« 「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理 | メイン

2021年2月22日

「にしぶち飯店」 京都・東山・中国料理


中国料理を経験、そこから日本料理(祇園さゝ木)を学び自店を開く。

中国料理と日本料理の融合が新たな世界を作り上げ、
なかなか予約の取れない一軒となった。

21022280.jpg

どうしてもジャンルを決めたくなるのだが、
そこにとらわれることなく自由自在に料理を作る人たちが増えているのが現状だ。


かぶらのすり流し。
21022283.jpg

出汁には干し貝柱などが入る。
フグの白子、甘鯛、上にはふきのとう。

旨みの抽出、白子のコク、ふきのとうのほろ苦さなどのバランスの妙。
身体が温まり、しみじみという味わいを感じる。



冷製ビーフンにはカリフラワーのソースにからすみ。
21022286.jpg

からすみの旨みはインパクトあり。
ビーフンを使うのは食感を大切にしたいからか。



定番の叉焼と手羽先
21022289.jpg

叉焼にはブルチーズをプラス。
酸味と叉焼の脂分の出会いに笑みがこぼれる。

手羽先にはツバメの巣を詰める。
贅沢な手羽先である。



フカヒレのステーキには松葉ガニのスープ。
21022292.jpg

フカヒレの味付けは上湯など。
その味と松葉ガニの味が相乗効果をもたらした。
食感や香ばしさの楽しみもあり。



蓮の葉で包まれたご飯。
21022293.jpg

もち米にクエ、そこはXO醬で味をつける。
ほくほくとした熱さとXO醬の香り。



鍋はグツグツ。
海老芋の唐揚げに牛肉。
21022297.jpg

四川風のピリ辛の味付け。
これが刺激があり、胃袋を活性化する。



締めのご飯は
フカヒレのあんかけ炒飯である。
21022201.jpg

ご飯も黄金炒飯。
テンションはずっと高いままである。



そして上湯だけのシンプルなラーメン。
21022204.jpg

ここでようやく気持ちが沈静化される。



柑橘の香りの杏仁豆腐。
21022206.jpg

スッキリと大円団を迎える。



独自のスタイルを構築した料理を食べるのは楽しい。






「にしぶち飯店」
京都市東山区上弁天町444-2
075-561-1650

投稿者 geode : 2021年2月22日 10:32