« 「このは」 大阪・南本町・日本料理 | メイン | 「柏屋 嘉翆庵」 大阪・千里山・日本料理 »

2015年6月18日

「ラシーム」 大阪・三休橋・フランス料理


女性一人、男性二人の会食。

機会を逸していた組み合わせ。

三休橋の「ラシーム」である。


円形のテーブルにセッティングされている風景がすでにアートのようだ。
15061887.jpg



店内のぬけ感が時代の風を感じる。
15061889.jpg



一品目はグラスに閉じ込められた料理。
15061890.jpg

グラスを取ると薫香が漂ってくる。

香りの変化に意識も変わってくる。



中身はモロヘイヤ、ウスイエンドウ、セージだ。
15061892.jpg

最初からテンションが上がる。

高田シェフの世界に突入である。



次のアミューズ
15061894.jpg

右から、グリッシーニ。

レーズンペーストにアーモンド。

マカロン。

インカのめざめのムース、リンゴ、ベルベーヌ。

ブーダンノワール。

竹炭の色合い、モチモチ感たっぷり。

ホタテのムース。

ここでもシェフの遊びこごろが満開。



次なる料理、人参のムースにはバニラ味噌が加わる。
15061899.jpg

アサリとドライトマトにディル。

微妙な甘味の楽しみ。



トキシラズとフロマージュブランのタルティーヌ
15061801.jpg

空豆、ミントをプラス。



胡瓜のパウダーをかけるとこんな具合に。
15061804.jpg



鮑にはその肝のピュレ。
15061806.jpg

だしの泡とオリーブと水なす。

どんどん世界感が先鋭化してゆく。



アーティチョークとルバーブ、トリュフソース。
15061809.jpg



そこにフォアグラのスライスが入り一体感が生まれる。
15061811.jpg



穴子とレンズ豆。
15061813.jpg

こごみとコシアブラも入る。



魚はクエ。
15061816.jpg

花ズッキーニにはバジルの泡。

ハッサクのピュレがインパクトを添える。



鴨の料理。
15061819.jpg

胸肉はスライス。

ビーツやタマネギの甘味も見事。



フランス産小鳩。
15061821.jpg

胸肉にはマッシュルームのデュクセル。

ファルスにはごぼうなど。

フランスの香りが満載であった。



バニラのムースに
チェリーのコンポート ピスタチオのパウダー。
15061824.jpg



ビワとアプリコットのデザート
バニラアイスクリーム。
15061826.jpg




シェフのやりたいことが詰まった料理であった。



「ラシーム」
大阪市中央区瓦町3-2-15 本町河野ビル1F
06-6222-2010

投稿者 geode : 2015年6月18日 10:36