« 「大神」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「小松弥助」 金沢・池田町・寿司屋 »

2011年6月24日

「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理

いま京都で勢いのある割烹「大渡(おおわたり)」。

大阪出身、一年半でこの人気振りは見事です。
高校時代の同級生2名と訪れました。

するとしばらくして隣に某放送局のメンバーが。
偶然ですが、驚きです。


それでは 、
アワビとゴマ豆腐から始まり。

11062402.jpg
アワビが滅法旨い。

白ずいきのお椀、

11062404.jpg
面白いです。


穴子の蒸し寿司。

11062406.jpg
大徳寺納豆です。

季節の味、

11062408.jpg
琵琶湖の鮎です。

ジュンサイと山芋素麺にトマト。

11062410.jpg
かろやかな一品。

椀物は
毛ガニと新生姜のひろうす、茄子。

11062411.jpg
味わいがどんどん深まってゆく。

鱧の炙り。
これは師匠譲りの技。

11062414.jpg
ねっとりした舌触りと旨みの相乗効果。

蛸と鯛の子、小芋の炊き合わせ。

11062415.jpg
しみじみ素晴らしい。


のどぐろの味噌漬け。

11062417.jpg
これはイケます。


クジラ、新ごぼう、クレソンの鍋仕立て。

11062421.jpg
クジラの甘みが支配する。


すき焼。

11062423.jpg
温度卵つき。


炊きたて御飯を食べ、

11062424.jpg
おこげを少し。


本ワラビ餅。

11062426.jpg
しっとり感とモチモチ感の良き味わい。


抹茶。

11062428.jpg
匠なる日本料理。


この流れは「大渡」の主・大渡 真人さん独特のものです。
スタッフも増え、いい感じになってきました。


祇園 大渡(おおわたり)
京都市東山区祇園町南側570-265
075-551-5252


門上は
「ハイハイQさんQさん」
   http://www.9393.co.jp/
というサイトの中で
「今日感会 〜一食たりとも無駄にせず〜」という
コラムを週に2回書いています。
   http://www.9393.co.jp/kadokami/index.html
火曜日は全国の珈琲店がテーマ
金曜日は関西の飲食店がテーマ

是非ごらんください。

投稿者 geode : 2011年6月24日 09:51