« 「仁修楼」 京都・紫竹・中国料理 | メイン | 「嗣味」 福岡・高砂・日本料理 »

2021年2月 9日

「瞬」 静岡・葵区・鰻割烹


静岡駅からタクシーで約20分。
こんなところに飲食店があるのかと思うようなロケーション。

21020944-copy.jpg

お屋敷である。



カウンターに男性ばかり5人であった。
まずはからすみ餅から始まる。
21020948-copy.jpg

カウンター内の炭火で餅は焼かれる。

ふっくらとして粘りある餅に内包されたからすみ。
塩分が柔らかく、最初からうっとりである。



串に刺された鰻
21020949-copy.jpg

右から肝、ひれ、えりである。
この美しさで鮮度がわかる。



レンコンの素揚げ
21020950-copy.jpg

レンコンは輪切りではなく縦斬り
肝のソース。
レンコンの粘りに驚き。



肝焼き
21020954-copy.jpg

苦味を楽しめる火入れが素晴らしい。



椀物
百合根饅頭の牛肉
21020957-copy.jpg

百合根に対する仕事の緻密さ。
出汁との塩梅の良さに感銘を受ける。



鰻巻きとえりを使う。
21020960-copy.jpg

えりの弾力と濃密な味わい。
これは初めての経験である。



鰻は右が養殖 左が天然 皮の色が違う。
21020962-copy.jpg

白焼きは天然
蒲焼きは養殖



ヒレを焼きのりで巻く
21020963-copy.jpg

サクサクとした食感と香ばしさと海苔の香りが見事な相性。
クセになる。



白焼き。
21020965-copy.jpg

皮目はサクッとして身は弾力がある。
焼きの技術に脱帽であり、喉から胃袋に届く満足感。



経産牛を「サカエヤ」の新保さんが手当を施したもの。
21020969-copy.jpg

右がフィレ
左がロース
この味は新保さんの手当てと主人・岡田さんの焼きの技術の賜物。



鰻重。
21020974-copy.jpg

蒲焼きも弾力があり、鰻をしっかり食べているという実感。



締めは、なんとソフトクリームであった。
21020976-copy.jpg



鰻という素材をいかに扱うか。
考えることの多い食事であった。






「瞬」
静岡市葵区有永260-1
054-294-7178

投稿者 geode : 2021年2月 9日 10:00