« 「ごだん宮ざわ」 京都・東洞院・日本料理 | メイン | 「美山荘」 京都・花背・宿 »

2021年1月22日

「成生」 静岡・鷹匠・天ぷら


通い始めて何年になるだろう。
いつも変わらぬ感動と驚きを与えてくれる。

そして天ぷらとは、料理とは、料理人とは などを考える。

この日はクエのスープから始まる。
21012260-copy.jpg

寒い冬の一日に、この温かさは素敵だ。



ヒラメは油通しと生のまま
21012261-copy.jpg

味の厚みを感じる。



クエ。
21012262-copy.jpg

味の濃さが秀逸。



この二人の息がどんどん合ってゆく。
21012263-copy.jpg

素敵な関係だ。



鬼おろしにたっぷりのつゆ。
そこに白メバルが入る。ジュッという音が聞こえる。
21012265-copy.jpg

身がふんわりここまで膨れるのかと思う。
油の力にまず驚く。



薄く切られたブロッコリー
21012267-copy.jpg

香りの鮮烈なこと。



レンコンは縦斬り
21012268-copy.jpg

糸を引き 甘味が冴える。



キス。
21012269-copy.jpg

歯を入れると香りが立ち上る。



ゴボウ。
21012270-copy.jpg

土の香りを感じる。



人参
21012271-copy.jpg

甘さが際立つ。



アオリイカ。
21012272-copy.jpg

歯をゆっくり入れるとねっとり甘味が生まれる。



白甘鯛。
21012275-copy.jpg

鱗から香ばしさ、身は旨みの塊だ。



サラダにも魚介が入る。
21012276-copy.jpg



アカムツ
21012278-copy.jpg

骨の周りの味わいには喉がなる。



新玉ねぎ。
21012280-copy.jpg

甘いジュースなのかと錯覚する。



メゴチ。
21012281-copy.jpg

天ぷらのためにあるような魚。



手長海老。
21012282-copy.jpg



安納芋
21012283-copy.jpg

これはスイートポテトだ。
皮のカリッとした香ばしさが見事。



手長海老。
21012284-copy.jpg

味噌がソースとなる。



ハマグリ。
21012285-copy.jpg

半生状態で決める。



この日はカサゴが締めであった。
21012286-copy.jpg



天丼。
21012289-copy.jpg



お茶とお菓子。
21012291-copy.jpg



天ぷらの世界をどんどん進化させる一軒。

二月末には新店に移転である。
それからの進化がまた楽しみだ。






「成生」
静岡市葵区鷹匠2-5-12 1F
054-273-0703

投稿者 geode : 2021年1月22日 10:50