« 「日本料理 柚木元」 長野・飯田・日本料理 | メイン | 「一子相伝 なかむら」 京都・富小路御池・日本料理 »

2021年3月 9日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食


「ふくとめ小牧場」と「サカエヤ」と「サスエ前田魚店」の饗宴。
このスタイルが少しずつ整い始めた。

カウンターの上に
「ふくとめ小牧場」の骨つきサドルバック。
21030944-copy.jpg



「サカエヤ」熊本あか牛のロース。
21030947-copy.jpg



「サスエ前田魚店」のサワラ。
21030949-copy.jpg

見るだけで唾液が溢れてくるようだ。


定番のキャベツのマリネサラダ。
21030951-copy.jpg

酸味がいい。



富山のホタルイカに紅菜苔という野菜。
21030953-copy.jpg

ホタルイカのコクに紅菜苔の苦味がアクセントとなる。



あか牛のローストビーフ。
21030954-copy.jpg

これまでのローストビーフとは異なる衝撃の味わい。
前回のシンタマのローストビーフとも違う。



アジのレアフライ。
21030957-copy.jpg

香りを楽しみ、マスタードの威力を知る。



甘鯛のウロコ揚げ。
21030958-copy.jpg

鬼おろしの大根おろしが見事なマリアージュ。
こんな料理を出す洋食屋はないと思う。



サワラのフライ。
21030961-copy.jpg

以前に比してやや火の入り具合が進む。
表面張力で浮き出すサワラの旨みは美しく、舌の記憶に残る。



サドルバックの骨つき。
21030966-copy.jpg

香ばしさと脂の甘味が秀逸でクセになる。



あか牛のロース。
21030969-copy.jpg

噛むことでその真価がわかる。



小さなハンバーグカレー。
21030972-copy.jpg

このハンバーグも進化の賜物。
贅沢な一品となった。



キャラメルのアイスクリーム。
21030977-copy.jpg

コクあり、スッキリ。



これからの真価がどう変化するか、大いなる楽しみである。






「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 2021年3月 9日 10:37