« 「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食 | メイン | 「イル・ジョット」  東京・駒沢大学・イタリア料理 »

2020年9月23日

「木乃婦」 京都・新町仏光寺・日本料理


二日続けて「木乃婦」での食事であった。

今回は二日目の記録である。
「ウイスキーに合う料理」というリクエストに
高橋拓児さんが応えてくださった献立である。

ウイスキーはサントリーが発売した
SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」である。
これは世界5大ウイスキーをブレンドしたもの。

いちじくに旨出汁のジュレ
ひしがににゴマクリーム
20092342-copy.jpg


椀物は鮒寿司
20092343-copy.jpg

そこにウイスキーを少し垂らす。
椀の味わいに輪郭が生まれる。驚きである。



牡丹海老は日本酒・焼酎とハーブで少しマリネ
20092345-copy.jpg

いわゆる紹興酒漬け。紹興酒ではなく日本酒を使うと
なんとウイスキーに見事に寄り添ってくれた。
どちらの味わいもくっきりである。



ヤリイカも同様であった。
20092347-copy.jpg



穴子と銀杏の揚げ物。
20092348-copy.jpg



添えはキュウリのポン酢に洋梨をプラス。
20092349-copy.jpg

穴子の揚げ物にはぴったり。
「生臭いものの方がウイスキーにはよく合います」と。
食べると説得力が強まる。



マナガツオの幽庵焼き。
20092351-copy.jpg

醤油とみりんの力とマナガツオの生臭さが必要だと。
サワラでは弱いとのこと。



かぶらをウミガメのスープで含め煮。
20092352-copy.jpg

ウミガメのコクがウイスキーの味を引き込むのであった。
「バベットの晩餐会」という映画でウミガメのスープが登場するシーンを思い出していた。



イクラご飯。
20092353-copy.jpg

イクラは表面だけをウイスキーで軽く洗ったという。
それがふくよかさを生み出し、半端なく味わい深いのだ。



栗のアイスには少量のウイスキー。
20092356-copy.jpg



「ウイスキーに合わせるのは考えました」と素晴らしき献立。
相性ということを再度考えるきっかけとなった。






「木乃婦」
京都市下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町416
075-352-0001

投稿者 geode : 2020年9月23日 10:04