« 「エルビステッカーロイト」 愛媛・西条・イタリア料理 | メイン | 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 »

2021年3月 8日

「日本料理 柚木元」 長野・飯田・日本料理


名古屋駅からジャンボタクシーで約2時間半の工程で飯田市に到着。
「柚木元」という料理店である。

21030857-copy.jpg

21030858-copy.jpg

噂は聞いていた。
季節の特色を生かしたこの地ならではの料理が供されるとのこと。
庭を望む部屋だ。


この地のレモンを使ったドリンク。
21030859-copy.jpg

酸味とほのかな甘味がいいバランス。



鹿の麻婆豆腐である。
21030860-copy.jpg

のっけから新鮮な驚き。
ビジュアルも意外性あり、味わいは柔らかな辛さもある。
ジビエコースの麗しき始まりだ。



椀物。
21030862-copy.jpg

山鳥(キジ科)が主役。
山鳥だけで出汁をひくという。それがもっとも山鳥を生かす方法と。
味わい深く、しっとりとした歯ごたえも魅力であった。



山の造り。
21030865-copy.jpg

本州の鹿。辛味大根と。
これは静謐でピュアな味わい。
食後はスッキリで、香りが残る。



おやき。
21030866-copy.jpg

21030868-copy.jpg

中身はイノシシと紅玉。
肉汁のボリュームと甘さが程よく、逸品だと感じる。
生地は強力粉と薄力粉のブレンド。



イノシシのタン。
21030869-copy.jpg

スモークがかかり歯を入れるたびに香りを放つ。
信州の恵みを食べていると実感あり。
野菜や金柑も見事に寄り添う。



尾長鴨のステーキとハンバーグ。
21030874-copy.jpg

ハンバーグは半身を叩き調理。
弾力と香り。
ステーキはジビエだが爽やか。



イノシシの黒酢仕立て。
21030876-copy.jpg

黒酢の酢豚のイノシシバージョン。
上品な味わいで嬉しい一皿。



突如姿を見せた熊の手。
21030878-copy.jpg

小さいサイズ。



この地のソウルフードと説明を受けた塩イカ。
21030879-copy.jpg

皮をむいたイカを塩漬けした料理を白和え。
アスパラガスとこんにゃく。
ホッとする料理。ソウルフードという意味合いがわかる。



熊の手を自家製の焼肉のタレで焼く。
21030881-copy.jpg

ゼラチン質が融解する過程が楽しめる。
これは類を見ない料理だ。



メインは熊鍋。
21030885-copy.jpg

月の輪熊と穴熊の二種。
脂のきれいなこと。驚愕である。



どちらもアクが出ない。
21030889-copy.jpg

21030892-copy.jpg

透明感のある甘さとネギの饗宴に心が踊る。
二種で甘さが異なる。
熊を食べる楽しみが増す。



熊の脂を使ったガーリックライスに鍋の出汁を使ったあんかけ。
21030894-copy.jpg

ここでないと完成しない。



イノシシの白湯スープのラーメン。
21030897-copy.jpg

主人と奥様の研鑽の結果である。
濃厚だがスッキリ。



最初に飲んだドリンク
マイヤーレモンのシャーベット。
21030800-copy.jpg

ほのかな甘味で口中が爽やかになる。



なんとも貴重な体験。
また秋のキノコの季節に訪れたいと思った。






「日本料理 柚木元」
長野県飯田市東和町2-43
0265-23-5210

投稿者 geode : 2021年3月 8日 10:06