« 「奈良フードフェスティバル ドミニク・コルビ×小霜浩之」 奈良・奈良公園・仏料理 | メイン | 「天空」 大阪・南港・中華料理 »

2010年10月28日

「奈良フードフェスティバル ドミニク・コルビ×高田裕介」 奈良・奈良公園・仏料理

奈良フードフェスティバル・クーカル奈良では、
いろいろなコラボレーションを試みました。

この日は、フランス人のドミニク・コルビさんと
大阪「ラ・シーム」の高田裕介さんのふたりです。

ドミニク・コルビシェフがベースとなる食材や料理を決め、
それを高田シェフならではのアレンジを加え、コース仕立てにするのです。

昨日の小霜シェフとベースは同じ料理、見比べてみてください。


カウンターでコルビシェフと高田シェフ、ふたり
が盛り付けを始めると、お客さんが集まり撮影です。

R1052806.jpg


サーモンマリネ 菊菜とガーリック風味のミニ・プロフィットロールを添えて。

R1052808.jpg
回りのソースは菊菜のピュレです。
菊菜の苦味とサーモンの出合い。

温製カボチャのポタージュ 
マスカルポーネと地元で取れた小さな野菜とともに。

R1052810.jpg
スープにはバニラの風味が。卵白のムースにラデッシュとポルチーニ。
香りも味もいい出来上がりでした。


オマール海老のヴァドゥヴァンの香り カブのブルノワーズを添えて。

R1052812.jpg
甲殻類の旨みが詰まったスープの旨さに加え中には砂肝が入ったりで、
新鮮な驚きもありました。


薄いパン粉を纏ったヒメジチョリソーとへーゼルナッツとともに。

R1052813.jpg
サクッとしたヒメジの食感に白いんげんや
シャンピニョンデュクセルなどが絡む。
チョリソーのピリッとした味も生きています。


和牛頬肉のコンフィ 野菜のクロメスキを添えて。

R1052816.jpg
約12時間火入れした頬肉は柔らかいのだが形が崩れることがない。
クロメスキ(コロッケ)はゴボウとフォアグラ入り。


パン・バルデュ オレンジのテュイルとカフェ・グラッセを添えて。

R1052817.jpg

R1052819.jpg

2日間連続して食すと、小霜シェフ・高田シェフの個性が
際立っているのが分かります。
イベントならではのアプローチは楽しいものでした。


「奈良フードフェスティバル」では
31日まで魅力的なプログラムが展開されています。

投稿者 geode : 2010年10月28日 09:18

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.geode.co.jp/cmt/mt-tb.cgi/148