« 「伯楽家常菜」 京都・白梅町・中国料理 | メイン | 「Cafe & Bar LIBER」 大阪・桜島・ホテル »

2021年3月24日

「燕 en」 京都・八条口・日本料理


いつ訪れても変わらぬ雰囲気が漂っているのは「いい店」の条件だと思う。
京都・八条口「燕 en」はその1軒。

突き出しは長芋を葛で固めた一品。
21032430-copy.jpg

ナッツの風味と春の苦味が、心地の良い始まり。


「カドカミさん、ご飯付きでいきますか?」
「はい、お願いします」
暗号のようなやりとりである。

魚を造りで食べるより、握りのほうが好みということを
熟知してもらっての言葉であった。

サヨリ。
21032432-copy.jpg

清冽な味わい。



タイ。
21032433-copy.jpg

旨みが乗っている。



鱒には玉ねぎ。
21032434-copy.jpg

脂分とほろ苦さの饗宴。



右が金目鯛、左がのどぐろ。
21032435-copy.jpg

どちらも脂ののりが濃厚だが、それを酸味で見事に中和。



車海老。
21032436-copy.jpg

山椒の香りがアクセントとなる。



とろ。
21032437-copy.jpg

文句なしの味わい。



毛ガニとウニと海苔のゼリー。
21032438-copy.jpg

握りから料理に移る、アチェンジに素敵な一品。
主人の卓越した技だ。



本モロコの炭焼き。
21032442-copy.jpg

いまや貴重な食材。
ほろ苦さは格別だ。



サワラ。
21032446-copy.jpg

半ナマ状態が、その味わいの本領だと思う。



揚げ物好きにはたまらない揚げ物セット。
21032447-copy.jpg

ビフカツ、アスパラガス、筍、切り干し大根の春巻き。
外せないメニュー。



安心と安定感の割烹。
定期的に訪れたくなるのだ。






「燕 en」
京都市南区東九条西山王町15-2
075-691-8155

投稿者 geode : 2021年3月24日 10:00