« 「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「竹香」 京都・祇園・中国料理 »

2021年1月19日

「NAKATSUKA」 京都・姉小路堺町・フランス料理


昨年末3周年を迎えたレストラン。
昨年の夏より料理のスタイルが変わった。

それまでは結構ボリュームのある皿で、
二人で前菜、メインを2種オーダーすれば満腹という感じであった。

だが、昼も夜もコース一本となり、料理もかなりモダンになった。

21011994-copy.jpg



スタートは春菊のせんべいである。
21011995-copy.jpg

このアプローチは、前のスタイルが払拭されている。



前菜が数種という説明。
古代米にチリパウダー、マスタード風味のほろほろ鶏。
21011996-copy.jpg

繊細にして攻めてきた。



アマゾンカカオ 百合根にトリュフ キャビア
21011998-copy.jpg

この世界観かと感じた。



瞬間燻製だ。
21011999-copy.jpg



イカスミのシュー生地に雲丹。
21011900-copy.jpg

旨味が濃厚。



ビーツとヨーグルトのムースにピスタチオ
21011901-copy.jpg

一気に「NAKATSUKA」ワールドに入り込む。



ブリの料理
ブリは炙り、トマトと柚子の泡、オリーブのパウダー
21011903-copy.jpg

フェンネルに菊芋。この組み立てにシェフの個性が光る。
ブリの脂分をいかに生かすか。



フォアグラの料理
ライム、フォアグラの上にパートブリック
21011905-copy.jpg

ビーツのパウダー。
ねっとりながら爽やか。



スペシャリテのタルト
タルト生地にひよこ豆のラグー トマト カチョカバロ
21011909-copy.jpg

異種の味わいが気持ちよさそうに調和する。



サワラの料理
サワラの火入れは絶妙で牡蠣のソース
21011912-copy.jpg

プチベールにトマト、イタリアンパセリ
現代の風景を写し取る。



イベリコ豚のしなやかな火入れが楽しい。
21011914-copy.jpg

ゴボウとの相性良し。



デザート後のティーはチョイス。
21011915-copy.jpg



リンゴのチップの軽い酸味がいい。
21011917-copy.jpg

胡桃の食感と香りが素敵な一品。
キャラメリゼの風味が嬉しいのだ。



烏龍茶ベースのティー
21011918-copy.jpg



懐かしいプリン
21011919-copy.jpg



抹茶 唐辛子のショコラ ヘーゼルナッツ
21011920-copy.jpg

ミニャルディーズが余韻を残す。



シェフの持つ新たな魅力と出会い、次回は夜のコースだと思った。






「NAKATSUKA」
京都市中京区木之下町299 Cote Glace姉小路通1F
075-223-0015

投稿者 geode : 2021年1月19日 10:05