« 「カランドリエ」 大阪・本町・フランス料理 | メイン | 「エルビステッカーロイト」 愛媛・西条・イタリア料理 »

2021年3月 4日

「柏屋 大阪千里山」 大阪・千里山・日本料理


料亭で食べる。

部屋の設いから器、盛り付けに至るまで季節を愛でることが主眼。
時の移ろいを感じる仕掛けを考えるのも主人の仕事。

それをなかなか感じ取る力が足りないといつも思う。
ついつい皿の中の料理に気持ちが向いてしまう。

この日の献立は「遅春」。

先付
鳥貝 花山葵 湯葉 木の芽 山葵加減酢
21030408-copy.jpg

鳥貝の甘味(泉州) 山葵加減酢がきいている



才巻海老旨煮 烏賊酒煎り 焼き椎茸 独活酒煮
蕗 こごみ 蕗の薹和え 松前醤油
21030409-copy.jpg

蕗の薹の香りと味に翻弄される
バランス感覚の凄さ



煮物椀
白魚酒煮 玉子葛豆腐 若芽 たらの芽 花柚子
21030411-copy.jpg

玉子葛豆腐の硬さ、味わいなど秀逸
この存在だけでも値打ちあり。



造里
鯛 横輪 細魚昆布締め 蕨 三色扇 南爪笏
山葵 莫大 松前醤油
21030413-copy.jpg

横輪の脂ののりが印象的であった。



八寸
蛍烏賊 分葱 ぬた和え 防風酢漬け 海苔麩 田楽 御所麩
菜の花辛子和え 生この子 リコッタチーズ漬け
うるい焼き舞茸胡麻よごし 根もずく 長芋
21030416-copy.jpg

八寸の仕事の奥行き 深みと季節感
根もづくの歯ごたえは素敵だ。



焼物
桜鱒塩焼き 若牛蒡田舎煮 木の芽酢
21030423-copy.jpg

まさに季節を感じる。



箸休
春菊すり流し
21030427-copy.jpg

ほろ苦さは春である。



鉢物
平貝炙り 筍煮 ホワイトアスパラガス 木の芽乳化地
21030429-copy.jpg

木の芽乳化地の力は偉大である。



御飯
一寸豆御飯 温泉卵漬け 山葵
21030431-copy.jpg

21030433-copy.jpg

21030434-copy.jpg

驚きと感激



水物
みつ豆 デコポン 金柑 葛きり
ひよこ豆 りんご蜜煮 蜂蜜の蜜
21030436-copy.jpg



菓子
菜種餅
21030439-copy.jpg

21030441-copy.jpg



古典的な料理が主だが、全て今を感じる料理。
その凄みと日本料理が持つ深さを再認識である。






「柏屋 大阪千里山」
吹田市千里山西2-5-18
06-6386-2234

投稿者 geode : 2021年3月 4日 10:24