« 「蜀江」 京都・二条城前ANAクラウンプラザホテル京都・中国料理 | メイン

2021年4月1日

「ドン ブラボー」 東京・国領・イタリア料理


国領という駅に初めて降り立った。
縁をいただき「ドン ブラボー」というイタリアンにやってきた。。

以前から評判は耳にしていた。
ランチ時、満席状態で活気にあふれている。ほぼ女性である。

始まりは山利のしらす



山利とは和歌山で7代続くしらすの店。

ロワイヤルというか茶碗蒸し、そしてオリーブオイルとの相性のインパクトはすごい。
のっけから口福をかんじる。


穴子


穴子は蒸してフリット。
根セロリにクミンの泡。
クミンの泡は衝撃であり、穴子の印象を変える力がある。



コテキーノ


コテキーノはイタリアの豚肉ソーセージのこと。
ブリの照り焼きやマッシュポテトを合わせる。
砕いたコーヒー豆や山椒、ワサビなどのアクセント。
酸味と苦味のバランスが麗しいと感じた。



春キャベツ

パスタ料理。

一般的にはパスタとキャベツなどを一緒にあえるのだが、
このメニューはパスタの上にキャベツをかけ、自分であえながら食べる。
パスタの食感はもっちり、アンチョビの刺激も嬉しい。



肉 研ぎ

豚肉は薪火焼き。
豚肉の香りと野菜のマリアージュが楽しめる。

からすみパウダーもいいのだ。
豚肉も甘味も秀逸である。

研ぎ とはナイフのことであり、抵抗なく切れる。



ピザ

マルゲリータと生ハムの2種盛り合わせ

まず生地の軽やかなこと。
コースの中のピザなので塩分濃度の調整が巧み。

全粒粉も使い、食感に驚く。
このピザとの出会いは、ピザがなんであるかを考えるトリガーになりそうだ。



柑橘

牛乳プリンにグレープフルーツやミントなどを合わせる。
爽快感溢れるデザート。
また甘美な余韻も楽しめる。



コーヒーで締める。


初めての訪問であったが、その衝撃度はすごく
すぐにでも再訪したい気持ちになった。




「ドン ブラボー」
東京都調布市国領町3-6-43
042-482-7378

投稿者 geode : 2021年4月1日 10:10