« 「鴨出汁中華そばROKU」 京都・河原町四条・ラーメン | メイン | 「イチリン ハナレ」 神奈川・鎌倉・中華料理 »

2021年2月17日

「洋食 泉」 大阪・西天満・洋食


福島の人気洋食店「洋食 泉」が西天満に引越しして半年が過ぎる。
数ヶ月前に顔を出したところ「夜だけの営業だけなんです」とのこと。

数日前、西天満老松通りを歩き「洋食 泉」の前を通ると
「12時から営業」という小さなサインが目に入った。

ドアを開けると「はい、営業しています」と。
これは幸い、カウンターに座りメニューを選ぶ。

12時から20時までの通し営業である。
コースもあるが、単品とした。

やはりハンバーグは外せない。
21021734-copy.gif

ハンバーグは、洋食の王者だと思っている。
肉肉しい食感と口の中で弾ける味わい。
ドミグラスソースが絡む。


作り方をみていると整形されたミンチ肉(牛肉100パーセント)を
フライパンに入れ、表面だけをすこし色づくように火入れ。

それをフライパンごと オーブンに入れる。
「昔からの洋食の技術」だと思いながら眺める。

オーブンから取り出して完成かなと思っていると、
再びフライパンを火にかけ、中身から滲み出た油とプラスした油で
もう一度火を入れる。

オーブンで完全に火入れすると、火が入りすぎるようなのだ。
フランス料理のテクニックだ。

マッシュポテトが盛られた皿にハンバーグをおき、ドミグラスソースをかける。
香りと光沢、艶が微笑みかける。

21021738-copy.gif

ナイフを入れ、口に運ぶ。
ソースのコクと味わいにハンバーグが呼応する。
洋食の醍醐味だと思う。



白いご飯でも十分なのだが、メニューに書かれた
「海老バターライス」という文字に反応した。
「僕も好きな料理なんです」とシェフ。

21021740-copy.gif

海老がしっかり入る。
プチッと弾け、バターでコーティングされたご飯との出会い。

ハンバーグの満足感と同様に喜びを感じる。



ちょっぴり贅沢なランチとなった
当分はこの営業スタイルになりそうな雰囲気であった。






「洋食 泉」
大阪市北区西天満4-9-20 東興ビル1F
06-6362-5088

投稿者 geode : 2021年2月17日 10:05