« 「京、静華」 京都・岡崎・中国料理 | メイン | 「瞬」 静岡・葵区・鰻割烹 »

2021年2月 8日

「仁修楼」 京都・紫竹・中国料理


12月後半の食事の記録。

主人の上岡誠さんは、実直な料理人。
その姿勢が料理に確実に現れている。

21020883-copy.jpg



6種の前菜。人参の花は別である。
21020885-copy.jpg

クラゲ
ピーカンナッツ
牛のアキレス腱
鴨ロース
ホタテ
白菜 胡瓜

仕事の丁寧さを感じ、気分は高まる。



スープ
21020888-copy.jpg

21020889-copy.jpg

中国の蒸しスープには、鴨やホタテ、杏仁などが入る。
滋味に溢れ、身体に良しとされる味わい。
医食同源を体感するスープだ。



仁脩楼の名物でもある焼物。
21020891-copy.jpg

雛鳥。この美しき色彩。



香ばしさから味わいが想起される。
21020894-copy.jpg

皮はサクッと、身はジューシーという感じだ。



鮑の料理は乾燥と生の2種。
21020898-copy.jpg

生はステーキ、乾燥は煮込み。
鮑を食べる贅沢を味わう。



上海蟹のソース
21020802-copy.jpg

野菜とソースの結晶。



フカヒレ
21020805-copy.jpg

煮込みだが、スープの力を感じる
湯葉もいいアクセントだ。



炒飯。
21020809-copy.jpg

大根 イカなどが入る。
一口ずつ味わいに変化が生まれるのが楽しい。



デザート
土佐文旦入りの杏仁豆腐とタルト。
21020810-copy.jpg



全てにわたり、上岡さんの意識が詰まった料理。
そのメッセージがビシビシ伝わってくるのであった。

次回も楽しみである。






「仁修楼」
京都市北区紫竹北栗栖町 2-12
075-366-8843

投稿者 geode : 2021年2月 8日 10:32