« 「冨美家」 京都・千本三条・中国料理 | メイン | 「仁修楼」 京都・紫竹・中国料理 »

2021年2月 5日

「京、静華」 京都・岡崎・中国料理


一月が終わり二月に突入。
先行きが不透明な有り様に、飲食業界はただならぬ状況。

「京、静華」の宮本さんは、いつも変わらぬ様子で厨房に立つ。
その姿を見ていると、こちらの気持ちも緩やかになってゆく。

鱈白子 紅芯大根
21020547-copy.jpg

ねっとりクリーミーな白子にやや辛味のある紅芯大根が絡む。
心地の良い刺激で気持ちが高ぶる。



七谷地鶏
21020549-copy.jpg

21020550-copy.jpg

21020551-copy.jpg

七谷地鶏の揚げ物に 唐辛子と山椒のシャーベット
まず揚げ物を食べ、続いてシャーベット。この繰り返し。
口の間での変化はいい。

カウンターになって以来、
春巻きと辛いシャーベットのコンビの新たなバージョンである。
宮本さんのすごさを感じる。



ヒラメ クラゲ 大根
21020552-copy.jpg

中華風のお刺身である。
ナッツ類の食感など、混ぜることで楽しい味わいが生まれる。

これも進化し続ける献立。



フカヒレ 極上スープ
21020554-copy.jpg

聖護院大根の味わいもうまく引き出されている。

宮本さんの上湯は唯一無二だが、その高みである極上スーピ(頂湯)の滋味深さ、
奥行きなど身体全体にその味わいが染み渡る。



巻海老 根菜
21020556-copy.jpg

車海老の料理、ミルクの泡。
根菜類のソフトな甘さが車海老を優しく包む。



猪干し肉 菜の花
21020557-copy.jpg

猪の干し肉は、熟成感と凝縮感の共演が見事。
菜の花の苦味が加わることで、この一皿が完成する。
こもれ宮本さんの個性である。



からすみ炒飯
21020558-copy.jpg

カラスミの力を自在に扱い、感動深い炒飯が出来上がる。
噛むたびにからすみの旨みがご飯を高めるのだ。



ソフトシェルクラブ
21020559-copy.jpg

宮本さんの好きな食材。
エビチリの変形だが、酸味と程よい辛味。
ソフトシェルクラブは噛む喜びがあるので、この調理法は効果あり。



餃子
21020560-copy.jpg

新春には欠かせない餃子鍋。
餃子の中に人参が入っていれば大当たり。



見事当たり、新春から縁起がいい。
21020563-copy.jpg



杏仁豆腐。
21020564-copy.jpg

うっとりである。



杏仁のおしるこ
21020565-copy.jpg

温かい料理で心が和む。



小菓子3点セット。
21020566-copy.jpg



気持ちも胃袋も優しい気持ちになる料理であった。






「京、静華」
京都市左京区 岡崎円勝寺町36-3 2F
075-752-8521

投稿者 geode : 2021年2月 5日 10:10