« 「木山」 京都・堺町竹屋町・日本料理 | メイン | 「AZ ビーフン東」 大阪・西天満・ビストロ&中華料理 »

2021年2月 2日

「Fusible」 神戸・元町・創作料理


料理をジャンルで考えるクセがついている。
フランス料理や日本料理という枠組みで、どうしても料理をみてしまう。

思えば、料理なのだ。

そんなことを強く意識させてくれたレストランが
神戸・元町に昨秋オープンした「Fusible」である。

21020219-copy.jpg

基本は料理とドリンクをわせるペアリング。
アルコール、ノンアルコールどちらも用意されている。



一品目
蟹のサラダ。
21020220-copy.jpg

蟹はベニズワイガニを使い、アップルビネガーでマリネした
根セロリや青リンゴなどと合わせる。

ここにはリンゴとライムのソーダ。



二品目
ハマグリ、キヌア、かぶ
21020225-copy.jpg

茹でてから揚げるスタイル。ハマグリが活きている。

ここには豆乳とリンゴとカモミール。白い飲み物が合う。



三品目
ポワロー、タマネギのフライ。
21020227-copy.jpg

香ばしさと甘味の饗宴が幸せだ。

ここにはレモングラス、生姜、ごぼう、ほうじ茶。



四品目
羊のラビオリはカルボナーラ仕立て。
21020235-copy.jpg

ベーコンなどの要素がきちんと入る。
発想の転換が生み出した料理。

ここには有田みかん、グレープフルーツ、昆布水。



五品目
ヨコワは藁で香りをつける。
21020238-copy.jpg

チョリソと味噌の風味がプラス。
香りの重ね方が面白い。

ここにはクランベリーとほうじ茶。



六品目
丹波の鹿には里芋のピュレ。
21020240-copy.jpg

橙をきかせたソースとの相性もよし。
橙や里芋はマダムの実家から届く。

ここには黒豆茶、ぶどう、橙にカルダモン。



七品目
チョコレートに有田みかん、パッションフルーツ。
21020241-copy.jpg

酸味と甘味と苦味、食感の楽しい出会い。

ここにはぶどう、はちみつ、スパイス。



締めのコーヒーもスパイシー。
21020243-copy.jpg



確かにペアリングが必要だと感じる料理。
シェフとマダムの二人三脚。

そのたおやかなリズミをしっかり受け取ることができる。
これからまだまだ変化著しいレストランだと思う。






「Fusible」
神戸市中央区北長狭通5-1-13
050-3204-3196

投稿者 geode : 2021年2月 2日 10:16