« 「リストランテ ラ・リサータ」 ホテルグランヴィア京都・イタリア料理 | メイン | 「鮨 みつ川」 金沢・東山・寿司屋 »

2011年6月21日

「博多 田中田」 博多・清川・日本料理

博多では、よく伺う一軒です。

「田中田(たなかだ)」。
じつはジャンルを分けにくい店。

寿司以外は、ほとんどのメニューがあります。
造りから締めのカレーライスまで、という具合です。


これまで座敷が多かったのですが、今回は初のカウンター。

11062176.jpg
大将の田中忠明さんと言葉を交わしながらの食事でした。


突き出しに
トロリとした、

11062177.jpg
穴子寿司が出ました。

ホントにメニューの数が多いのです。
そこから、ガッと目に飛び込んできたのが
「馬の肝」でした。

11062178.jpg
これはコリッとした食感に独特の甘み。
好物なんです、ためらいもなく注文。
期待通りの味でした。


ゴマサバ。
これはこの地域では、季節モノ。

11062183.jpg
「関西でいうところの鱧みたいな感じですかね」と大将。
脂ののりに、ゴマの味わいとの相性にはかないません。


田中田サラダ。
具だくさんのサラダは、気持ちが豊かになります。

11062185.jpg
水茄子、みょうが、トマト、オニオンチップ、
タタミイワシ、アイスプラント、オクラ、
ぼっちゃんカボチャなど。
贅沢です。

おこぜの唐揚げ。

11062186.jpg
香ばしさとコクの大合唱。
たまりません。

イベリコ豚のカツです。

11062189.jpg
脂が上品ですっと喉を通過し胃袋に入ってゆきます。
良いですね。

タナカダウォーター。

11062191.jpg
「浄水器の水です」と言うのですが、
このユーモアがいいですね。

カレーライスは
「2口ですか、3口ですか?」という選択の中、

11062195.jpg
3口を選びました。
ビーフの繊維が生きています。

クリーム黒豆。
これはマスカルポーネにミルク。

11062198.jpg
なんと三者の混じり合いから生まれた衝撃は
記憶に残ります。やられました。

最後のお茶も素晴らしい。

11062101.jpg


ホントに愉しい時間でした。

博多 田中田(たなかだ)
福岡市中央区清川3-16-19 アーバントップ1F
092-522-1211

門上は
「ハイハイQさんQさん」
   http://www.9393.co.jp/
というサイトの中で
「今日感会 〜一食たりとも無駄にせず〜」という
コラムを週に2回書いています。
   http://www.9393.co.jp/kadokami/index.html
火曜日は全国の珈琲店がテーマ
金曜日は関西の飲食店がテーマ

是非ごらんください。

投稿者 geode : 2011年6月21日 11:23