« 「AZ ビーフン東」 大阪・西天満・ビストロ&中華料理 | メイン | 「京、静華」 京都・岡崎・中国料理 »

2021年2月 4日

「冨美家」 京都・千本三条・中国料理


「遺したい味 わたしの東京、わたしの京都」という新刊。
著者は平松洋子さんと姜尚美さん、往復書簡という連載の単行本化である。
二人とも素敵な書き手だ。

そんな二人が東京、京都で遺したい店について素晴らしい原稿を書いている。
店は料理だけの味ではない、それも重要なファクターだが
それ以外のところにも目をつけたいと強く思う一冊である。

京都の店で気になった一軒が、千本三条にある「冨美家」。
21020456-copy.jpg

平日の午後6時半過ぎ。
あたりはかなり暗くなり、まさに街のうどん屋さんという風情が漂っている。



お目当は中華そばである。
21020462-copy.jpg

まずは、このルックスにやられた。
見るからに濃厚そうな感じがする。

鶏ガラをたっぷり使っているのであろう。
近頃、ラーメン店ではあまり出会わないスープだ。



サイドメニューは巻き寿司。
21020463-copy.jpg

「何個されます?一個70円で幾つでも・・」とのこと。
なんと嬉しいことか。2個注文。



中華そばは、想像通りの舌をぼってりつつみこむ濃厚なスープ。
中太麺とスープの絡み具合も素敵だ。
チャーシューの厚みも適度なかみごたえ。

21020464-copy.jpg

途中で巻き寿司を食べる。
いわゆる、口が変わるという効果あり。
2個はちょうどいい選択だと思う。



店内の壁に貼られたメニューも懐かしい。
21020447-copy.jpg

このような店にあまり足を運んでいなかった。
出前もされている。



街には不可欠な飲食店の典型である。






「冨美家」 
京都市中京区西ノ京小倉町4-12
075-821-3587

投稿者 geode : 2021年2月 4日 10:00