« 「creperie de Josselin」   フランス・パリ   クレープ | メイン | 「魚津屋」     京都・御前高辻     日本料理 »

2007年10月17日

「Le Toustem」    フランス・パリ     ビストロ

そろそろ帰国の日が近づいてきました。
僕達は、現地10日出発でしたが、スタッフの一部は9日に帰国でした。

みんな揃って最後のディナーは三つ星の「grand vefour」でした。この料理については後日報告します。

9日のディナーは、フランス在住で今回大変お世話になったI夫妻も同席で、二つ星レストランHelen Darrozeのビストロ「Le Toustem」です。

最終日は夜から雨模様。今回の旅で初の雨です。本当に天候には恵まれました。

カジュアルなメニューにしようと思ったのですが、結果は豚肉の連続となってしまいました。


まずは、豚肉のリエット。

1034344.jpg

脂分と肉の部分がうまく絡み合って、これをパンに塗るだけでも立派な一品です。


次は、テットドフロマージュです。

1034351.jpg

豚の頭部(顔も含む)の肉のテリーヌ。ゼラチン質が多く、口の中に入れると体温で自然と溶け、旨みが残ってゆくというもの。一瞬豚の頭と思う人も多いのですが、なんとも上品な味わいです。


友人が取ったエスカルゴです。

1034349.jpg

これは思った以上にスモールポーションでした。でも味わいはしっかり目です。


パルマンティエです。

1034352.jpg

パルマンティエはフランスでジャガイモを広めた学者の名前です。そのジャガイモをマッシュしてグラタン仕立てにする料理です。今回はブーダンノワール、つまり豚の血入りソーセージを中に詰め込んだパルマンティエ。ブーダンノワール好きの僕としては、必須のメニューでした。これが大当たり。ボリュームはたっぷりでしたが、見事な味でした。


タラの煮込み。

1034355.jpg


ウズラのポトフ。

1034357.jpg


マカロニのフォアグラソース。

1034359.jpg


仔羊のソテー。

1034361.jpg

これにはニンジンとオレンジのピュレがついていました。

1034363.jpg


鶏の煮込みです。

1034365.jpg


デザートは

ミルフィーユ

1034369.jpg

バシュランとイチゴ

1034378.jpg

ハーブティーはこんなカップとポットで登場しました。

1034379.jpg


カジュアルなレストランで、最後の夜を楽しく過ごすことができました。当然なのですが、今回はいままで以上にバリエーション豊かなフランス料理の世界に触れることとなりました。


「Le toustem」
12, rue de l'hotel colbert
+33 (0)1.40.51.99.87

※門上武司「食」研究所サイト上にて
 ☆『海外通信』 Torino通信Vol.2「クリスマスが待ち遠しい」
 ☆『マスターソムリエ岡昌治の「心に残る今月の一本」
  Vol.1「五月長根葡萄園2006 エーデルワイン」
 を公開中。↓
 http://
www.kadokami.com/

投稿者 geode : 2007年10月17日 11:04

コメント