« 「トラットリア・ニコ」 大阪・南森町・イタリア料理 | メイン

2021年3月31日

「蜀江」 京都・二条城前ANAクラウンプラザホテル京都・中国料理


「蜀江」は二条城前のANAクラウンプラザホテルにある。
「四川飯店」の陳健太郎さん監修の中国料理店。


蒸し鶏とクラゲ

蒸し鶏は、ぶつ切りか細切りか切り方を尋ねてくれる。

ソースがたっぷりかかっている。
クラゲの酸味のあるコリコリ感は安心である。


牛肉と筍の炒め物。

チシャとえびせんで巻いて食べる。
中華味噌の濃厚な味わいに筍の食感がいいアクセントとなる。



チシャでは濃さを包み込む。
えびせんは香ばしさを感じる。



麻婆豆腐

辛さも必要だが、そこに美味さがどれだけ潜んでいるか。
この塩梅によって印象は大きく変わる。

白いご飯を呼ぶのであった。



海鮮焼きそば。

具材の多さに喜びを感じる。
その心意気が料理にも反映される。
やや甘味のあるソースもここならではの味わい。


まだまだ食べたい料理が並んでいた。
落ち着いて食事を楽しむ空間でもある。




「蜀江」
京都市中京区堀川通二条下ル土橋町10
ANAクラウンプラザホテル京都 B1F
075-231-1155(代表)

投稿者 geode : 2021年3月31日 18:20