



山本さんの進化を感じる料理であった。



「龍吟」
東京都港区六本木7-17-24 サイド六本木ビル1階
03-3423-8006

投稿者 geode : 10:13

2016年2月 2日

「永田町 黒澤」 東京・溜池山王・そば


「黒澤」という文字が目に入った。

同行の友が「黒澤監督ゆかりの店だ」と教えてくれた。
16020204.jpg

佇まいも風情があり、
店内に入ると黒澤作品のポスターや関連したモノが並んでいた。

「七人の侍」や「天国と地獄」「椿三十郎」など懐かしい作品を思い出す。


男性5名。

かき揚げ天せいろを頼む。せいろは2枚だ。

まずせいろが届く。
16020299.jpg

色合いからも二八そばである。

手繰る。

のどごしがいい。

ふんわりと蕎麦の香りが鼻腔にぬける。



かき揚げだ。
16020200.jpg

これは東京の仕事。

小エビや三つ葉などが、サクッと絡まる。

この脂分と素材の旨みが蕎麦に勢いをつけるのだ。



二枚目が届く。

かき揚げの余韻を楽しみながら食べる。

食べるスピードがどんどん早くなってゆく。



東京の蕎麦屋で食べたという実感である。
16020297.jpg



「永田町 黒澤」
東京都千代田区永田町2-7-9
03-3580-9638

投稿者 geode : 13:16

2016年2月 1日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池上がる・洋食


突如というか、気がつけば「洋食」を欲していることがある。

昨年開店した「洋食おがた」はそんな願いを叶えてくれる一軒だ。
16020126.jpg

この日も、予約もせず突然でかけた。

ちょうど、カウンターに2席空きができたところ。

なんと隣には旧知の先輩が・・。東京からである。


目当ては尾崎牛である。

ハンバーグとカツレツを頼む。



ビフカツのレア具合。
16020113.jpg

この脂分の旨みが強烈だ。

まるで蜜を感じさせる味わい。味蕾が総動員して喜ぼうとしている。

牛肉が持つ香りも舌にからみつく。



ハンバーグである。
16020115.jpg

ナイフを入れると肉汁がどっとあふれるスタイルではない。


むしろ、じんわりとにじみだしてくる感じだ。

16020119.jpg

肉々しく、これまたレアの塩梅が見事で、
そこに甘味と香りと旨みが混在しているのである。



そしてドミグラスソースの存在は極めて大きい。

この茶褐色というより漆黒に近いと思えるソース。

メイラード反応の極致ともいえる色合い。

牛肉を食べるにふさわしいソースである。



法蓮草の白和えや人参とくるみのサラダ。
16020111.jpg



16020112.jpg



一口カレーもうれしい。
16020125.jpg



元気になって帰路についた。



「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 11:04