« 「心伯」 大阪・西天満・焼き鳥 | メイン

2021年4月7日

「鮨 三心」 大阪・谷町5丁目・寿司

大阪 谷町5丁目にある「鮨 三心」
久しぶりの訪問である。


現在の営業時間は、11時半と14時の昼だけだ。


少し早めに到着すると、隣にあるギャラリーが待合になっている。
これはありがたい。

カウンター内で若いスタッフも含め、動きに安定感がある。



蟹と雲丹。

三杯酢の香りが程よく、心地の良いスタート。



鯵のたたき。

香りと胡麻の弾け方。



子持ちのヤリイカ

鬼おろしの大根おろしもいいアクセント。



一夜干しの穴子に生海苔

海苔との一体感は驚異である。



白甘鯛の昆布締め

清冽さを感じる。



赤貝

食感と滲み出る甘味。



赤貝のヒモとキュウリ巻き

キュウリの清々しさがよく合う。



カスゴ

ねっとりとした塩梅が素敵だ。



づけのマグロ

香りと鉄分の味わい。



大トロ

うっとりするような解け方。



ホタルイカに蕗味噌、そして筍

口の中のコンディションが変わる。



コハダ

酢の締め具合が絶妙。



煮ハマグリ

三回煮浸しにするという仕事の奥行きを感じる。



白魚

香りにやられてしまう。



海老

温度帯と海老の開き方が味わいが際立つ。



鯖の棒寿司

迫力の一品である。



金目鯛の焼き物

菜の花を合わせる。



とり貝

勢いが余るぐらい。



雲丹巻き

贅沢な一品。



卵焼きは2種



ギャラリーで苺大福と和紅茶



ゆったりとした時間の流れ。
食後、主人とすし飯について話す。

これが滅法面白く、次回はその辺りをじっくり聞きたいと思う。



「鮨 三心」

大阪市中央区内久宝寺町2-7-14
06-6767-0677

投稿者 geode : 2021年4月7日 11:58